ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

スマートフォン利用の方は最下部のリンクにて、モバイル/デスクトップ表示の切り替えが可能です。

みず

提供: ポケモンWiki
移動先:案内検索

みず(水)、タイプの一種。

概要

河川や海を生息地とする水棲生物をモチーフとしたポケモンが多くこのタイプに分類されている。そのため水上移動や釣りで入手する形になりやすいのが特徴である。

御三家のタイプの1つでもあり、第六世代以前はひでんわざを覚えるポケモンとして必要だったため、ストーリーで手持ちに入ることの多いタイプだったと言えるだろう。なみのりはひでんわざ随一の性能を誇り、これを覚えたみずタイプがストーリー中盤以降の主力になることも多い。ただ、序盤ではくさタイプのポケモンが出現することが多いため、他にポケモンを捕まえておかないとゲームを進めるのに少々苦労する。

ポケモンの種類が広範囲に渡るので一概には言えないが、主にHPとくこうとくぼうの耐久が高く、すばやさはやや控えめである。さらに弱点が2つと少なめで、耐性は4つと多め。大半のみずポケモンがわざマシンこおりタイプの技を習得するため、みずタイプの技を半減するくさドラゴンタイプにも対抗が可能である。多少耐久に重きを置いているが攻防共にバランスが取れており、厳しい対戦環境下でもよく使われるタイプの一つでもある。

ポケモンの種類が最も多いタイプであるために競争が激しい。技構成がみず技+こおり技+へんかわざといった形にテンプレ化しやすいことも一因か。十分な実力を持っているにも関わらず、それより優れた能力を持つポケモンがいるために使われていないというケースはしばしば見受けられる。みず単タイプではスイクンミロカロスが古くから争っている。上位禁止や特定のポケモンが制限されるルールであれば、普段見ないようなみずタイプのポケモンが活躍することも多い。

天候状態ならばみずタイプの技が強化され、比較的所持数の高い特性すいすいも発動するため、突破力が増す。

ポケモンカードゲームではタイプに分類される。

ポケモンとしてのみずタイプ

このタイプを持つポケモンについてはCategory:みずポケモンを参照。

みずのみ

相性

凡例   ×○ × ×△ ××
本編 / ノブナガ ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00
ダンジョン(救助隊) ×2.25 ×1.50 ×1.35 ×1.00 ×0.90 ×0.81 ×0.75 ×0.50 ×0.45 ×0.25
ダンジョン(探検隊) ×1.96 ×1.40 ×0.99 ×1.00 ×0.71 ×0.49 ×0.70 ×0.50 ×0.35 ×0.25

初出:第一世代

一覧

+ノーマル

相性

×
凡例   ×○ × ×△ ××
本編 / ノブナガ ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00
ダンジョン(探検隊) ×1.96 ×1.40 ×0.99 ×1.00 ×0.71 ×0.49 ×0.70 ×0.50 ×0.35 ×0.25

初出:第四世代

一覧

+ほのお

相性

凡例   ×○ × ×△ ××
本編 ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00

初出:第六世代

一覧

+でんき

相性

凡例   ×○ × ×△ ××
本編 / ノブナガ ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00
ダンジョン(救助隊) ×2.25 ×1.50 ×1.35 ×1.00 ×0.90 ×0.81 ×0.75 ×0.50 ×0.45 ×0.25
ダンジョン(探検隊) ×1.96 ×1.40 ×0.99 ×1.00 ×0.71 ×0.49 ×0.70 ×0.50 ×0.35 ×0.25

初出:第二世代

一覧

+くさ

相性

凡例   ×○ × ×△ ××
本編 / ノブナガ ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00
ダンジョン(救助隊) ×2.25 ×1.50 ×1.35 ×1.00 ×0.90 ×0.81 ×0.75 ×0.50 ×0.45 ×0.25
ダンジョン(探検隊) ×1.96 ×1.40 ×0.99 ×1.00 ×0.71 ×0.49 ×0.70 ×0.50 ×0.35 ×0.25

初出:第三世代

一覧

+こおり

相性

凡例   ×○ × ×△ ××
本編 / ノブナガ ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00
ダンジョン(救助隊) ×2.25 ×1.50 ×1.35 ×1.00 ×0.90 ×0.81 ×0.75 ×0.50 ×0.45 ×0.25
ダンジョン(探検隊) ×1.96 ×1.40 ×0.99 ×1.00 ×0.71 ×0.49 ×0.70 ×0.50 ×0.35 ×0.25

