ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事を投稿、編集、訂正してくださる方を必要としています。投稿、編集、訂正はユーザ登録後、ログインすることで可能です。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。ぜひご協力お願いいたします。

誤情報や根拠のない記述にご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWikiをブラウザの検索ボタンに追加できます。追加する場合はプラグイン追加をクリックしてください。

ドーブル

提供: ポケモンWiki
移動: 案内検索
ドーブル
Doble
英語名 Smeargle
全国図鑑 #235
ジョウト図鑑 #157
ホウエン図鑑 #370
シンオウ図鑑 #-
イッシュ図鑑 #-
新イッシュ図鑑 #-
セントラルカロス図鑑 #124
コーストカロス図鑑 #-
マウンテンカロス図鑑 #-
分類 えかきポケモン
タイプ ノーマル
たかさ 1.2m
おもさ 58.0kg
とくせい マイペース
テクニシャン
夢特性 ムラっけ
タマゴグループ りくじょう
タマゴの歩数 5120歩
獲得努力値 すばやさ+1
基礎経験値 第四世代以前:106
第五世代:88
最終経験値 800000
性別 50% ♂ ・ 50% ♀
捕捉率 45
初期なつき度 70

外部サイトの図鑑

ドーブルとはぜんこくずかんのNo.235のポケモンのこと。初登場はポケットモンスター 金・銀

進化

  • ドーブル

ポケモンずかんの説明文

ポケットモンスター 金ポケットモンスター リーフグリーンポケットモンスター ハートゴールド
シッポの さきから ぶんぴつする えきたいを あちこちに ぬりつけて じぶんの なわばりを アピールする。
ポケットモンスター 銀ポケットモンスター ファイアレッドポケットモンスター ソウルシルバーポケットモンスター Y
おとなになると なかまから せなかに あしあとの マークを つけられる しゅうせいを もつ。
(漢字)大人になると 仲間から 背中に 足跡の マークを つけられる 習性を 持つ。
ポケットモンスター クリスタル
しっぽの さきから ぶんぴつする なぞの えきたいの いろは ドーブルごとに きまっている。
ポケットモンスター ルビー・サファイアエメラルド
しっぽの さきから にじみでる たいえきで なわばりの まわりに じぶんの マークを かく。5000 しゅるいの マークが みつかっている。
ポケットモンスター ダイヤモンド・パールプラチナポケットモンスター ブラック・ホワイトポケットモンスター X
しっぽを ふでのように つかって なわばりに マークを えがく。その しゅるいは 5000いじょう。
(漢字)尻尾を 筆のように 使って 縄張りを マークで 描く。その 種類は 5000以上。

種族値

種族値 ステータスの範囲
(第三世代以降)
レベル50 レベル100
HP: 55
 
115162 220314
こうげき: 20
 
2279 40152
ぼうぎょ: 35
 
3695 67185
とくこう: 20
 
2279 40152
とくぼう: 45
 
45106 85207
すばやさ: 75
 
72139 139273
ステータスの最小値
個体値0・努力値0・能力が上がりにくい性格で計算
ステータスの最大値
個体値31・努力値252・能力が上がりやすい性格で計算

ダメージ倍率

ノーマル: 100%
かくとう: 200%
ひこう: 100%
どく: 100%
じめん: 100%
いわ: 100%
むし: 100%
ゴースト: 0%
はがね: 100%
ほのお: 100%
みず: 100%
くさ: 100%
でんき: 100%
エスパー: 100%
こおり: 100%
ドラゴン: 100%
あく: 100%
フェアリー: 100%

おぼえるわざ

レベルアップわざ

Lv 第二世代 第三世代 第四世代 第五世代 第六世代
金銀ク RSE/FRLG DP/Pt/HGSS BW/B2W2 XY
1 スケッチ スケッチ スケッチ スケッチ スケッチ
11 スケッチ スケッチ スケッチ スケッチ スケッチ
21 スケッチ スケッチ スケッチ スケッチ スケッチ
31 スケッチ スケッチ スケッチ スケッチ スケッチ
41 スケッチ スケッチ スケッチ スケッチ スケッチ
51 スケッチ スケッチ スケッチ スケッチ スケッチ
61 スケッチ スケッチ スケッチ スケッチ スケッチ
71 スケッチ スケッチ スケッチ スケッチ スケッチ
81 スケッチ スケッチ スケッチ スケッチ スケッチ
91 スケッチ スケッチ スケッチ スケッチ スケッチ

