ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。ぜひ編集への参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
また、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、アカウントを作成し、訂正いただければ幸いです。

みちづれ

提供: ポケモンWiki
移動先:案内検索
みちづれ
第二世代
タイプ ゴースト
分類 変化
威力 -
命中率 -
PP 5
範囲 自分
直接攻撃 ×
効果
みちづれ状態になり、この間に相手の攻撃技ひんしになると相手もひんしになる。
連続で使用すると失敗する(第七世代)。
Zワザによる付加効果
自分をちゅうもくのまと状態にする。
判定
パレス じぶん
アピールタイプ かしこさ
アピール (RSE) ♡♡♡♡
♡♡♡♡
妨害 (RSE)  
アピール効果(RSE)
次のターンからアピールに参加できない。ただし、妨害も受けない。
アピール(DP)  
アピール効果(DP)
全てのポケモンが同じ審査員を選んだなら、ハートが15個追加される。
アピール(ORAS) ♡♡♡♡
♡♡♡♡
妨害 (ORAS)  
アピール効果(ORAS)
次のターン以降、アピールに参加できない。妨害も受けない。

みちづれは、ポケモンの技の一種。

説明文

たたかうわざ

  • 第二世代:このわざの あとに たおされると てきも せんとうふのうになる
  • ルビー・サファイアエメラルド:このわざの あとに たおされると てきも せんとうふのうになる
  • ファイアレッド・リーフグリーン:みちづれを つかった ポケモンが てきに たおされると その てきも いっしょに たおれる。
  • 第四世代第五世代第六世代:わざを だしたあと こうげきを うけて ひんしに なったとき こうげき あいても ひんしに する。
  • 第五世代第六世代(漢字):技を だしたあと 攻撃を 受けて ひんしに なったとき 攻撃 相手も ひんしに する。
  • 第七世代:わざのあと あいての こうげきで ひんしに なると こうげき あいても ひんしにする。 れんぞくして だすと しっぱいする。
  • 第七世代(漢字):技のあと 相手の 攻撃で ひんしに なると 攻撃 相手も ひんしにする。 連続して 出すと 失敗する。

コンテストわざ

  • 第三世代:すごいアピールに なるが このあと さいごまで なにも できなくなる
  • 第四世代:すべての ポケモンが おなじ しんさいんを えらぶと +15される。
  • 第六世代:すごい アピールに なるが このあと さいごまで なにも できなくなる
  • 第六世代(漢字):すごい アピールに なるが このあと 最後まで なにも できなくなる

使用ポケモン:覚える方法

レベルアップ

ポケモン名 ソフト
金銀ク RSE/FRLG DPt/HGSS BW/B2W2 XY/ ORAS SM/USUM ピカブイ
ゴース 36 36RSE
33 FRLG
40 40 40 40 ×
ゴースト 48 48RSE
39FRLG
50 50 50 50 ×
ゲンガー 48 48RSE
39FRLG
50 50 50 50 ×
ドガース 45 45 46 51BW
40 B2W2
40 40 ×
マタドガス 51 51 55 59BW
46B2W2
46 46 ×
ソーナンス 1 1 1 1 1 1 -
ハリーセン × 45FRLG 53 53 1, 53 1, 53 -
サボネア - 49FRLG 57 57 57XY
54ORAS
54 -
ノクタス - 59FRLG 71 71 1, 71XY
1, 59ORAS
1, 59 -
ソーナノ - 15 15 15 15 15 -
ビークイン - - 43 43
53
1, 53 1, 53 -
ユキメノコ - - 59 59 1, 59XY
1, 61ORAS
1, 61 -
ギラティナ - - ×DPt
24HGSS
24 24 24 -
デスマス - - - 49 49 49 -
デスカーン - - - 57 57 57 -
ボクレー - - - - 39 39 -
オーロット - - - - 39 39 -
フーパ - - - - 1 1 -

タマゴわざ

ポケモン名 覚える世代 進化後の継続
2 3 4 5 6 7
ドガース マタドガス
ムウマ ムウマージ
デリバード × × × × -
デルビル × × × × ヘルガー
ラルトス - キルリア
サーナイト
エルレイド
ゴクリン - × マルノーム
キバニア - × × × サメハダー
カゲボウズ - ジュペッタ
ヨマワル - サマヨール
ヨノワール
フワンテ - - フワライド
ミカルゲ - - -
ヒトツキ - - - - ニダンギル
ギルガルド
マーイーカ - - - - カラマネロ
バケッチャ - - - - パンプジン
スナバァ - - - - - シロデスナ
ミミッキュ - - - - - -

