8月15日から16日に発生したサーバ障害について
8月15日から16日にかけて、サーバの障害のため、ポケモンWikiにアクセスできない事象が発生しました。しばらくはサーバが不安定になり、断続的にアクセスができなくなる可能性があります。ご迷惑をお掛けして申し訳ありませんが、ご理解いただければ幸いです。
ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事を投稿、編集、訂正してくださる方を必要としています。投稿、編集、訂正はユーザ登録後、ログインすることで可能です。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。ぜひご協力お願いいたします。

誤情報や根拠のない記述にご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモン図鑑の置き換え作業に伴い、作業中の不正確な情報が見えてしまうことがあります。ご迷惑をお掛け致しますが、ご理解いただければと思います。

ポケモンWikiをブラウザの検索ボタンに追加できます。追加する場合はプラグイン追加をクリックしてください。

とびひざげり

提供: ポケモンWiki
移動: 案内検索
とびひざげり
第一世代
タイプ かくとう
分類 物理
威力 85(第三世代まで)
→100(第四世代)
→130(第五世代)
命中率 90
PP 20(第四世代まで)
→10(第五世代)
範囲 1体選択
直接攻撃
パレス たたかう
効果
攻撃がはずれると自分がダメージを受ける。自分が受けるダメージの詳細は、#備考参照。
判定
アピールタイプ かっこよさ
アピール(RSE) ♡♡♡♡
♡♡
妨害(RSE)  
アピール効果(RSE)
妨害を受けると、通常の2倍ハートが減る。
アピール(DP) ♡♡♡
アピール効果(DP)
普通にアピール。
アピール(ORAS) ♡♡♡♡
♡♡
妨害(ORAS)  
アピール効果(ORAS)
妨害を受けると、通常の2倍ハートが減る。

とびひざげりは、ポケモンの技の一種。

説明文

たたかうわざ

コンテストわざ

  • 第三世代:この アピールの あと びっくり しやすく なってしまう
  • 第四世代:ポケモンの もつ わざを つかって きほんの えんぎ。
  • 第六世代:とても アピール できるが このあと おどろきやすくなる
  • 第六世代(漢字):とても アピール できるが このあと 驚きやすくなる

使用ポケモン:覚える方法

第二世代まで

ポケモン名 覚える方法
レベルアップ タマゴわざ
緑赤青ピ 金銀ク
サワムラー Lv48 Lv26
エビワラー × ×
バルキー - ×
カポエラー - ×

第三世代以降

ポケモン名 覚える方法
レベルアップ タマゴわざ
RSE FRLG DPt/HGS BW/B2W2 XY ORAS 3 4 5 6
サワムラー Lv26 Lv29 Lv29 Lv29
エビワラー × × × ×
バルキー × × × ×
カポエラー × × × ×
バシャーモ × × Lv1 Lv1 - - - -
アサナン Lv32 Lv33 Lv32 Lv32 Lv32 Lv28 - - - -
チャーレム Lv32 Lv33 Lv32 Lv32 Lv32 Lv28 - - - -
ミミロップ × × × × Lv66 - - - -
リオル × × × × -
ルカリオ × × × × -
ズルッグ - - Lv31 Lv31 - - - -
ズルズキン - - Lv31 Lv31 - - - -
コジョフー - - Lv53 Lv50 - - - -
コジョンド - - Lv56 Lv56 - - - -
ルチャブル - - - Lv44 - - - -
凡例
継:進化前からの継続で覚えることができる。

対戦

  • 命中は100ではないので外れることもある。1ターン無駄にするだけでなくHPも減るので、そのリスクは覚悟しなければいけない。
  • 格闘タイプの主力技には他にインファイトがあるが、インファイトに比べて命中率が100でない、反動のダメージのリスクが高すぎる、さらには(第四世代までは)威力もインファイトより低いなど劣る面があまりに多かったため、使用率は圧倒的に低かった。
    • そもそもインファイトととびひざげりを両方覚えられる格闘ポケモンは第五世代まで含めてもリオルサワムラーしかいなかったため、他の大多数の格闘ポケモンにおいては「インファイトを覚えるポケモンを使うか、とびひざげりを覚えるポケモンを使うか」と言う話になり、技の使用率がそのままポケモンの使用率に関わっていた。
  • プラチナでの教え技大量追加によって、「インファイトを覚えずとびひざげりを覚えるポケモン」の多くがばかぢからを覚えられるようになったが、やはりリスクが高く威力も低いとびひざげりはほとんど使われなかった。
  • 第五世代ではさらに威力に上方修正が入りインファイト以上の威力の技になったため、バシャーモチャーレムコジョンドなどが主力技として使い、インファイトを覚えないポケモンでも一線級の活躍が出来るようになった。
  • どの世代でも、上記の通りほぼ「インファイトが使えないポケモン」がしぶしぶで使ってくる技であるため、主力技にしている事を読まれやすく、まもるゴーストへの交換などで対策されやすいので注意が必要である。

ポケモンカードゲームにおけるとびひざげり

特殊な効果のない攻撃ワザとして登場する。

ポケモン不思議のダンジョンにおけるとびひざげり

備考

関連項目