ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。ぜひ編集への参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
また、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、アカウントを作成し、訂正いただければ幸いです。

くさ

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索

くさ(草,Grass)は、タイプの一種。

概要

このタイプには植物系のポケモンが分類される。植物は動けないという観念からか、主にすばやさの低いものが多く、その分こうげきぼうぎょ、あるいはとくこうとくぼうに優れる。

弱点タイプが5つといわと並んで全タイプで最も多く、さらにくさタイプの技に耐性を持つタイプも7つとむし(第六世代以降)と並んでかなり多いため、扱いづらい一面がある。その一方でねむりごなやどりぎのタネなど、独自の補助技が使えるという利点がある。
また、くさタイプが威力を半減できる4つのタイプは他のタイプでは半減しづらく、攻撃面なら弱点の少ないみずタイプの相手を得意とする。さらに粉・胞子の技も無効化できる(第六世代以降)ため、エースにはなりにくいが独自の役割を持てるタイプと言える。

とは言え人気の高いほのお技やこおり技で弱点を突かれるのはやはり手痛い。これら一方の弱点を克服した一部のくさポケモンは優秀なタイプ耐性として評価され、対戦でメジャークラスに成り上がる例がある。

ノーマルと同じく、比較的ストーリー序盤から登場することが多い。

ひざしがつよい状態でアドバンテージをとれる特性を持つ場合が多く、草技のソーラービームも溜めを必要とせずに出せる。しかし、晴れでは弱点となる炎技の威力が上がることに注意したい。

ポケモンカードゲームではタイプに分類される。

ポケモンとしてのくさタイプ

このタイプを持つポケモンについてはCategory:くさポケモンを参照。

くさのみ

相性

凡例   ×○ × ×△ ××
本編 / ノブナガ ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00
ダンジョン(救助隊) ×2.25 ×1.50 ×1.35 ×1.00 ×0.90 ×0.81 ×0.75 ×0.50 ×0.45 ×0.25
ダンジョン(探検隊) ×1.96 ×1.40 ×0.99 ×1.00 ×0.71 ×0.49 ×0.70 ×0.50 ×0.35 ×0.25

初出:第一世代

一覧

+ノーマル

相性

×
凡例   ×○ × ×△ ××
本編 / ノブナガ ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00

初出:第五世代

一覧

+みず

相性

凡例   ×○ × ×△ ××
本編 / ノブナガ ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00
ダンジョン(救助隊) ×2.25 ×1.50 ×1.35 ×1.00 ×0.90 ×0.81 ×0.75 ×0.50 ×0.45 ×0.25
ダンジョン(探検隊) ×1.96 ×1.40 ×0.99 ×1.00 ×0.71 ×0.49 ×0.70 ×0.50 ×0.35 ×0.25

初出:第三世代

一覧

+でんき

相性

凡例   ×○ × ×△ ××
本編 / ノブナガ ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00

初出:第五世代

一覧

+こおり

相性

凡例   ×○ × ×△ ××
本編 / ノブナガ ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00
ダンジョン(探検隊) ×1.96 ×1.40 ×0.99 ×1.00 ×0.71 ×0.49 ×0.70 ×0.50 ×0.35 ×0.25

初出:第四世代

一覧

+かくとう

相性

凡例   ×○ × ×△ ××
本編 / ノブナガ ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00
ダンジョン(救助隊) ×2.25 ×1.50 ×1.35 ×1.00 ×0.90 ×0.81 ×0.75 ×0.50 ×0.45 ×0.25
ダンジョン(探検隊) ×1.96 ×1.40 ×0.99 ×1.00 ×0.71 ×0.49 ×0.70 ×0.50 ×0.35 ×0.25

初出:第三世代

一覧

+どく

相性

第一世代

第二世代以降

凡例   ×○ × ×△ ××
本編 / ノブナガ ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00
ダンジョン(救助隊) ×2.25 ×1.50 ×1.35 ×1.00 ×0.90 ×0.81 ×0.75 ×0.50 ×0.45 ×0.25
ダンジョン(探検隊) ×1.96 ×1.40 ×0.99 ×1.00 ×0.71 ×0.49 ×0.70 ×0.50 ×0.35 ×0.25

初出:第一世代

一覧

+じめん

相性

×△
凡例   ×○ × ×△ ××
本編 / ノブナガ ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00
ダンジョン(探検隊) ×1.96 ×1.40 ×0.99 ×1.00 ×0.71 ×0.49 ×0.70 ×0.50 ×0.35 ×0.25

初出:第四世代

一覧

+ひこう

相性

×△
凡例   ×○ × ×△ ××
本編 / ノブナガ ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00
ダンジョン(救助隊) ×2.25 ×1.50 ×1.35 ×1.00 ×0.90 ×0.81 ×0.75 ×0.50 ×0.45 ×0.25
ダンジョン(探検隊) ×1.96 ×1.40 ×0.99 ×1.00 ×0.71 ×0.49 ×0.70 ×0.50 ×0.35 ×0.25

初出:第二世代

一覧

+エスパー

相性

第一世代

×

第二世代以降

凡例   ×○ × ×△ ××
本編 / ノブナガ ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00
ダンジョン(救助隊) ×2.25 ×1.50 ×1.35 ×1.00 ×0.90 ×0.81 ×0.75 ×0.50 ×0.45 ×0.25
ダンジョン(探検隊) ×1.96 ×1.40 ×0.99 ×1.00 ×0.71 ×0.49 ×0.70 ×0.50 ×0.35 ×0.25

