ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事を投稿、編集、訂正してくださる方を必要としています。投稿、編集、訂正はユーザ登録後、ログインすることで可能です。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。ぜひご協力お願いいたします。

誤情報や根拠のない記述にご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWikiをブラウザの検索ボタンに追加できます。追加する場合はプラグイン追加をクリックしてください。

ゲームボーイ

提供: ポケモンWiki
移動: 案内検索
この項目「ゲームボーイ」はWikipedia (ウィキペディア)にも存在しています。

ゲームボーイ (GAMEBOY) は任天堂が1989年4月21日に発売した携帯型ゲーム機。GBと略されることが多い。ここでは、ゲームボーイポケットゲームボーイライトゲームボーイカラーについても触れる。ゲームボーイカラーはGBCと略されることもある。

概要

ゲームボーイは、携帯用ゲーム機の市場を開拓したとされるゲーム機である。発売当時のメーカー希望小売価格は12,800円。頑丈さで有名であり、任天堂の当時の社長、山内溥が試作機をカーペットの上に投げつけたというエピソードもあるが、投げつけられた本体はその後も正常に動作していたとのこと。また、湾岸戦争の際にアメリカ軍に提供されたものが、後の空爆で倒壊した家屋から発見されたものが、外装がひどく焼けているにもかかわらず正常に動いたという。なお、2階から落としても動作するという話や、ショットガンで撃っても動作していたという話もある。通信機能はコストダウンにほとんどならないという理由で残ったが、この通信機能は通信対戦としてのつかわれかただけではなく、通信交換という新しい使われ方として、ポケットモンスターで花開くことになる。

のちに、小型化や視認性の向上が図られたゲームボーイポケット(1996年7月21日)、ゲームボーイライト(1998年4月14日)が発売される。

さらに、1998年10月21日、ゲーム画面がモノクロだったそれらに対して、カラー化されたゲームボーイカラーも発売となる。ゲームボーイのソフトも遊ぶことができ、さらにはゲームボーイのソフトでもカラーで表示する機能がある。

なお、前世代機はゲーム&ウォッチ、次世代機はゲームボーイアドバンスである。

仕様

共通

  • CPU:カスタムZ80(8080互換CPU)
  • RAM:8kbit
  • ROMカートリッジの容量:256kbit(16KB)~8Mbit(1MB)
  • サウンド:ステレオ、パルス波2ch+波形メモリ音源1ch+ノイズ1ch
  • 画面:4階調モノクロ液晶160×144ドット(カラーを除く)
  • 通信機能:シリアル通信

ゲームボーイ

  • 電源:単三乾電池4本
  • 通信コネクタが以後のバージョンと異なる。

ゲームボーイポケット

  • 電源:単四乾電池2本

ゲームボーイライト

  • 電源:単三乾電池2本
  • バックライト内臓

ゲームボーイカラー

  • 電源:単三乾電池2本
  • 画面がカラーになった。
  • カラー専用・共通ソフトを除いて、12色で表示される。

対応ソフト

ゲームボーイに対応したポケモンのソフトウェアを発売順に挙げる。

ゲームボーイ

いずれもゲームボーイカラーでもプレイ可能である。

ゲームボーイカラー

オリジナルカラー

ポケモンセンター限定でオリジナルカラーのゲームボーイが発売されている。

ゲームボーイカラー ポケモン3周年記念バージョン
1999年2月20日発売。オレンジ色の機体で、十字ボタンが青い。機体の正面下部にはモンスターボールのマークと「POKEMON CENTER」のロゴが入っている。ゲーム画面左にはヒトカゲゼニガメフシギダネの、右下にはピカチュウのイラストが描かれている。
ゲームボーイライト ピカチュウイエロー
1999年7月18日発売。黄色の機体である。機体の正面下部にはモンスターボールのマークと「POKEMON CENTER TOKYO」のロゴが入っている。ゲーム画面の下部にあるゲームボーイライトのロゴの左にはフシギダネ・タッツーラプラスと思われる黄色の影絵が、ゲーム画面の左部にはピカチュウのイラストが描かれている。電源ランプがピカチュウの頬の位置にくるように描かれ、電源を入れると光る仕組み。
ゲームボーイカラー ポケモン金銀発売記念
1999年11月21日発売。機体は薄く黄みがかった白色でパール塗装がされている。機体の正面下部にはモンスターボールのマークと「POKEMON CENTER」のロゴが入っている。ゲーム画面右には左下にはヒノアラシワニノコチコリータの、左下にはピカチュウのイラストが描かれている。

その他

  • 2000年には累計販売台数が1億台を突破し、世界最多のゲーム機である。2002年3月末までの出荷台数は1億1842万台。
  • 湾岸戦争で外装がボロボロになったゲームボーイは、現在ニューヨークの任天堂直営店「Nintendo World Store」に保管され、常時テトリスのデモが動いている。
  • 「ゲームボーイ」という名称が、イギリスで性差別として問題になったこともある。

外部ページ

関連項目