第七世代(サン・ムーン)登場に関するお願い
サン・ムーン発売Pokémon GOの更新に伴い、ポケモンWikiにおいて新規投稿や加筆修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

キノコのほうし

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索
キノコのほうし
第一世代
タイプ くさ
分類 変化
威力 -
命中率 100
PP 15
範囲 1体選択
直接攻撃 ×
パレス ずるい
効果
相手をねむり状態にする。
判定
アピールタイプ うつくしさ
アピール(RSE)
妨害(RSE) ♥♥♥
アピール効果(RSE)
自分より前にアピールしたポケモン全員を妨害する。
アピール(DP) ♡♡
アピール効果(DP)
審査員全員のボルテージが1ずつ下がる。

キノコのほうしは、ポケモンのわざの一種。

説明文

たたかうわざ

  • 第二世代:さいみんこうかのある ほうしを ふりまき てきを ねむらせる
  • ルビー・サファイアエメラルド:さいみんこうかのある ほうしを ふりまき てきを ねむらせる
  • ファイアレッド・リーフグリーン:さいみん こうかのある こまかい ほうしを パラパラと ふりまいて あいてを ねむりの じょうたいに する。
  • 第四世代:さいみん こうかの ある ほうしを パラパラと ふりまき あいてを ねむりの じょうたいに する。
  • 第五世代第六世代:さいみん こうかの ある ほうしを パラパラと ふりまき あいてを ねむり じょうたいに する。
  • 第五世代第六世代(漢字):催眠効果の ある 胞子を パラパラと ふりまき 相手を 眠り状態に する。

コンテストわざ

  • 第三世代第六世代:アピールが おわっている ポケモン みんなを かなり おどろかす
  • 第四世代:しんさいん ぜんいんの ボルテージが 1つずつ へる。
  • 第六世代(漢字):アピールが 終わっている ポケモン みんなを かなり 驚かす

使用ポケモン:覚える方法

第二世代まで

ポケモン名 覚える方法
レベルアップ
緑赤青ピ 金銀ク
パラス Lv27 Lv25
パラセクト Lv30 Lv28

第三世代以降

ポケモン名 覚える方法
レベルアップ
RSE/FRLG DPt/HGSS BW/B2W2 XY ORAS SM
パラス Lv25 Lv17 Lv22 Lv22 Lv22
パラセクト Lv27 Lv17 Lv22 Lv22 Lv22
キノココ Lv54 Lv45 Lv45 Lv45 Lv40 Lv40
キノガッサ
タマゲタケ - - Lv50 Lv50 Lv50
モロバレル - - Lv62 Lv62 Lv62
ネマシュ - - - - Lv36
マシェード - - - - Lv40
凡例
継:進化前からの継続で覚えることができる。

こんなときに使おう

  • 相手をねむり状態にする技の中で唯一命中が100であり強力。ほぼ確実に使用される。ただしキノガッサは進化前のキノココでないと覚えられない点に注意。
  • ドーブルスケッチで覚えさせる技としても人気がある。
  • キノガッサにはこの技ときあいパンチのコンボが存在する(通称「胞子パンチ」)。
  • モロバレルの場合、通常の特性はほうししかないため相性はやや悪い。隠れ特性のさいせいりょくなら問題はない。

ポケモンカードゲームにおけるキノコのほうし

相手ねむりにするワザとして登場する。ゲーム同様、ダメージを与えることはできない。

ポケモン不思議のダンジョンにおけるキノコのほうし

PPは12。部屋にいる敵に攻撃し、ねむり状態にする。

備考

関連項目

各言語版での名称

言語 名前
日本語 キノコのほうし
英語 Spore
ドイツ語 Pilzspore
フランス語 Spore
イタリア語 Spora
スペイン語 Espora
韓国語 버섯포자
中国語(普通話・台湾国語) 蘑菇孢子
ポーランド語 Spore