初出:第一世代

一覧

+かくとう

相性

凡例   ×○ × ×△ ××
本編 / ノブナガ ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00
ダンジョン(救助隊) ×2.25 ×1.50 ×1.35 ×1.00 ×0.90 ×0.81 ×0.75 ×0.50 ×0.45 ×0.25
ダンジョン(探検隊) ×1.96 ×1.40 ×0.99 ×1.00 ×0.71 ×0.49 ×0.70 ×0.50 ×0.35 ×0.25

初出:第一世代

一覧

+どく

相性

第一世代

第二世代以降

凡例   ×○ × ×△ ××
本編 / ノブナガ ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00
ダンジョン(救助隊) ×2.25 ×1.50 ×1.35 ×1.00 ×0.90 ×0.81 ×0.75 ×0.50 ×0.45 ×0.25
ダンジョン(探検隊) ×1.96 ×1.40 ×0.99 ×1.00 ×0.71 ×0.49 ×0.70 ×0.50 ×0.35 ×0.25

初出:第一世代

一覧

+じめん

相性

×○
凡例   ×○ × ×△ ××
本編 / ノブナガ ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00
ダンジョン(救助隊) ×2.25 ×1.50 ×1.35 ×1.00 ×0.90 ×0.81 ×0.75 ×0.50 ×0.45 ×0.25
ダンジョン(探検隊) ×1.96 ×1.40 ×0.99 ×1.00 ×0.71 ×0.49 ×0.70 ×0.50 ×0.35 ×0.25

初出:第二世代

一覧

+ひこう

相性

×
凡例   ×○ × ×△ ××
本編 / ノブナガ ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00
ダンジョン(救助隊) ×2.25 ×1.50 ×1.35 ×1.00 ×0.90 ×0.81 ×0.75 ×0.50 ×0.45 ×0.25
ダンジョン(探検隊) ×1.96 ×1.40 ×0.99 ×1.00 ×0.71 ×0.49 ×0.70 ×0.50 ×0.35 ×0.25

初出:第一世代

一覧

+エスパー

相性

第一世代

×

第二世代以降

凡例   ×○ × ×△ ××
本編 / ノブナガ ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00
ダンジョン(救助隊) ×2.25 ×1.50 ×1.35 ×1.00 ×0.90 ×0.81 ×0.75 ×0.50 ×0.45 ×0.25
ダンジョン(探検隊) ×1.96 ×1.40 ×0.99 ×1.00 ×0.71 ×0.49 ×0.70 ×0.50 ×0.35 ×0.25

初出:第一世代

一覧

+むし

相性

凡例   ×○ × ×△ ××
本編 / ノブナガ ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00
ダンジョン(救助隊) ×2.25 ×1.50 ×1.35 ×1.00 ×0.90 ×0.81 ×0.75 ×0.50 ×0.45 ×0.25
ダンジョン(探検隊) ×1.96 ×1.40 ×0.99 ×1.00 ×0.71 ×0.49 ×0.70 ×0.50 ×0.35 ×0.25

初出:第三世代

一覧

+いわ

相性

凡例   ×○ × ×△ ××
本編 / ノブナガ ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00
ダンジョン(救助隊) ×2.25 ×1.50 ×1.35 ×1.00 ×0.90 ×0.81 ×0.75 ×0.50 ×0.45 ×0.25
ダンジョン(探検隊) ×1.96 ×1.40 ×0.99 ×1.00 ×0.71 ×0.49 ×0.70 ×0.50 ×0.35 ×0.25

初出:第一世代

一覧

+ゴースト

相性

× ×
凡例   ×○ × ×△ ××
本編 / ノブナガ ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00

初出:第五世代

一覧

+ドラゴン

相性

凡例   ×○ × ×△ ××
本編 / ノブナガ ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00
ダンジョン(救助隊) ×2.25 ×1.50 ×1.35 ×1.00 ×0.90 ×0.81 ×0.75 ×0.50 ×0.45 ×0.25
ダンジョン(探検隊) ×1.96 ×1.40 ×0.99 ×1.00 ×0.71 ×0.49 ×0.70 ×0.50 ×0.35 ×0.25

初出:第二世代

一覧

+あく

相性

×
凡例   ×○ × ×△ ××
本編 / ノブナガ ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00
ダンジョン(救助隊) ×2.25 ×1.50 ×1.35 ×1.00 ×0.90 ×0.81 ×0.75 ×0.50 ×0.45 ×0.25
ダンジョン(探検隊) ×1.96 ×1.40 ×0.99 ×1.00 ×0.71 ×0.49 ×0.70 ×0.50 ×0.35 ×0.25

初出:第三世代

一覧

+はがね

相性

第五世代まで

×

第六世代以降

×
凡例   ×○ × ×△ ××
本編 / ノブナガ ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00
ダンジョン(探検隊) ×1.96 ×1.40 ×0.99 ×1.00 ×0.71 ×0.49 ×0.70 ×0.50 ×0.35 ×0.25

