ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

スマートフォン利用の方は最下部のリンクにて、モバイル/デスクトップ表示の切り替えが可能です。

ダークホール

提供: ポケモンWiki
移動先:案内検索
ダークホール
第四世代
タイプ あく
分類 変化
威力 -
命中率 80(第六世代まで)
→50(第七世代以降)
PP 10
範囲 相手全体
直接攻撃 ×
効果
相手をねむり状態にする。ダークライ以外が使うと失敗する(第七世代以降)。
Zワザによる付加効果
自分の下がった能力を元に戻す。
判定
アピールタイプ かしこさ
アピール(DP) ♡♡
アピール効果(DP)
そのターン中、ボルテージが下がらなくなる。
アピール(ORAS) ♡♡
妨害 (ORAS)  
ダークホール
 からのコンボ
 (ORAS)
あくむ
たたりめ
めざましビンタ
ゆめくい
アピール効果(ORAS)
自分より後にアピールするポケモン全員を緊張させる。

ダークホールは、ポケモンの技の一種。

説明文

たたかうわざ

  • 第四世代第五世代:あんこくの せかいに ひきずり おとして あいてを ねむりの じょうたいに する。
  • 第六世代第七世代:あんこくの せかいに ひきずり おとして あいてを ねむり じょうたいに する。
  • 第六世代第七世代(漢字):暗黒の 世界に ひきずり 落として 相手を 眠り状態に する。

コンテストわざ

  • 第四世代:その ターンでは ボルテージが へらなくなる。
  • 第六世代:このあと アピールする ポケモン みんなを きんちょう させる
  • 第六世代(漢字):このあと アピールする ポケモン みんなを 緊張させる

使用ポケモン:覚える方法

レベルアップ

ポケモン名 ソフト
DPt/HGSS BW/B2W2 XY/ORAS SM/USUM
ダークライ 66 66 66 66

こんなときに使おう

ダブルバトルマルチバトルトリプルバトルでは相手を2匹以上同時に眠らせることが可能な唯一の技であり、シングルバトルで使う場合もさいみんじゅつより命中が高く、これより命中が高いのはキノコのほうしだけだった(第六世代まで)。ねむりに関する制限がない公式ルールでの対戦などではよく用いられた。

この技はダークライか、ダークライからスケッチしたドーブルしか覚えることができない。第六世代までの通信対戦では、一般ルールでダークライはほとんど使用禁止であり、実質的にドーブルの専用技であったため、ドーブルを見るとまず警戒される技であった。

第七世代でダークライ以外が使用した場合は失敗するようになったため、ダークライが出場可能なフリーバトルを除いた通信対戦で見られることはなくなった。さらに命中率も大幅に下げられ、ダブルバトルで相手2体が対象になる以外さいみんじゅつに劣るこの技はダークライにすら採用されないことが多くなっている。さいみんじゅつはおろか、眠らせる技で最も低かったうたうくさぶえよりも低くなってしまった。

ポケモンカードゲームにおけるダークホール

サマヨールex (QCP)ポケボディーとして登場する。

その後、ダークライ (PBG)のワザとして登場。ダメージを与えつつ、コイントスでオモテなら相手をねむりにできる。

ポケモン不思議のダンジョンにおけるダークホール

探検隊
PP8。部屋全体の敵をすいみんじょうたいにする。
マグナゲート
部屋全体の敵を眠らせるわざ。
ダークライの固有技であるうえ、マグナゲートではゆびをふるの使い手もいないので、マグナゲートではこのわざは存在しないものと思われる。

アニメにおけるダークホール

ポケモン エフェクト
使用者 初出話 備考
ダークライ
野生 ディアルガVSパルキアVSダークライ わざの初出
タクト DP編第189話

備考

  • ダークライ専用技
  • 第六世代以前では使用ポケモンに制限はなかったが、第七世代以降はダークライ以外が使うと失敗するようになった。
    • ダークライにへんしんしたポケモンが使った場合は成功する。
    • 他のポケモンのゆびをふるねこのてオウムがえしでダークホールが選ばれた場合は失敗する。
    • ダークライが使ったダークホールを他のポケモンがマジックコートで跳ね返す場合は他者の使用と見做されず、跳ね返されるダークホールも成功する。
  • かつては使用禁止技になったこともある技である。ブラック・ホワイトのランダムマッチフリーでは2011年12月27日から、レーティングでは翌28日から使用禁止技に指定されることになった。Wi-Fi大会での使用も禁止となる[1]
    • 第六世代では特に使用制限はない。
  • 相手(または自分)をねむり状態にするわざで唯一あくタイプ。ほかはノーマルくさエスパーのいずれか。
  • 第七世代以降の命中率50%はへんかわざ専用技あくタイプに分類されるわざの中で最も低い。

大乱闘スマッシュブラザーズにおけるダークホール

各言語版での名称

言語 名前
日本語 ダークホール
英語 Dark Void
ドイツ語 Schlummerort
フランス語 Trou Noir
イタリア語 Vuototetro
スペイン語 Brecha Negra
韓国語 다크홀 (Dark Hole)
中国語(台湾国語・普通話) 暗黑洞 (Ànhēi ​Dòng, ゲーム)
黑洞 (Hēi​dòng, 第七世代以前)​
中国語(広東語) 暗黑洞 (Amhāk Duhng, ゲーム)
黑洞 (Hākduhng, 第七世代以前)​
ギリシャ語 Σκοτεινό Κενό (Skoteinó Kenó)
インドネシア語 Dark Void
オランダ語 Duistere leegte
ポーランド語 Ciemna Pustka
ポルトガル語 Vácuo Negro
Vazio Negro
スペイン語(ラテンアメリカ) Abismo Negro

脚注

関連項目