Pokémon GOおよび第七世代登場に関するお願い
Pokémon GOおよび第七世代登場に伴い、ポケモンWikiにおいて作成や修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、編集、訂正に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWiki10周年について
ポケモンWikiは2016年4月1日で10周年を迎えました。日頃のご利用に感謝するとともに、今後ともご利用いただけますようお願いいたします。なお、記念企画を検討中です。

ムラっけ

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索

ムラっけは、ポケモンのとくせいの一種。

効果

ターン終了時、いずれかの能力が2段階上がり、別の能力が1段階下がる。

所有ポケモン:そのポケモンの別のとくせい

特性1 特性2 隠れ特性
テッポウオ はりきり スナイパー ムラっけ
オクタン きゅうばん スナイパー ムラっけ
ドーブル マイペース テクニシャン ムラっけ
ユキワラシ せいしんりょく アイスボディ ムラっけ
オニゴーリ せいしんりょく アイスボディ ムラっけ
ビッパ たんじゅん てんねん ムラっけ
ビーダル たんじゅん てんねん ムラっけ

こんなときに使おう

  • 特にドーブルの場合、からをやぶるで3つの能力を上げた後(このときにしろいハーブで下がった能力変化を戻すといい)にちいさくなるで回避率を上げ、バトンするというコンボが考えられる。
  • 他のポケモンも、他の特性に積極的に採用するものが無い上に、オニゴーリのように他のポケモンとの差別化を目的としてこの特性を採用することが多い。ランダムではあるが能力をターン毎に2段階上げられるのは魅力的。
  • この特性を採用する場合、ドーブルやメガシンカさせるオニゴーリを除きのんきやなまいきなど耐久が上昇する性格を選ぶことが多い。耐久を利用して粘り勝ちを狙うためである。

備考

  • ※隠れ特性限定。
  • ドーブルはへんしんも覚えられるが、変身後はこの特性での能力変化は引き継がない。

関連項目