ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事を投稿、編集、訂正してくださる方を必要としています。投稿、編集、訂正はユーザ登録後、ログインすることで可能です。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。ぜひご協力お願いいたします。

誤情報や根拠のない記述にご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWikiをブラウザの検索ボタンに追加できます。追加する場合はプラグイン追加をクリックしてください。

トゲキッス

提供: ポケモンWiki
移動: 案内検索
トゲキッス
Togekiss
英語名 Togekiss
全国図鑑 #468
ジョウト図鑑 #—
ホウエン図鑑 #—
シンオウ図鑑 #175
イッシュ図鑑 #-
新イッシュ図鑑 #-
セントラルカロス図鑑 #-
コーストカロス図鑑 #-
マウンテンカロス図鑑 #-
分類 しゅくふくポケモン
タイプ フェアリー
ひこう
たかさ 1.5m
おもさ 38.0kg
とくせい はりきり
てんのめぐみ
夢特性 きょううん
タマゴグループ ひこう
ようせい
タマゴの歩数 2560歩
獲得努力値 特攻+2、特防+1
基礎経験値 第四世代:220
第五世代:245
最終経験値 800000
性別 87.5% ♂ ・ 12.5% ♀
捕捉率 30
初期なつき度 70

外部サイトの図鑑

トゲキッスとはぜんこくずかんのNo.468のポケモンのこと。初登場はポケットモンスター ダイヤモンド・パール

進化

ポケモンずかんの説明文

ポケットモンスター ダイヤモンド・パール
もめごとの おこる ばしょには けっして あらわれない。ちかごろは すがたを みかけなくなった。
ポケットモンスター プラチナポケットモンスター ブラック・ホワイトポケットモンスター ブラック2・ホワイト2
おたがいの そんざいを みとめあい むだに あらそわない ひとのために さまざまな めぐみを わけあたえる。
ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバー
あらそいの ない へいわな とちに トゲキッスは おとずれ さまざまな めぐみを わけあたえると いわれる。

種族値

種族値 ステータスの範囲
(第三世代以降)
レベル50 レベル100
HP: 85
 
145192 280374
こうげき: 50
 
49112 94218
ぼうぎょ: 95
 
90161 175317
とくこう: 120
 
112189 220372
とくぼう: 115
 
108183 211361
すばやさ: 80
 
76145 148284
ステータスの最小値
個体値0・努力値0・能力が上がりにくい性格で計算
ステータスの最大値
個体値31・努力値252・能力が上がりやすい性格で計算

ダメージ倍率

第5世代まで

ノーマル: 100%
かくとう: 100%
ひこう: 100%
どく: 100%
じめん: 0%
いわ: 200%
むし: 50%
ゴースト: 0%
はがね: 100%
ほのお: 100%
みず: 100%
くさ: 50%
でんき: 200%
エスパー: 100%
こおり: 200%
ドラゴン: 100%
あく: 100%

第6世代

ノーマル: 100%
かくとう: 25%
ひこう: 100%
どく: 200%
じめん: 0%
いわ: 200%
むし: 25%
ゴースト: 100%
はがね: 200%
ほのお: 100%
みず: 100%
くさ: 50%
でんき: 200%
エスパー: 100%
こおり: 200%
ドラゴン: 0%
あく: 50%
フェアリー: 100%

おぼえるわざ

レベルアップわざ

Lv 第四世代 第五世代
DP/Pt/HGSS BW/B2W2
1 ゴッドバード
しんそく
はどうだん
エアスラッシュ
ゴッドバード
しんそく
はどうだん
エアスラッシュ

わざひでんマシンわざ

第四世代 第五世代
DP/Pt/HGSS BW/B2W2
わざマシン01 きあいパンチ
わざマシン03 みずのはどう サイコショック
わざマシン06 どくどく どくどく
わざマシン10 めざめるパワー めざめるパワー
わざマシン11 にほんばれ にほんばれ
わざマシン15 はかいこうせん はかいこうせん
わざマシン16 ひかりのかべ ひかりのかべ
わざマシン17 まもる まもる
わざマシン18 あまごい あまごい
わざマシン19 テレキネシス
わざマシン20 しんぴのまもり しんぴのまもり
わざマシン21 やつあたり やつあたり
わざマシン22 ソーラービーム ソーラービーム
わざマシン27 おんがえし おんがえし
わざマシン29 サイコキネシス サイコキネシス
わざマシン30 シャドーボール シャドーボール
わざマシン31 かわらわり かわらわり
わざマシン32 かげぶんしん かげぶんしん
わざマシン33 リフレクター リフレクター
わざマシン34 でんげきは
わざマシン35 かえんほうしゃ かえんほうしゃ
わざマシン38 だいもんじ だいもんじ
わざマシン40 つばめがえし つばめがえし
わざマシン42 からげんき からげんき
わざマシン43 ひみつのちから
わざマシン44 ねむる ねむる
わざマシン45 メロメロ メロメロ
わざマシン47 はがねのつばさ
わざマシン48 りんしょう
わざマシン49 エコーボイス
わざマシン51 はねやすめ
わざマシン56 なげつける なげつける
わざマシン58 こらえる
わざマシン59 やきつくす
わざマシン60 ドレインパンチ
わざマシン62 ぎんいろのかぜ
わざマシン67 かたきうち
わざマシン68 ギガインパクト ギガインパクト
わざマシン70 フラッシュ
わざマシン73 でんじは でんじは
わざマシン77 じこあんじ じこあんじ
わざマシン78 ゆうわく
わざマシン82 ねごと
わざマシン83 しぜんのめぐみ ふるいたてる
わざマシン85 ゆめくい ゆめくい
わざマシン86 くさむすび くさむすび
わざマシン87 いばる いばる
わざマシン88 ついばむ ついばむ
わざマシン90 みがわり みがわり
わざマシン94 いわくだき
ひでんマシン02 そらをとぶ そらをとぶ
ひでんマシン05 きりばらい
ひでんマシン06 いわくだき

