ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事を投稿、編集、訂正してくださる方を必要としています。投稿、編集、訂正はユーザ登録後、ログインすることで可能です。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。ぜひご協力お願いいたします。

誤情報や根拠のない記述にご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWikiをブラウザの検索ボタンに追加できます。追加する場合はプラグイン追加をクリックしてください。

厨ポケ

提供: ポケモンWiki
移動: 案内検索

厨ポケ(ちゅう - )とは、対人戦で特に強いポケモンの俗称。これらのポケモンは対戦でよく用いられる。

概要

厨房が適当に育成・対戦をしてもそれなりの勝率をあげるポケモン」というのが一般的な語源である。厨ポケは対策をしていないとパーティ崩壊や一匹だけで全滅に追い込まれかねないので対策は必須である。

以前はあまりに強いので多用すると嫌われることがあったが、元々これらのポケモンが対人戦での主役であり、その数や対策も増えてきたので最近ではそうでもなくなった。

伝説のポケモン幻のポケモンはいくら強くても公式ルールでは対戦に出られないことが多いので含まない場合が多い。準伝説のポケモンは入る場合がある。

厨ポケと呼ばれるポケモン

下記で挙げるポケモンはシングルバトルにおいて厨ポケと呼ばれるポケモンである。600族の多くは厨ポケと言われることが多い。

なお、厨ポケの内容は各ルールごとに変わってくる。下記の一覧に挙げたポケモンも厨ポケとされなかったりと、厨ポケの線引きは人によってさまざまである。

カイリュー
隠れ特性マルチスケイルにより一撃で倒される可能性がほぼなくなったため、確実にりゅうのまい等を積むことができ、これを加味したスペックは他のドラゴン族を大きく上回る。元の種族値も極めて高水準であり、ガブリアスを上回る攻撃から繰り出されるげきりんの破壊力は高い。さらにしんそくも覚えてしまう。
マリルリ
素のこうげき種族値は高くないが、特性「ちからもち」によって技の威力が2倍になり、種族値換算で120程度に。第六世代ではフェアリータイプが追加され、(フェアリーわざの中では)高威力のじゃれつくも習得できるようになり、ドラゴンタイプに対して強く出ることができるようになった。上手くタイミングを見計らえばはらだいこアクアジェットにより全抜きも可能。
ハッサム
タイプ一致で繰り出され、特性テクニシャンで強化される先制技バレットパンチが強力。そして優秀な攻撃技とんぼがえりも習得するほか、ハッサム最高威力の技むしくいも存在。つるぎのまいで攻撃力をさらに高められる。メガシンカ可能なポケモンでもあり、メガシンカした場合は火力や耐久力が更に上昇した。炎技に非常に弱い。
ハピナスラッキー
HP、とくぼうが非常に高く、タマゴうみでの回復手段もあり、特殊アタッカーは対策をしていないと確実に詰む。ヨプのみを持たせカウンターをする型(通称ヨプカウンター型)も存在し、かくとうタイプの物理アタッカーでも油断はできない。ハピナスを突破するために特殊アタッカーにぶつりわざをおぼえさせることも多い。プラチナでのばかぢから普及や、ブラック・ホワイトでのワンダールーム登場などで、特殊アタッカーなどでも倒せるようになり弱体化が進んでいる。さらに、これ以上の凶悪な耐久力を持つしんかのきせき持ちラッキーがハピナスに代わって活躍している。
ポリゴン2
耐久面の能力値が高めで、更にしんかのきせきで耐久の底上げが出来る。高速回復技じこさいせいの存在もあり、一致格闘タイプでないと倒せない程の頑丈さを持っている。更にとくこうも高めで攻撃技も豊富、ちょうはつにも強い。
バンギラス
攻撃力が非常に高い。かつ特性すなおこしでタスキ潰しやとくぼうが上昇し、見た目以上に耐久力が高い。特攻もそれなりで特殊型も存在。後述するガブリアスとは特性の関係上無敵の相性。後述のファイアローにも強い。
キノガッサ
何と言っても命中100の催眠技キノコのほうしが凶悪すぎる性能で、それに加えポイズンヒールで回復しつつみがわりを張って相手をはめ倒したり、特性テクニシャンで強化されたマッハパンチタネマシンガンといった高火力技を撃つなど多くの型がある。格闘タイプと草タイプのいいところを取った最強クラスの格闘ポケモンの一角。第六世代ではキノコのほうしがくさタイプのポケモンに効かなくなったり、ローキックがテクニシャンの適用範囲でなくなるなど、少し弱体化したか。
ボーマンダ
特性いかくに加えこうげきとくこうともに非常に高く、両刀もでき、タイプ一致のりゅうせいぐんげきりんは非常に強力。隠れ特性のじしんかじょうも強力。更にメガシンカにより特性がスカイスキンになり、すてみタックルハイパーボイスなどが非常に強力なメインウエポンになる。
ガブリアス
非常に高い攻撃力、激戦区をちょうど抜ける素早さ、等倍ではまず落とされない高い耐久、半減されにくいタイプ一致のドラゴンタイプの技、ドラゴンタイプの技が効かない相手にちょうど突き刺さるじめんタイプの組み合わせ、すなあらしが ふきあれる状態を苦にしないタイプ・特性などが非常に強力。
ローブシン
高い耐久力、攻撃力と優秀な特性こんじょうちからずくてつのこぶしに加え、先制技マッハパンチ、相性補完の三色パンチ、攻撃力を高めるビルドアップ+回復しつつ攻撃できるドレインパンチが凶悪。文字通り最強クラスの格闘ポケモンの一角。ただしXYになってからフェアリータイプの登場や特性はやてのつばさの存在により、弱体化が進んでいる。
サザンドラ
特攻が非常に高く、りゅうせいぐんの威力はボーマンダ等を上回るが、攻撃も低くなく総合火力はトップクラス。第五世代までは4倍弱点も持たなかったが、第六世代で登場したフェアリータイプは4倍弱点となる。さらにばかぢからを教え技で取得し、ますます攻撃範囲に磨きがかかった。
ファイアロー
特性、はやてのつばさから繰り出すブレイブバードを先制で叩き込むことが出来る脅威のポケモン。素の火力は高くないが、こだわりハチマキを持てば火力を底上げできる。炎タイプなので鋼でも止まらない。攻撃技は少なめだが、変化技は豊富で、つるぎのまいを始め、ちょうはつおにびおいかぜはねやすめと恵まれている。はねやすめやおいかぜは特性の効果で先制で繰り出せるというのも強力。ただし岩で止まりやすく、ステルスロックに非常に弱いのが難点。
ギルガルド
攻撃技とキングシールドを駆使することにより、攻撃と守備を兼ねることが可能。守備形態シールドフォルムではこだわりハチマキこだわりメガネを持たせない限り大抵1撃で落ちない程の耐久を誇る。このときにじゃくてんほけんを発動させ、攻撃形態ブレードフォルムで一気に畳み掛けるパターンが多い。攻撃技もゴースト技とかくとう技を持っているため相性補完も優秀で、一致先制技かげうちもある。前述のサザンドラとの相性補完は完璧に近い。ただしブレードフォルム中に攻撃を受けると大ダメージを喰らう。ちなみに進化前のニダンギルも実は十分に使えるステータスとなっているため、ギルガルドとは全く違う戦い方ができる。
メガガルーラ
メガシンカ後の特性おやこあいによる全技威力1.5倍&グロウパンチで攻撃2段階アップを始めとした重複する追加効果&きあいのタスキ貫通の連続攻撃。少ない弱点と生半可な火力では落ちない耐久値、基本の物理型からその受けを無効化する特殊型まで可能な多彩な攻めの手段など至れり尽くせりの性能を持つ最強のメガシンカポケモン。デメリット効果やゴツゴツメットなども2回分受けるのが欠点。

