ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事を投稿、編集、訂正してくださる方を必要としています。投稿、編集、訂正はユーザ登録後、ログインすることで可能です。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。ぜひご協力お願いいたします。

誤情報や根拠のない記述にご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWikiをブラウザの検索ボタンに追加できます。追加する場合はプラグイン追加をクリックしてください。

ダブルバトル

提供: ポケモンWiki
移動: 案内検索

ダブルバトルとは、相手と自分が2体ずつポケモンを出し、バトルすること。第三世代から導入された。

概要

対戦者は2体ずつ、計4体のポケモンを同時に繰り出し、1ターンの間に4体のポケモンが行動する。

シングルバトルと異なり、1ターンに4体のポケモンが行動することで戦略の幅が大きく広がる。公式ルールではダブルバトルが採用されている。

発生

ダブルバトルの発生には以下のようなものがある。

シングルバトルとの違い

  • 2体に指示を出すことが可能になる。
  • 一部のわざが有効になる(例:てだすけ)。
  • 一部のわざの攻撃範囲が変わる(例:なみのり→自分以外、いわなだれ→相手2体)。
  • 味方にも攻撃できる。これを利用して味方の技のスケッチや回復(特性ちょすいちくでんなどのポケモンに対し)をすることもできる。
  • 入れ替えルールであっても、相手を倒しても交代できない。
  • 野生ポケモンが2体飛び出してきた場合、片方を倒さないと対象のポケモンが定まらずボールを投げられない。(第四世代以降)また、第五世代以降では自分のポケモン2匹で野生ポケモンと戦っている場合、片方に攻撃または交代の指示をした上でもう一匹のコマンドを使用してボールを投げることもできない(しゅうちゅう しないと ボールは うまく なげられない! と表示される)。つまり、ボールをなげる=2匹分のコマンドとなる。

備考

  • アニメでは既に無印編第108話においてダブルバトルらしきもので戦っている。しかし、無印編第56話では、コジロウが躍起になってポケモンを2匹出してしまい、試験落第となっている。

関連項目