ウルトラサン・ウルトラムーン発売に伴い、ポケモンWikiにおいて新規投稿や加筆修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ソーナンス

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索
ソーナンス
Sonans
英語名 Wobbuffet
全国図鑑 #202
ジョウト図鑑 #107
ホウエン図鑑 #161
シンオウ図鑑 #-
新ジョウト図鑑 #108
イッシュ図鑑 #-
新イッシュ図鑑 #-
セントラルカロス図鑑 #-
コーストカロス図鑑 #118
マウンテンカロス図鑑 #-
新ホウエン図鑑 #168
アローラ図鑑 #-
メレメレ図鑑 #-
アーカラ図鑑 #-
ウラウラ図鑑 #-
ポニ図鑑 #-
新アローラ図鑑 #-
新メレメレ図鑑 #-
新アーカラ図鑑 #-
新ウラウラ図鑑 #-
新ポニ図鑑 #-
分類 がまんポケモン
タイプ エスパー
たかさ 1.3m
おもさ 28.5kg
とくせい かげふみ
隠れ特性 テレパシー
図鑑の色
タマゴグループ ふていけい
タマゴの歩数 20サイクル
  • 第二世代: 5120歩
  • 第三世代: 5376歩
  • 第四世代: 5355歩
  • 第五世代以降: 5140歩
獲得努力値 HP+2
基礎経験値
  • 第四世代以前: 177
  • 第五・第六世代: 142
  • 第七世代: 142
最終経験値 1000000
性別 50% ♂ ・ 50% ♀
捕捉率 45
初期なつき度 70
外部サイトの図鑑

ソーナンスとはぜんこくずかんのNo.202のポケモンのこと。初登場はポケットモンスター 金・銀

特徴

  • 全身水色でギュっと目をつぶり歯を食いしばっているかのような表情が特徴的なポケモン。目玉がついた黒い尻尾に秘密があるらしく、隠したがったり、尻尾を攻撃されると猛烈に反撃したりする。
  • ♂・♀の違い:オスは口に模様がない。メスは口に口紅を引いたような模様がある。

進化

ポケモンずかんの説明文

リーフグリーンハートゴールドX
ひかりや ショックを きらう。こうげきされると からだが ふくらみ はんげきが きょうりょくに なる。
(漢字) 光や ショックを 嫌う。攻撃されると 体が ふくらみ 反撃が 強力に になる。
ファイアレッドソウルシルバー
まっくろな シッポを かくすため くらやみで ひっそりと いきている。じぶんからは こうげき しない。
(漢字) 真っ黒な 尻尾を 隠すため 暗闇で ひっそりと 生きている。自分からは 攻撃しない。
クリスタル
くろい しっぽを かくすため くらい どうくつにすみ さらに よるにならないと うごきださない。
ルビー、オメガルビー
2ひき いじょう あつまると がまん くらべを はじめるが くうふくを がまんして しまうので ソーナンス トレーナーは ちゅういが ひつよう。
サファイアアルファサファイア
ひたすら がまんする ポケモンだが しっぽを こうげきされる ことだけは がまん できない。あいてを みちづれにする チャンスを うかがう。
(漢字) ひたすら 我慢する ポケモンだが 尻尾を 攻撃される ことだけは 我慢 できない。相手を 道連れにする チャンスを 伺う。
エメラルド
ふだんは おとなしいが くろい しっぽを こうげきされると もうれつに はんげきする。どうくつの すみかで ひぐれを まつ。
ダイヤモンド・パールプラチナブラック・ホワイトブラック2・ホワイト2
くろい しっぽを ひっしになって かくすのは しっぽに ひみつがある しょうこだと かんぐられている。

種族値

第2世代以降

種族値 能力値の範囲(第三世代以降)
レベル50 レベル100
HP 190
 
250 - 297 490 - 584
こうげき 33
 
34 - 93 63 - 181
ぼうぎょ 58
 
56 - 121 108 - 236
とくこう 33
 
34 - 93 63 - 181
とくぼう 58
 
56 - 121 108 - 236
すばやさ 33
 
34 - 93 63 - 181
合計 405
 
能力の最小値
個体値0・努力値0・能力が成長しにくいせいかくで計算
能力の最大値
個体値31・努力値252・能力が成長しやすいせいかくで計算

ダメージ倍率

ノーマル: 100%
かくとう: 50%
ひこう: 100%
どく: 100%
じめん: 100%
いわ: 100%
むし: 200%
ゴースト: 200%
はがね: 100%
ほのお: 100%
みず: 100%
くさ: 100%
でんき: 100%
エスパー: 50%
こおり: 100%
ドラゴン: 100%
あく: 200%
フェアリー: 100%