初出:第一世代

一覧

+むし

相性

第一世代

第二世代以降

凡例   ×○ × ×△ ××
本編 / ノブナガ ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00
ダンジョン(救助隊) ×2.25 ×1.50 ×1.35 ×1.00 ×0.90 ×0.81 ×0.75 ×0.50 ×0.45 ×0.25
ダンジョン(探検隊) ×1.96 ×1.40 ×0.99 ×1.00 ×0.71 ×0.49 ×0.70 ×0.50 ×0.35 ×0.25

初出:第一世代

一覧

+ゴースト

相性

× ×
凡例   ×○ × ×△ ××
本編 ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00

初出:第六世代

一覧

+いわ

相性

凡例   ×○ × ×△ ××
本編 / ノブナガ ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00
ダンジョン(救助隊) ×2.25 ×1.50 ×1.35 ×1.00 ×0.90 ×0.81 ×0.75 ×0.50 ×0.45 ×0.25
ダンジョン(探検隊) ×1.96 ×1.40 ×0.99 ×1.00 ×0.71 ×0.49 ×0.70 ×0.50 ×0.35 ×0.25

初出:第三世代

一覧

+ドラゴン

相性

凡例   ×○ × ×△ ××
本編 ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00

初出:第六世代

一覧

+あく

相性

×
凡例   ×○ × ×△ ××
本編 / ノブナガ ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00
ダンジョン(救助隊) ×2.25 ×1.50 ×1.35 ×1.00 ×0.90 ×0.81 ×0.75 ×0.50 ×0.45 ×0.25
ダンジョン(探検隊) ×1.96 ×1.40 ×0.99 ×1.00 ×0.71 ×0.49 ×0.70 ×0.50 ×0.35 ×0.25

初出:第三世代

一覧

+はがね

相性

第五世代まで

○×

第六世代以降

○×
凡例   ×○ × ×△ ××
本編 / ノブナガ ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00

初出:第五世代

一覧

+フェアリー

相性

×
凡例   ×○ × ×△ ××
本編 ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00

初出:第六世代

一覧

わざとしてのくさタイプ

このタイプを持つわざについてはCategory:くさわざを参照。

半減されるタイプが多く、メイン攻撃技としてはあまり向かない。しかし、メジャーである水ポケモンの数少ない弱点であったり、弱点が草しかないポケモン(ヌオーラグラージウォッシュロトムなど)がいたりと、活躍する場もある。ピンポイント、サブウェポンとしてなら比較的優秀な攻撃タイプである。

ソーラービームは炎タイプのポケモンが習得できることが多く、自身の苦手な水タイプの弱点を突ける。

対戦における代表的なくさわざ

前述の通り半減されやすいため、攻撃技は相手を選ぶ。

威力の高い物理技としては、タネばくだんウッドハンマーパワーウィップ等が挙げられる。リーフブレード急所に当たりやすい技として、威力も90と高めところが使いやすい。
タネマシンガンは技本来の威力が劣るが、ポケモンの特性によっての威力が125に高めたもあって、採用された人も多い。

威力の高い特殊技としては、第四世代から現れた威力80のエナジーボールが推薦。 ソーラービームリーフストームも挙げられが、ソーラービームは1ターン溜めが必要になり(天候が晴れの時は溜める必要がなく、晴れを軸とするパーティではよく採用される)、リーフストームは特攻が2段階下がってしまう。

これらのデメリットを避ける場合はくさむすびが採用される。この特殊技はくさタイプ以外のポケモンも多く習得できる。

また、ギガドレインはダメージを与えつつ自身のHPを回復できるので、後述するやどりぎのタネと組み合わせた耐久型で採用されることが多い。

主な変化技としては、やどりぎのタネやキノコのほうしねむりごなしびれごなが挙げられる。やどりぎのタネは毎ターン相手のHPを少しずつ削りながら自分のHPを回復させる、くさタイプを象徴する技。キノコのほうし・ねむりごなは相手をねむりに、しびれごなは相手をまひにすることで行動を制限でき、強力である。特にキノコのほうしは相手を眠らせる技の中で唯一命中が100であり、確実に相手を行動不能にできる。一部のポケモンしか覚えないが、習得できるポケモンにはほぼ採用される。
ただし、粉・胞子のわざ(第六世代から)ややどりぎのタネはくさポケモンに効果がないので注意したい。

くさタイプを好むポケモントレーナー

備考

  • 第一世代では草ポケモンの殆どが「くさ・どく」というタイプの組み合わせで、純粋な草タイプはモンジャラのみであった。
  • ほのおタイプを除くすべてのタイプとの組み合わせがある。

各言語版での名称

言語 名前
日本語 くさ
英語 Grass
ドイツ語 Pflanze
フランス語 Plante
イタリア語 Erba
スペイン語
韓国語
中国語(台湾国語・普通話)
中国語(広東語)
ポーランド語 Robak
タイプ
ノーマル - ほのお - みず - でんき - くさ - こおり - かくとう - どく - じめん
ひこう - エスパー - むし - いわ - ゴースト - ドラゴン - あく - はがね - フェアリー - ???