他多数。

過去厨ポケとされたポケモン

この節は書きかけです。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。

現状

最近はWi-Fiの普及により通信対戦がメジャーになっており、対人戦も研究が進んでいる。厨ポケばかりで固めたパーティが「厨パ」と呼ばれ叩かれる傾向にあるが、ある程度以上対戦慣れしているレベルならば、場合によっては負けた言い訳にしかならない場合がある。[1]

対策が必要になることを、構築の自由度が下がると考え厨ポケを忌み嫌う人もいる。しかしながら、ほとんどのポケモンは考え抜かれた戦術を用いて戦うものであり、それを破るには何かしらの戦術が必要である。仮に、何も考えずにただ不平を言う行為は、相手を含む通信対戦をするプレイヤーに対しきわめて失礼であり、かつマナー違反である。

対策

大抵の厨ポケには4倍弱点(特にドラゴンタイプ)や弱点が多い、または弱点のタイプがメジャー等の欠点があり、ドラゴンタイプの厨ポケはこおりが弱点の複合タイプが多く、こおりタイプの技で攻めれば割と簡単に倒せる。他にもそのポケモンよりも素早いポケモン、もしくはこだわりスカーフなどを持たせてそのポケモンが弱点の威力が高い技で攻めたりと対策法は多い。どちらにしろ安定して受けられるポケモンは少ないので、できるだけ相手のHPを削り死に出しで一匹犠牲にして、次のポケモンでトドメをさすのが安全策である。

脚注

  1. 仮に相手が上記のポケモンでパーティを組んでくると分かりきっているなら、それらを倒すためだけのパーティを組めばいいので勝つのは簡単であるため、対策をしていないほうが悪いとされる場合がある。