さかさバトル

ノーマル: 100%
かくとう: 200%
ひこう: 100%
どく: 100%
じめん: 100%
いわ: 100%
むし: 50%
ゴースト: 50%
はがね: 100%
ほのお: 100%
みず: 100%
くさ: 100%
でんき: 100%
エスパー: 200%
こおり: 100%
ドラゴン: 100%
あく: 50%
フェアリー: 100%

おぼえるわざ

ソーナンス/第六世代以前のおぼえるわざも参照。

レベルアップわざ

第七世代 (その他の世代: 23-6)
SM/USUM わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
1 カウンター かくとう 物理 100% 20
1 ミラーコート エスパー 特殊 100% 20
1 しんぴのまもり ノーマル 変化 —% 25
1 みちづれ ゴースト 変化 —% 5
太字のわざはタイプ一致です。

わざひでんマシンわざ

第七世代 (その他の世代: 23-6)
わざマシン わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
わざマシン20 しんぴのまもり ノーマル 変化 —% 25
太字のわざはタイプ一致です。

タマゴわざ

第七世代 (その他の世代: 23-6)
遺伝元 わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
このポケモンにタマゴわざはありません。
太字のわざはタイプ一致です。

人から教えてもらえるわざ

第七世代 (その他の世代: 23-6)
わざ タイプ 分類 威力 命中 PP SM USUM
このポケモンはおしえわざを覚えません。
太字のわざはタイプ一致です。

入手方法

バージョン 野生 その他
レベル 場所 レベル 方法
金・銀 Lv.20~25 くらやみのほらあな(フスベシティ側) - -
くらやみのほらあな(フスベシティ側)
R・S・E Lv.27~29 サファリゾーン草むら Lv.15 ソーナノレベルアップさせる。
FR・LG (1F)Lv.55
(2F)Lv.58
(B1F)Lv.61
ハナダのどうくつ - -
Lv.25 いせきのたに草むら
D・P Lv.3~4 シンジこポケトレ - -
Lv.35~36 リッシこポケトレ
Lv.34~36 エイチこポケトレ
Pt Lv.3~4 シンジこポケトレ
Lv.38~40 リッシこポケトレ
HG・SS Lv.20~25 くらやみのほらあな(フスベシティ側) Lv.15 ポケウォーカーざわざわもり
(通常)Lv.16~17
(ブロック有[※ 1]
サファリゾーン(いわばエリア)
(1F)Lv.37
(2F)Lv.42
(B1F)Lv.49
ハナダのどうくつ
B・W × 出現しない Lv.15 ゆめしま古びた洋館
ソーナノレベルアップさせる。
B2・W2 Lv.50 ライモンシティルリ/テツ通信交換する。
X・Y Lv.22 うつしみのどうくつ Lv.30 フレンドサファリ(エスパー)
  1. 「岩場」のブロックを10個置く

持っているアイテム

備考

アニメにおけるソーナンス

マンガにおけるソーナンス

ポケモンカードにおけるソーナンス

ポケモン☆サンデーにおけるソーナンス

副部長としてゴルゴ松本の直下で働いていたが、2006年9月以降はニューヨークの支部長となった。それ以後はニューヨーク中継で出演するようになった。

ソーナンスの歴史

第二世代

当時は特性かげふみがなかったので交代によってあっさり対処されたり、多彩な補助技によって起点とされてしまうことが多かった。ポケモンスタジアム金銀バトルタワーのように単純な思考ルーチンのCP戦ではそれなりに活躍できるが、対人戦ではまず通用しない。

第三世代

特性かげふみにソーナノが覚えるアンコールあまえるの追加でほぼ現在のソーナンスになる。ソーナンス同士が対面するとお互いに退くことができずPPを使い果たしてわるあがきが出るまで待たなければならない(さらに、お互いたべのこしを持っていた場合は永遠に勝負がつかない可能性がある)ので、特にシングルバトルにおいてはローカルルールで完全に禁止扱い、もしくは相手パーティにソーナンスがいる場合は選出禁止とされることが多かった。

第四世代

かげふみの仕様変更によってミラーマッチで膠着状態になることが防げるようになったが、火力インフレによってあっさり突破される恐れが増した。日本ではシステム上の問題が改善されたので禁止扱いする風潮はなくなったが、攻撃技のみの攻勢が主流であった海外においては、第五世代まで禁止されるローカルルールが多かったという。それでも、みちづれガブリアスすながくれに対する回答となったこと、メタグロスを安定して受けられることなどから、その2匹の局所的なメタとして使用された感はある。

