ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事を投稿、編集、訂正してくださる方を必要としています。投稿、編集、訂正はユーザ登録後、ログインすることで可能です。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。ぜひご協力お願いいたします。

誤情報や根拠のない記述にご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWikiをブラウザの検索ボタンに追加できます。追加する場合はプラグイン追加をクリックしてください。

きしかいせい

提供: ポケモンWiki
移動: 案内検索
きしかいせい
第二世代
タイプ かくとう
分類 物理
威力 -
命中率 100
PP 15
範囲 1体選択
直接攻撃
パレス たたかう
効果
自分の残りHPが少ないほど、大きなダメージを与える。
判定
アピールタイプ かっこよさ
アピール(RSE) ♡♡
妨害(RSE)  
アピール効果(RSE)
ターンの最後にアピールすると、追加されるハートが3倍になる。
アピール(DP) ♡♡
アピール効果(DP)
最後のターンで使うと、追加されるハートが2倍になる。

きしかいせいは、ポケモンの技の一種。

説明文

たたかうわざ

コンテストわざ

  • 第三世代:1ばん さいごに アピールすると アピールが すごく うまくいく
  • 第四世代:さいごの アピールで ひょうかが 2ばいに なる。

使用ポケモン:覚える方法

第二世代

ポケモン名 覚える方法
レベルアップ タマゴわざ
金銀
コラッタ ×
ラッタ × 進化による継続
ピカチュウ × 進化による継続
ライチュウ × 進化による継続
マンキー ×
オコリザル × 進化による継続
サワムラー Lv51 -
サイホーン ×
サイドン × 進化による継続
ガルーラ Lv49 ×
ストライク ×
ヒノアラシ ×
マグマラシ × 進化による継続
バクフーン × 進化による継続
オタチ ×
オオタチ × 進化による継続
ピチュー ×
ヤンヤンマ ×
ハッサム × 進化による継続
ヘラクロス Lv44 ×
デルビル ×
ヘルガー × 進化による継続
ミルタンク ×

第三世代以降

対戦

  • 最高で威力200となりインファイトをも凌駕する。とは言えHPを減らすリスクを負うため、単体で使うのではなくつるぎのまいなどで攻撃力を上げてから使用したいところ。
  • こらえるみがわりきあいのタスキなどでHPを1にして使用するのが一般的。その際カムラのみを発動させればより多くのポケモンに対処できる。先制技の増えた現況では使いづらくなってしまった。
  • とくせいががんじょうダゲキがHPを1だけ残したあと、この技を使用するという戦法がある。ダゲキは素早さが高いので後攻にはなりにくいが、相手の攻撃を受ける前にビルドアップなどで攻撃を上げておくと効果的。

ポケモンカードゲームにおけるきしかいせい

HPが少ない時に使うメガホーンのダメージが増える、という効果の特殊能力として登場する。

ポケモン不思議のダンジョンにおけるきしかいせい

備考

  • 威力について
    • 残りHP/最大HPが2/48未満のとき、威力200
    • 残りHP/最大HPが2/48以上5/48未満のとき、威力150
    • 残りHP/最大HPが5/48以上10/48未満のとき、威力100
    • 残りHP/最大HPが10/48以上17/48未満のとき、威力80
    • 残りHP/最大HPが17/48以上33/48未満のとき、威力40
    • 残りHP/最大HPが33/48以上のとき、威力20
  • 急所に当たらない(第二世代のみ)
  • ダメージ計算でランダム化が行われず、常に100%のダメージになる(第二世代のみ)

関連項目