ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

スマートフォン利用の方は最下部のリンクにて、モバイル/デスクトップ表示の切り替えが可能です。

バインド

提供: ポケモンWiki
移動先:案内検索

バインドとは、ポケモンの状態変化の一つ。

第六世代までは、しめつける状態と呼ばれていた。

バインドの効果

第一世代

  • 技が出せなくなる(交代は可能)。

第二世代以降

バインドの発生

相手に発生

相手全体に発生

バインドの回復

説明文

第七世代第八世代
しめつけられて まいターン ダメージを うける。
しめつけられて 毎ターン ダメージを 受ける。

備考

第一世代のみ

  • 相手がバインド状態になっている間は、バインド状態にするわざを使った側のポケモンは他のわざが使えなくなる(第一世代のみ)。
    • バインド状態のポケモンがいる間にどちらかのポケモンが交代した場合、通常の交代と異なり、そのターンは交代しなかったポケモンもわざが使用できない(ポケモンスタジアム2のみ)。
  • バインド状態になるとはかいこうせんの反動が無くなる(第一世代のみ)。
  • バインド状態になっているポケモンターンがバインド状態にしているポケモンのターンとみなされる(VC版含む後期版とVC版)。
    • よってこの場合、バインド状態になっているポケモンの状態異常状態変化によるダメージは発生しない。
  • バインド状態2ターン目かそれ以降に交代(その交代元のポケモンをAとする)し、交代と同時にねむりとなると、ねむりとなった側(以下B)にねむりのチェックが入らなくなることがある。その後も、Aに交代→Bに交代して「たたかう」を選ぶ、を繰り返している内に同様のターンスキップがが起こることもあり、治ることもある(VC版第一世代)。
  • 継続ターン数が1ターン・2ターンになる確率はそれぞれ3/8、3ターン・4ターンになる確率はそれぞれ1/8(第一世代のみ)。
  • 赤・緑ピカチュウではバインドの判定が異なるため、通信対戦で非同期が生じる場合がある。

第二世代以降

関連項目