初出:第四世代

一覧

+フェアリー

相性

×
凡例   ×○ × ×△ ××
本編 ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00

初出:第六世代

一覧

みずタイプの歴史

第一世代

くさタイプが冷遇タイプでマイナーだったため弱点は事実上でんきタイプのみという状態。しかも、みずタイプはコイキング以外全てのポケモンが最強技のふぶきを覚えるのでくさタイプに対抗可能であった。

環境では、エスパーと複合のスターミーが厨ポケとして君臨、こおりと複合のラプラスも優秀、二戦級だがギャラドスシャワーズもいた。それらが使用禁止になった99カップではヤドランドククラゲが特に使われていた。

第二世代

ほのおタイプの強化やバンギラスの登場などのおかげで、メインウェポンとしてタイプ一致のみず技を持つ機会が増えた。サブウェポンのふぶきは弱体化したが、あまごいの追加でみず技が強化されるようになった。ただその場合自身が弱点とするかみなりも必中化で怖くなるというジレンマに陥った。

スターミーラプラスは弱体化したものの、前者は壁貼りやそれなりに高めの特攻を活かして雨パに組み込まれるなど、現役を張り続け、後者はねむねごつのドリルという強力な戦法を得た。パルシェンは大幅な弱体化で一度存在価値をなくしたが、クリスタル以降はまきびし習得で対策必須なほどのレベルにまで救済された。前作では冷遇されていたオムスターはみずタイプ最高の特攻とすなあらしを絡められ、タイプが合わさって表舞台に立てるようになった。そしてドククラゲつるぎのまい習得に加えどくタイプとの複合が止めにくいことが再評価され、この中では特に強化された。 新勢力ではドラゴンの複合タイプや安定した能力が持ち味のキングドラ、クリスタル以降だが高い耐久力と昆布に組み込めるスイクンが特に優秀で、他を挙げるなら天敵のでんきタイプを無効化するじめんと複合のヌオーなどがいた。

第三世代

RS期の通常レギュレーションでは特性に頼らず純粋に種族値のみで勝負するミロカロスが人気であった。禁止級伝説にカイオーガが登場し、禁止級伝説が使用できるポケモンフェスタ2004環境ではカイオーガがみず枠の鉄板となった。コロシアムでまともな個体値のスイクンが手に入るようになり、FRLGシャワーズが解禁。シャワーズちょすいを獲得し、簡単にみずを完封できるようになった。コロシアムで実質的に解禁されたとはいえ、スイクンは厳選が困難なので個体値に依存しないプレッシャー耐久型がメインとなった。そのスイクンだが、展開期のオフ会環境では対策しないと対戦で勝てないとまで言われた。ダブルバトルではルンパッパが鉄板のポケモンとなり、ルンパッパを突破したいがためにヘドロばくだんが環境において需要を集めるようになった。

第四世代

技の物理特殊の分離によってギャラドスが念願のみず物理技を手に入れ、ダブルバトルにおけるトップメタとなった。また、ミロカロスはかえんだまさいみんじゅつの獲得によって、本格的にふしぎなうろこを活かせるようになって耐久型として開花した。依然としてダブルバトル環境ではルンパッパが活躍しており、ルンパッパのハイドロポンプがこの世代の通常環境における耐久調整の基準となった。第三世代の禁止級伝説解禁フォーマットではそれまでカイオーガ一強であったが、パルキアがGSダブルにおけるカイオーガのお供となってますますカイオーガは手が付けられなくなった。スイクン厳選難易度が高いためミロカロスで妥協するプレイヤーがそれまでは多かったが、HGSS乱数調整が確立されてからはスイクンが主流の座をミロカロスから奪った。世代末期にスイクン (クラウン)が解禁され、「零度スイクン」と呼ばれるそのスイクンが大会で結果を残した。

第五世代

あめふらしニョロトノの解禁によって、シングルバトルダブルバトル問わず雨パが大流行。雨パは対策必須のパーティとなった。また、新規ではおにびのろわれボディを活かした耐久型のブルンゲルが登場し、ウォッシュロトムが対戦で解禁された。さいせいりょくを得たヤドランてんねんを得たヌオーなど、この世代から確立された受けループにはみずのポケモンの活躍が目立った。

第六世代

マリルリはらだいこアクアジェットの両立可能化、フェアリータイプの追加によってトップメタ入りを果たした。一方で、新顔のゲッコウガへんげんじざいによる技範囲の広さから活躍。一方、あめふらしの弱体化、フリーズドライの登場などから雨パが下火になり、特にキングドラはその影響を最大限受けたことで環境の主流から距離を置くようになった。