こんなときに使おう

  • この技が発動してから次に自分が技を使うまでの間に、自分が相手の攻撃によって倒れると、相手を道連れにしてひんしにするという技。
    • 「次に自分が技を使うまで」効果が継続することから、みちづれ状態が複数ターン持続するケースがある。
  • みちづれを使用したものの生き残ってしまった……となると技が1つバレてしまうだけで不利になるので、基本的にHPが残り少なくなってあと一撃でほぼ確実に倒れてしまう状態で使う技。そういう点ではきあいのタスキと相性が良いと言える。
  • 注意すべき点としては、この技自体は優先度0であり、素早さで負けている場合は1ターン目で倒されると意味がないということ。
    • 後攻でみちづれを発動してそのまま次のターンになった場合、前のターンのみちづれの効果は残ったまま。そのターンも引き続き相手が先制してそこで倒されればみちづれが発動する。
  • 上記のとおり、基本的には先手を取って使う技であるが、ソーナンスならば特性かげふみアンコールを合わせ、「みちづれが見えていてもそのまま攻撃しなければならない」状態を作ることで、後攻でも十分機能する。
  • 先攻を取れる相手ならばまずみちづれし、次のターンにきあいパンチを使用して後攻となることでみちづれの効果を2ターン維持したまま攻撃ができる。以降はみちづれときあいパンチを交互に使うことで1:1交換を強要できる。なお、これができるのは、ゲンガーデリバードノクタスエルレイドヨノワールフーパ
  • すなあらしあられどくもうどくによるダメージで戦闘不能になった場合には失敗してしまう。
  • 相手にみがわりを使われている状態でも問題なく使用でき、自身が倒されれば相手もひんしにできる。
  • 相手を巻き添えにする技としてだいばくはつがある。だいばくはつは相手の行動に関わらずこちらが任意のタイミングで仕掛けられる分使いやすいが、ノーマルわざに耐性を持っているか、ある程度の耐久がある相手は倒しきれないため相手を選ぶ。逆にみちづれは相手のタイプや耐久力に関係なく必ず倒せるが、相手の攻撃を読まないと効果を発揮出来ないためやや受動的である。相手を選ばずに数を減らすことを目的とする戦法に向いていると言える。
  • 第七世代では連続して使用すると失敗するようになった。こちらのみちづれを透かされた場合、続けて使用することができなくなった。

ポケモンカードゲームにおけるみちづれ

自分の[超]エネルギーを1個トラッシュ。次の相手の番、ワザのダメージで自分の残りHPがなくなったなら、そのワザを使ったポケモンをきぜつさせる。」という効果のワザとして登場する。ゲームよりも先にゴース (第1弾)のワザとして登場している。

ポケモン不思議のダンジョンにおけるみちづれ

ダメージを受けると相手に反撃するわざになっている。冒険団シリーズまではおいうちも同じ効果を持っていたが、みちづれはマグナゲートと∞迷宮でも引き続きこの効果。

アニメにおけるみちづれ

ポケモン エフェクト
使用者 初出話 備考
ムウマ 使用時は紫色に体が光る。瀕死になった目から紫色の光が飛び出し、相手を包んで瀕死にする。
カエデ AG編第128話 わざの初出

備考

みちづれ (状態変化)も参照。

第二世代~第四世代まで

第五世代以降

  • みちづれ使用者が先にひんしになり、その後にみちづれで相手をひんしにする。
  • この技により両者が同時に全滅した場合、みちづれを使用した側が負けとなる。
  • 第六世代まで、みちづれは連続で使用しても成功する。

第七世代

  • 第七世代より、みちづれが成功した直後にもう一度みちづれを使うと、必ず失敗する。
    • 連続使用してみちづれが失敗した直後に、もう一度みちづれを使った場合は成功する。
  • みちづれが成功してからPPを消費した行動を取らなかった場合も、その直後に使うみちづれは失敗する。自身のみちづれ状態と成功の可否とは関係しない。
    みちづれとみちづれの間に以下の行動が入った場合、連続使用と見做されて後者のみちづれは失敗する。
  • ねごと/さいはいによるみちづれは、直接みちづれを使ったときと同一視される。みちづれ直後にねごと/さいはいでみちづれを出した場合、ねごと/さいはいでみちづれを出した直後にみちづれを使用した場合、ねごとでみちづれを連続で出した場合など、これら全ては連続使用と見做される。
  • Zワザにすると自分を注目の的状態にする効果が付加される。
    • このゆびとまれと同じ状態だが、技の優先度はみちづれと同じという点に注意。また、みちづれ状態と異なり注目の的はターン終了で消えるため、後攻で使うみちづれをZワザにしても意味はない。
    • みちづれとZみちづれを続けて成功させることもできない。みちづれ成功直後にZみちづれを使用した場合、注目の的にはなるがみちづれ自体は失敗する。
  • 効果が似ているおんねんに連続使用制限は無い。おんねんとみちづれを交互に使用しても失敗しない。

各言語版での名称

言語 名前
日本語 みちづれ
英語 Destiny Bond
ドイツ語 Abgangsbund
フランス語 Prélèvem. Destin (第六世代以降)
Prlvt Destin (第五世代以前)
イタリア語 Destinobbligato (第六世代以降)
Destinobbl. (第五世代以前)
スペイン語 Mismo Destino (第六世代以降)
Mismodestino (第五世代以前)
韓国語 길동무 (Gil Dongmu)
フィンランド語 Kohtalonside
ギリシャ語 Κοινό Πεπρωμένο
ブラジルポルトガル語 Vínculo do Destino
セルビア語 Okov Sudbine
スペイン語(ラテンアメリカ) Lazo del Destino
中国語(普通話・台湾国語) 同命 Tóngmìng

関連項目