わざひでんマシンわざ

ドーブルはわざ・ひでんマシンで覚えるわざ無し

タマゴわざ

ドーブルはタマゴわざ無し

人から教えてもらえるわざ

ドーブルは人から教えてもらえるわざ無し

その他の場所で覚えるわざ

スケッチでほとんど全てのわざを覚えることができる(覚えられないわざが一部ある。詳細はスケッチを参照)。

入手方法・入手可能な最低レベル

バージョン 単体 通信
金・銀・クリ Lv.5 アルフのいせきでLv.20,22を捕まえてタマゴを孵す。 Lv.5 金・銀・クリ内で通信
R・S × 入手不可 Lv.5 Eから通信
E Lv.5 アトリエのあなでLv.40~50を捕まえてタマゴを孵す。 E内で通信
FR・LG × 入手不可 Eから通信
コロシアム Lv.45 スナッチ団アジトスナッチ
D・P Lv.1 212ばんどうろ北でポケトレを使ってLv.16~18を捕まえてタマゴを孵す。 Lv.1 D・P・Pt・HG・SS内で通信
Pt 208ばんどうろでポケトレを使ってLv.17~20を捕まえてタマゴを孵す。
HG・SS アルフのいせきでLv.20,22を捕まえてタマゴを孵す。
B・W Lv.1 5ばんどうろ大量発生時に捕まえてタマゴを孵す。 Lv.1 B・W内で通信
B2・W2 × 入手不可 B・Wから通信
X・Y Lv.1 7ばんどうろで捕まえて、タマゴを孵す。 Lv.1 X・Y内で通信

備考

  • ポケモンずかんの色:白
  • スケッチにより、ごく一部を除いた殆どの技を同時に覚えられるため、ドーブルが属するタマゴグループりくじょう」に分類されるポケモンは、原則として同時遺伝不可能な技の組み合わせが無かった。
    • 第六世代からは仕様変更により♀親からもタマゴ技が遺伝するようになり、ドーブルを用いなくても複数の異なるポケモンのタマゴ技を1匹のポケモンにまとめる事が可能になったため、同時遺伝不可能な組み合わせが一部の例外を除いて存在しなくなり、この用途でのドーブルの価値は若干落ちた。
    • ただし♂♀の比率が極端で、親を用意するよりスケッチした方が早い場合、そもそもドーブルのスケッチ経由でないと遺伝できない技(トリックなど)は依然として存在しており、ドーブルを遺伝のために使わなければならないケースはまだある。
  • ポケパルレでは、ベレー帽を被ったような形状の頭を触ると嫌がる。

アニメにおけるドーブル

  • 無印編第197話で初登場。それ以降もたびたびゲストで登場している。

マンガにおけるドーブル

ポケモンカードにおけるドーブル

  • ドーブル (カードゲーム)を参照。
  • ポケモンカードゲーム公式ホームページ上で行われたポケモンカード第17回スペシャルランキングで、「封印! サーナイトex」に収録されたドーブルδ種が「今回の少数派」として紹介された。

一般的な育成論

  • 専用技スケッチにより殆どあらゆる技を組み合わせる事が出来るため、理論上は様々な型を作れる。
  • ただし種族値はすばやさ以外はかなり低く、特性もテクニシャンを持つものの、普通に攻撃してもダメージは余り期待出来ない。従ってへんかわざを中心に、種族値に依存しない戦い方をすることになる。
  • 技スペースはかなりカツカツだが、シングル・ローテーションバトルキノコのほうし、ダブル・トリプルバトルならダークホールは基本的にほとんどの型で採用される。
    • キノコのほうしは特性そうしょくの登場や、第六世代にて草タイプに無効となったため、誰にでも効く技ではなくなったが、だからと言ってシングルでダークホールを採用するかと言うと微妙。
    • 第五世代ではダークホールが禁止技となったため、ダブル・トリプルバトルでは極端に採用率が落ち込んだ。
  • 各々の戦法自体はネタがバレてしまえば対策も容易なものが多いが、初見でドーブルが何の型なのかを見破るのは極めて難しい。
  • 努力値は後述のLv1トリパ型を除いて基本的にHP素早さに252振り、性格はようきまたはおくびょうしか選ばれない。そのため、育成論とは言うものの育て方自体はどれも同じであり、覚えさせる技が違うだけである。
    • そのため個体値の厳選も、対戦に使うなら極端な話HP素早さ以外は0でも殆ど変わらないのだが、である場合、りくじょうグループの親にして遺伝要員としても流用できるため、高個体値を粘れると後々役に立つ。
  • ノーマルタイプなのでだいばくはつくらい威力がある技ならば、いかにドーブルの種族値でもそれなりの威力になる。しかしだいばくはつの威力が低下した第五世代では陽気ガブリアスじしんと同じくらいの威力しか無い。これを高いと見るかどうかは人それぞれ。