第五世代

サザンドラシャンデラウルガモスなど、高火力のタイプ一致技で弱点を突いてくるポケモンが増えたため、第四世代に増して突破されやすくなった。一方で高火力技を持たないポケモンに対してソーナンスのアンコールで攻撃を縛り、後続のウルガモスちょうのまいを積む「ウルガナンス」と呼ばれる構築も見られ、ある程度の使用率はあった。

第六世代

仕様変更によりゴーストタイプにかげふみが無効になり弱体化。もっとも、メガゲンガーあたりはきあいのタスキで凌がない限り交代するまでもなくあっさり突破されてしまうのでどうしようもない。ファイアローメガシンカの隆盛によって「ウルガナンス」も廃れた。

一般的な育成論

特性かげふみが強力で、これを用いた後続ポケモンの積みの起点づくりや、カウンター/ミラーコートでの突破が主な役割。 ソーナノ時代に覚えるものを含めても技のレパートリーが極めて少なく、対戦での技構成はほぼ決まっている。相手の読みを外すためだけであっても入れられる技がほかにないので、カウンター・ミラーコート・アンコールみちづれの4つでほぼ固定になる。

努力値ぼうぎょとくぼうに特化させるのが一般的だが、相手の行動を上から縛りたい場合はすばやさに振ってもよい。

持ち物はちょうはつ対策のメンタルハーブや耐久力を補うオボンのみがメジャー。すばやさに振った起点づくり特化型の場合はこだわりスカーフも候補。第七世代ではZワザZクリスタルの登場により、「カクトウZ」または「エスパーZ」を持たせればそれぞれぜんりょくむそうげきれつけんマキシマムサイブレイカーを使うことができる。ソーナンス唯一の能動的な攻撃手段だが、威力が100で攻撃も特攻も低いうえ、Zワザは一度のバトルで一回限りなので、これらのためにわざわざZクリスタルをソーナンスに持たせる意味はないだろう。

運用について
相手を逃がさないかげふみの性質上、ソーナンス対策を持たないポケモンと対峙できればその時点で大きなアドバンテージを得られる。普通に攻撃してくるならカウンターまたはミラーコートで反撃すればよいし、反撃を恐れて補助技を繰り返すようなことがあれば、それをアンコールで縛って後続のポケモンを無償降臨させたうえで、積み技の起点にできる。読み間違えて相手が攻撃してきたターンにアンコールしてしまっても、次のターンにアンコールの効果で強制的に攻撃させられているところをカウンターまたはミラーコートすればよい。ダブルバトルでは、特性かげふみとほろびのうたドーブルこころのめ+ぜったいれいどを組み合わせた交代禁止コンボが強力。しんぴのまもりを覚えさせておくと、自分だけでなく場にいる味方のポケモンの状態異常も防げるのでオススメ。
逆にソーナンス対策を持つポケモンには何もできずに返り討ちになってしまうことが多い。特にあくまたはゴーストタイプのポケモンにはカウンターもミラーコートも効かないものが一部存在し、手も足も出ない。もっとも、ミカルゲヤミラミはその優秀なタイプの代わりに種族値は低いので、ソーナンスを引っ込めてほかのポケモンで相手すればよく、サザンドラは大抵の場合相手のパーティのエースアタッカーなので、最悪みちづれで1対1交換するだけでも御の字と言える。
しかしゾロアークに対しては1対1交換では元が取れないこともあるうえ、イリュージョンのせいで読みを誤って逃げ損ねることもある。これらのことから、ソーナンスを運用するうえで一番重要なのは見せ合いから選出メンバーを選ぶ段階であると言える。

各言語版での名称と由来

言語 名前 由来
日本語 ソーナンス resonance(英語:反響、共鳴)、sonance(英語:響き)、そうなんす
英語 Wobbuffet wobble(ふらつく、よろよろする)、buffet(打撃、殴る/台、カウンター)
ドイツ語 Woingenau "Wohin genau?"(どこへ?)
フランス語 Qulbutoke culbuto(起き上がり小法師)、OK(英語:はい、オーケー)
韓国語 마자용(Majayong) 맞아요(そのとおり)
中国語(普通話・台湾国語) 果然翁(Guǒránwēng) 果然(やはり)、不倒翁(起き上がり小法師)

関連項目

この項目はポケモン図鑑プロジェクトによって作成されています。