ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事を投稿、編集、訂正してくださる方を必要としています。投稿、編集、訂正はユーザ登録後、ログインすることで可能です。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。ぜひご協力お願いいたします。

誤情報や根拠のない記述にご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWikiをブラウザの検索ボタンに追加できます。追加する場合はプラグイン追加をクリックしてください。

ランドロス

提供: ポケモンWiki
移動: 案内検索
ランドロス
Landorosu
英語名 Landorus
全国図鑑 #645
ジョウト図鑑 #-
ホウエン図鑑 #-
シンオウ図鑑 #-
新ジョウト図鑑 #-
イッシュ図鑑 #151
新イッシュ図鑑 #200
セントラルカロス図鑑 #-
コーストカロス図鑑 #-
マウンテンカロス図鑑 #-
新ホウエン図鑑 #-
分類 ほうじょうポケモン
タイプ じめん
ひこう
おもさ 68.0kg
けしんフォルム
たかさ 1.5m
とくせい すなのちから
夢特性 ちからずく
れいじゅうフォルム
たかさ 1.3m
とくせい いかく
タマゴグループ タマゴみはっけん
タマゴの歩数 30855歩
(サイクル 数:121)
獲得努力値 特攻+3
基礎経験値 第五世代:270
最終経験値 1250000
性別 100% ♂
捕捉率 3
初期なつき度 90

外部サイトの図鑑

  • ポケモン徹底攻略


ランドロスとはぜんこくずかんのNo.645のポケモンのこと。初登場はポケットモンスター ブラック・ホワイト

進化

  • ランドロス

ポケモンずかんの説明文

ポケットモンスター ブラック
ひらがな:ランドロスが おとずれる とちは さくもつが たくさん みのるため はたけのかみさまと いわれている。
漢字:ランドロスが 訪れる 土地は 作物が たくさん 実るため 畑の神様と 言われている。
ポケットモンスター ホワイト
ひらがな:しっぽから ふりそそぐ エネルギーが つちの えいようを ふやすので さくもつが おおきく そだつのだ。
漢字:尻尾から 降り注ぐ エネルギーが 土の 栄養分を 増やすので 作物が 大きく 育つのだ。
ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2
ひらがな:かぜや かみなりを とりこみ かえた エネルギーが つちに えいようを あたえて だいちを ゆたかに する。
漢字:風や 雷を 取りこみ 変えた エネルギーが 土に 栄養を 与えて 大地を 豊かに する。

種族値

けしんフォルム
種族値 ステータスの範囲
(第三世代以降)
レベル50 レベル100
HP: 89
 
149196 288382
こうげき: 125
 
117194 229383
ぼうぎょ: 90
 
85156 166306
とくこう: 115
 
108183 211361
とくぼう: 80
 
76145 148284
すばやさ: 101
 
95168 186331
ステータスの最小値
個体値0・努力値0・能力が上がりにくい性格で計算
ステータスの最大値
個体値31・努力値252・能力が上がりやすい性格で計算
れいじゅうフォルム
種族値 ステータスの範囲
(第三世代以降)
レベル50 レベル100
HP: 89
 
149196 288382
こうげき: 145
 
135216 265427
ぼうぎょ: 90
 
85156 166306
とくこう: 105
 
99172 193339
とくぼう: 80
 
76145 148284
すばやさ: 91
 
86157 168309
ステータスの最小値
個体値0・努力値0・能力が上がりにくい性格で計算
ステータスの最大値
個体値31・努力値252・能力が上がりやすい性格で計算

ダメージ倍率

ノーマル: 100%
かくとう: 50%
ひこう: 100%
どく: 50%
じめん: 0%
いわ: 100%
むし: 50%
ゴースト: 100%
はがね: 100%
ほのお: 100%
みず: 200%
くさ: 100%
でんき: 0%
エスパー: 100%
こおり: 400%
ドラゴン: 100%
あく: 100%
フェアリー: 100%

おぼえるわざ

レベルアップわざ

Lv 第五世代
BW/B2W2
1 とおせんぼう
マッドショット
がんせきふうじ
7 ふういん
13 おしおき
19 じならし
25 いわおとし
31 じんつうりき
37 つるぎのまい
43 だいちのちから
49 いわなだれ
55 じしん
61 すなあらし
67 じわれ
73 ストーンエッジ
79 アームハンマー
85 げきりん

