Pokémon GOおよび第七世代登場に関するお願い
Pokémon GOおよび第七世代登場に伴い、ポケモンWikiにおいて作成や修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、編集、訂正に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWiki10周年について
ポケモンWikiは2016年4月1日で10周年を迎えました。日頃のご利用に感謝するとともに、今後ともご利用いただけますようお願いいたします。なお、記念企画を検討中です。

こんじょう

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索

こんじょうは、ポケモンのとくせいの一種。

効果

所有ポケモン:そのポケモンの別のとくせい

隠れ特性で所有

こんなときに使おう

  • 状態異常になることが前提だが、相手の変化技待ちではあまりに悠長で不安定であるため、かえんだまどくどくだまを持って能動的に状態異常になるのが基本。ダブルバトルならパートナーにどくどくをかけてもらうのもよい。
  • 他に積極的に採用する特性がない場合、基本的にこの特性が採用されるケースが多い。この特性を持っているだけで、状態異常にする技の使用を躊躇わせることが働きがある。
  • 持っていると勝手にまひになる道具は存在しないので、どくどくだまかかえんだまのどちらかを使うことになるが、どちらがより適しているかは好みで分かれる。
    • ダメージ量的には、やけど・もうどくになってから3ターン以内に交代または倒されて退場する事が多いのであれば、どくどくだまでもうどくになる方がダメージは少ない。4ターン以上居座ることが多いならばやけどの方がダメージは少ない。
    • かえんだまはトリック等で押し付けると言う使われ方もするので、パーティにそういった戦法を取るポケモンがいる場合、どくどくだまを使わざるを得ない。
    • 逆にポイズンヒールを利用するポケモンがパーティにいる場合、どくどくだまをそちらに回す事になるので、必然的にかえんだまになる。
    • ブースターの場合、ほのおタイプであるがためにかえんだまを持たせてもやけどになれないため、どくどくだまを使わないといけない。
    • リングマはもうひとつの特性・はやあしの場合でもこの手の道具を利用するが、どちらか見破られにくくするためにどくどくだまが推奨される(はやあしではやけどの物理ダメージ半減を無視できないため、かえんだまが選ばれる事はまず無い)。
  • からげんきは同じく状態異常で効果がアップするので、併用できると強力。
  • ミイラを始めとした、特性を書き換えてしまう特性や技に注意。特にかえんだまによるやけどを利用している場合、特性を消されて攻撃1.5倍の効果がなくなった上に、やけどの物理ダメージ半減効果を無視できなくなり、特性を書き換えられる前に比べて攻撃力が1/3にまで落ちてしまう。

備考

  • ねむりこおりの時でも攻撃は1.5倍になる。普通はこの状態異常にかかると行動自体出来ず、行動可能になる時は状態異常が解けてから行動をするので意味が無いが、状態異常時に繰り出せる技を使用することで恩恵が得られる。
  • こんらんメロメロなどの状態変化は状態異常としてカウントされない。どく・もうどく・まひ・やけど・ねむり・こおりのいずれかのみ。
  • アニメでは、シンジのリングマがこの特性を持っている。