Pokémon GOおよび第七世代登場に関するお願い
Pokémon GOおよび第七世代登場に伴い、ポケモンWikiにおいて作成や修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、編集、訂正に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWiki10周年について
ポケモンWikiは2016年4月1日で10周年を迎えました。日頃のご利用に感謝するとともに、今後ともご利用いただけますようお願いいたします。なお、記念企画を検討中です。

すりぬけ

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索

すりぬけは、ポケモンのとくせいの一種。

効果

相手が張っているひかりのかべリフレクターしんぴのまもりしろいきりみがわりを無視して攻撃を当てられる。

所有ポケモン:そのポケモンの別のとくせい

隠れ特性で所有

こんなときに使おう

効果自体は、ひかりのかべリフレクターを無視出来ることもあって、アタッカーにとって優秀。しかし第五世代ではこの特性を持つポケモンはサポートや耐久主体が多く、採用が敬遠されることが多い。ミカルゲ(出た時点で特性がばれる)やハブネーク以外に採用する場合、相手の意表を突きたい。

第六世代では相手がみがわりを使ったときでもどんな技でもダメージが通るようになったため、シャンデラオンバーンなどのアタッカーに対して採用されることが多くなった。もちろん状態異常技も通すことができるためミカルゲなどでみがわり相手におにびなども当てられる。

備考

  • かわらわりとは違い、破壊はしない。
  • 味方が張っているひかりのかべなどには効果がない。
  • 第六世代ではみがわり状態の相手にもダメージが通るようになった。