わざひでんマシンわざ

第五世代
BW/B2W2
わざマシン04 めいそう
わざマシン06 どくどく
わざマシン08 ビルドアップ
わざマシン10 めざめるパワー
わざマシン15 はかいこうせん
わざマシン17 まもる
わざマシン21 やつあたり
わざマシン23 うちおとす
わざマシン26 じしん
わざマシン27 おんがえし
わざマシン28 あなをほる
わざマシン29 サイコキネシス
わざマシン31 かわらわり
わざマシン32 かげぶんしん
わざマシン34 ヘドロウェーブ
わざマシン36 ヘドロばくだん
わざマシン37 すなあらし
わざマシン39 がんせきふうじ
わざマシン42 からげんき
わざマシン44 ねむる
わざマシン45 メロメロ
わざマシン48 りんしょう
わざマシン52 きあいだま
わざマシン56 なげつける
わざマシン64 だいばくはつ
わざマシン66 しっぺがえし
わざマシン68 ギガインパクト
わざマシン69 ロックカット
わざマシン71 ストーンエッジ
わざマシン75 つるぎのまい
わざマシン78 じならし
わざマシン80 いわなだれ
わざマシン86 くさむすび
わざマシン87 いばる
わざマシン89 とんぼがえり
わざマシン90 みがわり
わざマシン94 いわくだき
ひでんマシン02 そらをとぶ
ひでんマシン04 かいりき

人から教えてもらえるわざ

第五世代
BW B2W2
いびき ×
げきりん ×
ねごと ×
アイアンテール ×
なりきり ×
ばかぢから ×
はたきおとす ×
とおせんぼう ×
じゅうりょく ×
だいちのちから ×
ステルスロック ×

その他の場所で覚えるわざ

入手方法・入手可能な最低レベル

バージョン 単体 通信
ブラック・ホワイト Lv.70 以下に示す条件を満たしてほうじょうのやしろの最深部のほこら(1匹のみ) Lv.5 BW2から通信
ブラック2・ホワイト2 Lv.5 バッジ0個の状態でポケモンARサーチャーから通信(1匹のみ) Lv.5 BW2内で通信

ブラック・ホワイトにおける入手のための条件

  • ほうじょうのやしろの最深部のほこらに行くと、兄弟げんかしている子どもと女の子がいるので話が聞ける。
  • その話を聞いた後に、トルネロスボルトロスの両方が手持ちにいると固定シンボルとして出現する。
    • 上記2匹はブラック・ホワイトの各バージョンに片方ずつしか出現しないので、通信交換が必須。
    • 2011年12月16日(金)~2012年1月10日(火)にWi-Fiで、ブラックにはボルトロスが、ホワイトにはトルネロスが配信されるので、それを利用すれば、通信交換をしなくても、ランドロスが入手可能。
    • また、この2匹のうち自分のソフトのバージョンで出現する方は自分が親であるものしか条件を満たさないので注意。
    • 一度出現させてしまえば、その後はずっと出たままであり、トルネロス・ボルトロスが手持ちに居なくてもまた会いに来れるため、友人に一時的に借りると言う手もある。

備考

  • Nintendo DREAM 2011年5月号で土の神のようなものをイメージして作り上げたと述べられている。
  • 幻のポケモンではないが、ブラック・ホワイトでは全国図鑑の完成条件から除外されている。
  • 同じく豊穣・豊作の神とされているポケモンにはドータクンもいる。ただし、能力は異なっており、ランドロスは肥沃化担当、ドータクンは気象コントロール担当といったところか。
  • ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2ではフォルムチェンジした姿である「れいじゅうフォルム」が登場する。それと同時に今までの作品で登場した姿には「けしんフォルム」という名称がつけられた。けしんフォルムと比べると攻撃が伸び、特性はいかくに変わる。また、ポケモンARサーチャーで手に入れたれいじゅうフォルムのランドロスをけしんフォルムに戻した場合、特性は夢特性であるちからずくになる。