第七世代

ペリッパーの通常特性にあめふらしが追加され、雨パが再燃。ペリッパーはとんぼがえりで退場できるうえにひこう持ちでありじしんに対して無償降臨が効くため、あめふらしの再発動が容易。第六世代以降あめふらしのターンが有限化したことによる制約を、ペリッパーはある程度克服したと言える。カプ・レヒレはシングルバトルでしぜんのいかりによる定数ダメージを、ダブルバトルではだくりゅうによるダメージ稼ぎと妨害を活かし、トップメタ入り。

USUM期になると、ダブルバトルではみずが使用率ベスト30に5体から7体程度入るなど活躍を続けていた。ところがシングルバトルでは、使用率3位を定位置としたゲッコウガ、使用率10位以内が定位置のカプ・レヒレ、使用率15位以内の水準にあるギャラドス以外が使用率ベスト30入りに恵まれなくなり、その3体にシングルバトルのみずポケモンが集約される状況となった。

わざとしてのみずタイプ

このタイプを持つわざについてはCategory:みずわざを参照。

半減三つ、弱点三つと攻撃タイプとしては悪くない。ただしみずタイプの技のほとんどはみずポケモンしか習得できない。

みずタイプのひでんマシンであるなみのりたきのぼりはひでんマシンの技でありながら単純に攻撃技としても性能が高く、ストーリー攻略・対戦共にみずタイプの技に困ることはない。

対戦における代表的なみずわざ

主な特殊技にはハイドロポンプ・なみのりが挙げられる。前者は威力重視、後者が命中重視と言ったところである。同じくみず特殊技で、マシンわざでもあるねっとうはこれらに比べてやや威力が劣るものの追加効果が優秀で、その効果からサポートや耐久戦法に向いている。

有用な物理技にはアクアテールたきのぼりがある。こちらも同じく前者が威力、後者が命中重視で採用される。命中率を考慮した期待される威力はそれほど変わらないので、追加効果や習得のしやすさも考慮するとたきのぼりの方が使われる機会が多い。第七世代では威力・命中からこの2つの技の中間と言えるアクアブレイクが登場し、ウルトラサン・ウルトラムーンで覚えられるポケモンが増えたため、同技も使われるようになった。とくこうよりこうげきに特化したみずポケモンも少なくないが、特殊技に比べると全体的に威力が劣っているところが悩みどころではある(先述したアクアブレイク登場後は少し上方修正されたが)。また先制攻撃技であるアクアジェットも存在する。アタッカーであるならば基本的に採用されるだろう。

みずタイプを好むポケモントレーナー

備考

  • ポケモンの数が一番多いタイプである。
  • 全てのタイプとの複合タイプが存在する。
  • 第五世代以降のみずタイプの御三家じしんを覚えられない。でんきタイプへの対抗が容易にできなくするための処置か。
  • こおり状態のポケモンにほのおタイプのわざを当てるとこおりがとけるが、やけど状態のポケモンにみずタイプのわざを当ててもやけどは解除されない(うたかたのアリアは除く)。それどころかやけど状態にするみずタイプのわざもある(ねっとうスチームバーストが該当)。
  • みずタイプに対してでんきタイプの技が効果抜群になることからも、イメージとして水は電気をよく通すと思われるが、これは水に含まれる不純物が電気を通しているのであって、純水は電気を通さない。

各言語版での名称

言語 名前
日本語 みず
ドイツ語 Wasser
英語 Water
スペイン語 Agua
フランス語 Eau
イタリア語 Acqua
韓国語 물 (Mul)
中国語(ゲーム) 簡体字 水 (Shuǐ)
繁体字 水 (Shuǐ)
中国語(その他) 大陸 水 (Shuǐ)
香港 水 (Séui)
台湾 水 (Shuǐ)
チェコ語 Vodní
デンマーク語 Vand
ギリシャ語 Νερού (Nerou)
フィンランド語 Vesi
ヘブライ語 מים (Mayim)
ヒンディー語 जल (Jal)
ハンガリー語 Víz
インドネシア語 Air
アイスランド語 Vatn
マレーシア語 Air
オランダ語 Water
ノルウェー語 Vann
ポーランド語 Wodny
ポルトガル語 ブラジル Água
Aquático
ポルトガル Água
ルーマニア語 Apă
ロシア語 Вода (Voda)
スウェーデン語 Vatten
タイ語 น้ำ (Nam)
トルコ語 Su
ベトナム語 Nước
タイプ
ノーマル - ほのお - みず - でんき - くさ - こおり - かくとう - どく - じめん
ひこう - エスパー - むし - いわ - ゴースト - ドラゴン - あく - はがね - フェアリー - ???