こころのめ+ぜったいれいど型

  • ドーブルを除けばフリーザーしか出来ないこころのめぜったいれいどのコンボを使う型。
  • ドーブルにやらせる場合フリーザーと違って何が何でもこのコンボを決めないと役に立たないが、フリーザーと違って初見でいきなり警戒される事が少ないのがメリット。
  • またフリーザーと違ってクモのすなどをさらに併用し、相手を逃がさないように出来る。ただしそうなると相手を倒すまでに3ターン必要になるため、きあいのタスキで耐えて稼ぐターンを加味しても1ターン足りない。一番最初にキノコのほうしを持ってくれば4ターンほど稼げる可能性もあるが、そこまでして1匹倒すだけと言うのが手間に見合うかどうかは微妙。またキノコのほうしまで使うと技が4つ埋まってしまい、他の事が全く出来なくなる。

ダークホール型

Lv1トリパ型

  • 種族値に頼らないならと言う事でLv1にし、トリックルーム下で最速を狙う型。
  • ドーブル自身がトリックルームをしても良いが、がむしゃら等でアタッカーを任せる事も出来る。
  • 2007年ポケモンリーグ日本大会決勝で意表を突くように突然使用され、その後爆発的に広まった型でもある。
    • この時のルールはダブルバトルであり、がむしゃらに加えてこのゆびとまれねこだましを搭載したサポート型であった。序盤はこのゆびとまれでトリックルーム発動役への妨害を妨害し、トリックルーム持続中は最速がむしゃら(+仲間の追撃)で相手を確実に倒し、終盤は味方ポケモンのみがわり等を確実に場に残すためにねこだましやこのゆびとまれで再び相手の攻撃を逸らす。

スカーフほうし型

ふういん+へんしん型

  • 第五世代で「ふういんを使う時点で相手の技と同じ技を1つも持っていなくてもふういん自体は成功するようになった」と言う仕様変更を受けて新たに生まれた型。
  • 技はふういん・へんしんキノコのほうしは確定。まずは眠らせて時間を稼ぎ、ふういん状態になってから相手に変身する事で、相手は交代以外の行動を全て封じられる。特に相手が残り1匹の時にこれが決まると、相手はわるあがきしかできなくなる。よってそこから4ターン耐え凌げば勝利となる(わるあがきの反動ダメージはそのポケモンの最大HPの4分の1の為)。

積みバトン型

  • 積み技を使ってバトンタッチする型。
  • あらゆる積み技と組み合わせる事が出来るが、基本的に積み技を使うターンはきあいのタスキで耐える前提になるので、2ターン目にバトンタッチするターンは自力で先制する必要がある。そのため素早さも上がる積み技が望ましい。
  • 多くの積み技はバトンタッチと両立出来るポケモンが他にもいるためドーブルを使ってまでバトン特化型を作る意味はあまり無いが、第五世代で登場した高性能な積み技からをやぶるはドーブル以外はサクラビスまたはハンテールでしかバトンタッチ出来ない。この技は素早さも劇的に上昇するため相性が良い。なお、コットンガードはドーブルでしかバトンタッチ出来ない。
  • 夢特性ムラっけにして、からをやぶるのほかにちいさくなるで回避率も積み、しろいハーブを持たせて下がった能力を戻してやればかなり高い能力変化をバトンできる。ただしへんしんを使ってそのまま戦う場合、能力変化を引き継がないので注意。

関連項目

この項目はポケモン図鑑プロジェクトによって作成されています。