アニメにおけるランドロス

BW編第60話で初登場。BW編第97話で再登場し、霊獣フォルムになって暴走したが、最終的にメロエッタの活躍で正気に戻った。声優は三宅健太

マンガにおけるランドロス

ポケモンカードにおけるランドロス

一般的な育成論

こうげきとくこうすばやさが高い。同タイプのグライオンと比べると攻撃寄りのステータスになっている。このタイプをアタッカーとして使いたい場合はこちらを採用したい。

けしんフォルムの場合

物理型はいかくがあり、攻撃力で上回る霊獣フォルムでやったほうがいい。素早さの違いやタイプの違いがあれど、ガブリアスの存在も気がかり。特性も生かしにくいので物理型は省略

ポケモンARサーチャーで手に入れられるランドロスのけしんフォルムは夢特性のちからずくを持っている。強制レポートによって通常は厳選困難(ただし乱数調整は可能)だが、いわなだれや大半の特殊技の威力が格上げされるため、化身フォルムといったらこれが基本形。 特にダブルではじしんよりだいちのちからの方がある意味扱いやすいので、夢特性のランドロスの積極的な採用理由になりえる。だいちのちから、サイコキネシス等の技の威力・範囲等から、実質夢特性ランドロスは最高の特殊地面使いであるといえるだろう。最近では、調整ギルガルドや調整メガガルーラを、いのちのたま持ちならば上から無反動で一撃で落とせるのはかなり大きい。鬼火も効きづらいのも優秀

メインウェポンは上でも言われている通りだいちのちからで安定。特殊地面としては非常に安定で、火力もなかなかなので優秀。サブウェポンは、当たればメガガルーラを上から確定で落とせるきあいだまも確定。こちらもちからずく対応なので高威力。また、タイプから格闘に役割が持てるサイコキネシスも準確定。不一致ながらかなりの威力を引き出せる上、めざ飛行より威力優秀、球ダメージを受けない為使いやすい。HD振りメガフシギバナも確二。残りの一枠は、いわなだれヘドロウェーブめざめるパワー氷から一つ選ぶ事となる。いわなだれの場合は、下降補正でも、特性といのちのたまだけで、HB振り防御補正ファイアローを確定一発で仕留められる為威力は十分であるが、おにびが入るとややきつい上、そもそも岩4倍ピンポイント。ヘドロウェーブなら、マリルリを一発で仕留められるが、アクアジェットがきついのと、とつげきチョッキ持ちだと耐えられるので安定しない。めざめるパワー氷は、ガブリアス等氷4倍ピンポイント。だがそれだけでしかなく、しかもいのちのたまの反動も受けるので、推奨はされない。仮想敵をよく考えて残りの1枠の技を採用しよう。はたきおとすは採用理由が微妙なのでまずない。変化技はあまり使っている暇は無いため採用は稀。

持ち物は、いのちのたまでほぼ固定。特性の仕様でいのちのたまの反動を受けないため優秀。

難点として、耐久力は微妙なので、上から弱点を突かれるとあっさり落ちるのが難点だろう。また、霊獣フォルムのいかくを失うことになるので、物理への繰り出しも劣るのも難点。クレセリアにほぼ完全に止められる為、クレセガルーラの並びは安定しない。そして、厳選難易度が尋常でないほど高いため、乱数必須なのもマイナス。入手方法が限られているが故採用率はどうしても伸びないが、手に入れればその活躍は間違いなく約束されるだろう。

れいじゅうフォルムの場合

けしんフォルムと比較すると特攻、素早さは落ちるものの、攻撃が上昇する。特性もいかくに変わるので、相手によっては物理技を容易く受け止めることが可能。

飛躍した攻撃を活かすために、技は物理が主体となるだろう。基本的にはじしんをメインに、ストーンエッジ、げきりん、教え技でばかぢからはたきおとすなど、攻撃範囲が広く強力な技をなるべくそろえておきたい。 補助技としてはつるぎのまいやビルドアップを覚えさせるのもいいが、素早さがけしんフォルムよりも遅いため使うタイミングが難しくなる。そのため、持ち物としていのちのたまこだわりハチマキを持たせ、火力を最初から上げた状態で戦う方がオススメと言いたい所だが、強化アイテムを持たせなくても十分こうげきは高いので、微妙なすばやさを補うこだわりスカーフがもっとも良いとされている。とんぼがえりでいかくしつつサイクルを回せるのも良い。 また得意な相手に対して後だしし、ロックカットで積むのもひとつの手。積む暇は結構あるのでここぞという時に使うといい。

関連項目

この項目はポケモン図鑑プロジェクトによって作成されています。