Pokémon GOおよび第七世代登場に関するお願い
Pokémon GOおよび第七世代登場に伴い、ポケモンWikiにおいて作成や修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、編集、訂正に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWiki10周年について
ポケモンWikiは2016年4月1日で10周年を迎えました。日頃のご利用に感謝するとともに、今後ともご利用いただけますようお願いいたします。

状態異常

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索

状態異常(じょうたいいじょう)とは、ポケモンにかかり、様々な悪い効果を催す状態のこと。一般的には、バトル中表示されるまひこおりやけどどくねむりひんしを指す。また、こんらんも状態異常に含める場合がある。

ポケモンカードでは特殊状態と呼ばれ、どくやけどねむりマヒこんらんを指す。

状態異常の効果

  • 状態異常による効果は、HPが減る、攻撃ができなくなるといった目に見えるものや、目には見えない能力の低下などがある。詳しくは、それぞれの状態異常を参考されたい。
  • なお、どく・やけどによるダメージを受けるのはわざを繰り出した直後だったが、第三世代からはターンが終わるときになった。

状態異常の発生と回復

状態異常の予防

  • 特定のタイプや、とくせいを持つポケモンは、状態異常にならない。例えば、どくタイプは、どく状態にならない。
    • ただし、第一世代第二世代ダブルニードルを受けると、どくやはがねタイプのポケモンでもどく状態になり、トライアタックを受けるとほのおタイプのポケモンでもやけど状態になったり、こおりタイプのポケモンでもこおり状態になる。すなわち、わざのタイプと受けるポケモンのタイプが同じときのみ、状態異常の発生が起こらないということである。第三世代以降は起こらない。
    • 状態異常になったまま進化して、その状態異常に対して予防となるタイプやとくせいを持ったとしても、状態異常は回復しない。
    • 特定の状態異常を予防できるタイプや特性のポケモンでも、戦闘中、一時的にタイプや特性を変えられて、本来受けないはずの状態異常に一度かかってしまった場合、元のタイプや特性に戻っても状態異常は回復しない。
    • 特定の状態異常を回復する効果のある特性の場合、一時的に特性を変えられたり、かたやぶりなどで状態異常にかかったとしても、元の特性の効果が発動できるようになった時点で状態異常を回復できる。
  • 既に何かの状態異常になっているとそれ以上他の状態異常にならなくなることを利用し、わざと自分でかえんだまなどの道具を持って状態異常にかかることで、状態異常を受け付けない状態になれる。普通のポケモンでやっても「自らなった状態異常」による不利益を受けるためあまり意味が無いが、マジックガードポイズンヒールこんじょうなどの、デメリットを単純に受け付けない、またはデメリットをメリットに変えることができる特性を持つポケモンならば有効。

状態異常一覧

関連項目