人から教えてもらえるわざ

第四世代 第五世代
DP Pt HGSS BW B2W2
ずつき × × × ×
スピードスター × × ×
ゴッドバード × × ×
いびき × ×
どろかけ × × ×
ころがる × × ×
ねごと × × × ×
いやしのすず × × ×
たつまき × × ×
げんしのちから × × ×
ねっぷう × ×
トリック × ×
マジックコート × × ×
がむしゃら × ×
ハイパーボイス × × × ×
エアカッター × × ×
シグナルビーム × ×
ほしがる × × × ×
はねやすめ × × × ×
おいかぜ × × ×
とっておき × ×
ドレインパンチ × × × ×
しねんのずつき × ×
あやしいかぜ × × ×

その他の場所で覚えるわざ

入手方法・入手可能な最低レベル

バージョン 単体 通信
ダイ・パ・プラ・HG・SS Lv.2 トゲチックひかりのいしを使う。 Lv.2 トゲチックにひかりのいしを使う。

備考

  • ポケモンずかんの色:白
  • 第六世代ではノーマルタイプがフェアリータイプになった。

アニメにおけるトゲキッス

マンガにおけるトゲキッス

ポケットモンスターSPECIALにおけるトゲキッス

ポケモンカードにおけるトゲキッス

一般的な育成論

特攻種族値にすぐれ耐久力も高いなど優秀なステータスを有する。攻撃種族値は低いので基本的に特殊技をメインとすることになる。特性てんのめぐみを用いた戦法は余りにも有名。

攻撃技はひこうタイプのエアスラッシュ、フェアリータイプのマジカルシャインがほぼ確実に採用される。タイプ一致技である事は勿論だが、前者は何より命中した場合相手は60%の確率で怯むため、威力以上に強力な技となる。追加効果の性質上先手を取ることが重要になるので、持ち物のこだわりスカーフもしくは補助技のでんじはを併用したい。他にはだいもんじはどうだんくさむすびなどが候補となる。またダブルバトルの場合は、だいもんじよりも威力が低くなるが2体同時に当てられるねっぷうの方が良い場合もある。他にも、こだわりスカーフを用いるならば唯一の電気タイプへの対抗策になりうるめざめるパワー(じめん)を採用する場合もある。

補助技としてはこだわりスカーフを持たせている場合はトリックを使って受け渡す作戦が有効。持たせない場合は回復技のはねやすめあさのひざしタマゴうみからいずれかを採用したい。どの技もメリット・デメリットはあるものの、安定して使うならはねやすめの方が採用されやすい。ただし、先手で使う場合はじめんタイプの技に注意すること。ほかにもわるだくみアンコールあくびリフレクターバトンタッチあまえるなど候補は多数存在する。

一方でもう1つの特性のはりきりを使う場合は、こだわりハチマキを持たせてしんそくを打ち込んだり、みがわりきあいパンチのコンボでダメージを与えるケースがよく見られる。ただしどちらもゴーストタイプが相手だと無効化されてしまうので、その2つの技の補佐として、また命中率重視も兼ねてつばめがえしを覚えさせておくといい。ゴッドバードもあるが、パワフルハーブがない限り2ターン使わなければならない上、命中率も90からはりきりによって72まで下がり、余計に当たりづらくなるため、採用はされにくい。きあいパンチは第四世代でしか取得できないので、持っていない場合はかわらわりドレインパンチすてみタックルなどで補う必要がある。こだわりハチマキを持たせている場合はこだわりスカーフ同様にトリックで相手の技を縛りに行くのもよい。

第六世代ではタイプ変更で唯一のフェアリーひこうタイプを有するポケモンとなったため、弱点にどくはがねが追加され前作よりも弱点を突かれやすくなってしまったが、むしかくとうにさらに耐性がつくようになり、ガブリアスフライゴンなどのメインウエポンも両方無効化できる点では大幅に強化された。 しかし弱体化した点も大きく、ノーマルタイプのポケモンでなくなったためにノーマル攻撃技の火力が減少した事については要注意。特に上記のはりきり型についてはしんそくの火力減少が大きな痛手となる他、有利に繰り出せる相手も変わっている点にも注意が必要。

夢特性はきょううん。この場合はピントレンズを持たせて戦わせることが多いが、恩恵を受ける技が少ないため採用されにくい。

関連項目

この項目はポケモン図鑑プロジェクトによって作成されています。