ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事を投稿、編集、訂正してくださる方を必要としています。投稿、編集、訂正はユーザ登録後、ログインすることで可能です。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。ぜひご協力お願いいたします。

誤情報や根拠のない記述にご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWikiをブラウザの検索ボタンに追加できます。追加する場合はプラグイン追加をクリックしてください。

ポケモンコンテスト

提供: ポケモンWiki
移動: 案内検索

ポケモンコンテストとは、ポケモンの、うつくしさや、かっこよさなどを競う大会の事。

ルビー・サファイアにおけるポケモンコンテスト

シダケタウンハジツゲタウンカイナシティミナモシティに各会場がある。1次審査でコンディションが審査され、2次審査でわざを使ったアピールが審査される。ジャンルはかっこよさ、うつくしさ、かわいさ、かしこさ、たくましさに分かれ、ランクはノーマルランク、スーパーランク、ハイパーランク、マスターランクに分かれている。優勝するとリボンが貰え、絵が飾られる。マスターランクを高得点で優勝すると、ミナモびじゅつかんに絵が飾られる。

1次審査

観客にポケモンの見た目を評価してもらうという審査が行われる。ここでは、出場したポケモンのコンディションが高いほど良い評価を得ることができる。評価に入れられるコンディションの種類は部門によって違う。例えば「かっこよさ」部門の場合、「かっこよさ」のコンディションの良し悪しが大きく考慮に入れられ、「うつくしさ」「たくましさ」のコンディションは少しだけ評価に入る。そして「かわいさ」「かしこさ」の良し悪しは全く考慮されない。

2次審査

審査員に技を見せ、ポケモンのかっこよさ等をアピールする。ここではポケモンが繰り出した技の種類に応じてアピールポイントが与えられ、それを多く集めたポケモンの勝ちとなる。アピールは全部で5回で、アピールポイントを多く稼いだポケモンから先に次のアピールをすることになる。また、今作ではライバルとなるポケモンに妨害を加えて、アピールポイントを下げることができる。同じく今作では、特定の技をある順番で出すことにより「コンボ」が成立するというシステムがある。

エメラルドにおけるポケモンコンテスト

ミナモシティにのみ会場がある(その他の場所はバトルテントに置き換わっている)。その他のルールはルビー・サファイアと特に同じ。

ダイヤモンドパールプラチナにおけるポケモンコンテスト

シンオウ地方ヨスガシティで開催されている。

  • ノーマルランク
  • グレートランク
  • ウルトラランク
  • マスターランク

の4つのランクで行われ、それぞれ

  • かっこよさ
  • うつくしさ
  • かわいさ
  • かしこさ
  • たくましさ

の5つのジャンルで行われる。

第1次審査でコンディションとドレスアップが審査される。2次審査では、ダンスによって審査される。3次審査で、わざによるアピールが審査される。優勝すると、リボンと絵が飾られ、初優勝の時のみ、アクセサリーが貰える。

1次審査

ビジュアル審査が行われる。ここでは、まず舞台裏でポケモンにアクセサリーを付け、その後お披露目をする。このときコンテストのお題に合ったアクセサリーを付けることで、高い評価を得ることができる。またポケモンのコンディションもここで合わせて評価される。付けることのできるアクセサリーの数はコンテストのランクが上がるにつれて5ずつ増えていく。

2次審査

ダンス審査が行われる。ここではメインダンサーが曲に振り付けを加え、バックダンサーがその振り付けのとおりに踊る、というルールで審査が進められる。そして間違えずに踊れた回数の分アピールポイントを手に入れることができる。この審査では、ノーマルランクとグレートランクではメインダンサーは合計6回の振り付けを加えることになる。但しウルトラランク以降になると、ダンスの曲が変わってメインダンサーの振り付け回数が8回に増えるので、難易度が上がる。

3次審査

演技審査が行われる。ここではポケモンが覚えている技を審査員に披露し、そのかっこよさ等を評価してもらう。審査員は3人おり、技を見せるとその種類に応じてポケモンにアピールポイントが与えられる。審査員に見せた技がコンテストの部門に合っていれば、各々の『エキサイト』指数が上昇していく。そしてエキサイトが5段階たまると、最後にその審査員に技を見せたポケモンにボーナスポイントが与えられる。

オメガルビー・アルファサファイアにおけるポケモンコンテスト

前作のルビー・サファイア同様に、シダケタウンハジツゲタウンカイナシティミナモシティに各会場があり、それぞれ「かっこよさ」「うつくしさ」「かわいさ」「かしこさ」「たくましさ」のジャンルがある。1つでも優勝すると、リボンがもらえ会場に絵が飾られ、マスターランクで優勝するとミナモびじゅつかんに絵が展示される。

今作からは、コンテストアイドルのルチア(手持ちはチルタリスのチルル)が追加され、主人公もステージ衣装をつけて参加することになる。ファンや写真撮影や通信対戦といった多岐にわたる楽しみがある。 コスプレできるのは、コンテスト会場でもらえるピカチュウに限り、コスプレができる。それ以外はできない。

おひろめ

一次審査は、ポロックをある一定以上与えることで、高得点がもらえる。

ポケモンコンテストライブ!

二次審査は、技を見せてアピールをするというもの。『エキサイト』指数によってもらえるポイントが異なり、技コンボも存在するのでプレイヤーの腕の見せ所でもある。ここでは前作と異なり、メガシンカできるようになったというのが大きな点であろう。

アニメポケットモンスターにおけるポケモンコンテスト

ポケモンコーディネーターは各地のポケモンコンテストをまわり、5つのリボンを入手すると、グランドフェスティバルに参加することが出来る。コンテストは、技によるアピールステージ(1次審査)と、コンテストバトル(2次審査)を勝ち抜いたものがリボンを手に入れることが出来る。ゲームでは採用されなかったカントー地方ジョウト地方にも存在する。イッシュ地方にポケモンコンテストは存在しない。

ポケットモンスターSPECIALにおけるポケモンコンテスト