ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

テクスチャー2

提供:ポケモンWiki
ナビゲーションに移動検索に移動
テクスチャー2
第二世代
タイプ ノーマル
分類 変化
威力 -
命中率 -
PP 30
範囲 自分(第四世代まで)
→1体選択(第五世代以降)
優先度 0
直接攻撃 ×
効果
自分のタイプを、自分が直前に受けた技のタイプを半減か無効にするタイプに変える(第四世代まで)
→自分のタイプを、相手が直前に使った技のタイプを半減か無効にするタイプに変える(第五世代以降)。
判定
Zワザによる付加効果
自分のHPを全回復する。
パレス じぶん
アピールタイプ うつくしさ
アピール (RSE) ♡♡
妨害 (RSE)  
アピール効果(RSE)
自分より1つ前のポケモンとわざのタイプが同じであったら、追加されるハートが3倍になる。
アピール(DPt)
アピール効果(DPt)
自分の評価が1番低いと、ハートが3つ追加される。
アピール(ORAS) ♡♡
妨害 (ORAS)  
アピール効果(ORAS)
自分より1つ前のポケモンとわざのタイプが同じであったら、追加されるハートが3倍になる。
ショーポイント(BDSP) 3
アピール追加効果 (BDSP)
15秒の間ノーツ判定が失敗にならない。

テクスチャー2は、ポケモンの技の一種。

説明文

たたかうわざ

第二世代ルビー・サファイアエメラルド
うけたわざの タイプを じぶんの ていこうりょくに かえる
ファイアレッド・リーフグリーン
あいてから さいごに くらった わざの こうかが いまひとつに なるように じぶんの タイプを かえる。
第四世代
じぶんの タイプを さいごに うけた わざに ていこう できる タイプに へんか させる。
第五世代第六世代第七世代第八世代
あいてが さいごに つかった わざに ていこう できる ように じぶんの タイプを へんか させる。
(漢字) 相手が 最後に 使った技に 抵抗できる ように 自分の タイプを 変化させる。

コンテストわざ

第三世代
1つまえの ポケモンの アピールと タイプが おなじなら きにいられる
第四世代
じぶんの ポケモンの ひょうかが いちばん ひくいと +3される。
第六世代
1つまえの ポケモンの アピールと タイプが おなじなら きにいられる
(漢字) 1つ前の ポケモンの アピールと タイプが 同じなら 気に入られる
第八世代
15びょうの あいだ ノーツはんていが しっぱいに ならない
(漢字) 15秒の 間 ノーツ判定が 失敗に ならない

使用ポケモン:覚える方法

レベルアップ

ポケモン名 ソフト
金銀ク RSE/FRLG DPt/HGSS BW/B2W2 XY/ORAS SM/USUM SwSh/BDSP
ポリゴン 1 1 1 1 1 1 25
ポリゴン2 1 1 1 1 1 1 25
ポリゴンZ 7- 4- 1 1 1 1 25
凡例
移:進化前のポケモンに技を覚えさせた後、該当世代に移送してから進化させることで覚える。

こんなときに使おう

変化するタイプは基本的にはランダムで、狙いのタイプに変われるとは限らない。相手の行動を一度は許す必要がある点もデメリットとなる。

ポケモン不思議のダンジョンにおけるテクスチャー2

救助隊探検隊冒険団
PP22。自身をテクスチャー2じょうたいに変える。テクスチャー2じょうたいになると、受けた技のタイプを半減か無効にするタイプに変わるようになる。効果は10ターン続く。
マグナゲート
覚えるポケモンが登場していない。
超不思議
PP15。自身のタイプを相手が直前に使った技のタイプを半減か無効にするタイプに変える。テクスチャー2じょうたいは廃止された。

ポケモンカードゲームにおけるテクスチャー2

自分抵抗力を好きな色に変えるワザとして登場する。

マンガにおけるテクスチャー2

ポケットモンスターSPECIALにおけるテクスチャー2

技の仕様

  • 対象となる技を半減か無効にするタイプが複数ある場合、ランダムで選ばれた1つのタイプに変わる。
  • タイプを2つ持つポケモンが使った場合、変更後のタイプは1つだけになる。
  • 第四世代以降では、現在のタイプには変更されない。抵抗がある全てのタイプを現在所持している場合は失敗する。
  • 変化技に対して使った場合でもそのタイプの相性を考慮する。
  • 他の技が出る技に対して使った場合、選ばれた技のタイプを考慮する。
  • 特性プラズマシャワーそうでん状態の効果でタイプが変化した技に対して使った場合、変化後のタイプを考慮する。
  • 交代するか、ひんしになるか、戦闘が終了するとタイプは元に戻る。

第二世代~第四世代

第五世代以降

  • 場に出てからまだ技を使用していないポケモンに対して使った場合は失敗する。
  • みがわり状態やまもる状態を無視する。しかしトリックガードダイウォールには防がれる。
  • 必中技だが、姿を隠している相手には当たらない。
  • もりののろいハロウィンで追加されているタイプも自身のタイプとして考慮に入れる。テクスチャー2で他のタイプに変わるともりののろい・ハロウィンの効果は消える。追加されているタイプにテクスチャー2で変わることはない。タイプが追加されたことで、対象の技に抵抗がある全てのタイプを持つことになっている場合はテクスチャー2は失敗する。
  • さかさバトルならばさかさバトルの相性に基づいて抵抗が決まる。
  • さかさバトルにおけるノーマルタイプに対して使ったときなど、抵抗を持つタイプが存在しない場合、テクスチャー2は失敗する。
  • わるあがきに対して使うと、テクスチャー2は失敗する。
  • タイプが無いポケモンのめざめるダンスに対してテクスチャー2は失敗する(めざめるダンス#技の仕様も参照)。
  • フリーズドライに対して使用すると、技の効果は考えずにみずタイプになることがある。
  • フライングプレスに対して使用すると、技の効果は考えずにむしタイプになることがある。
  • サウザンアローに対して使用すると、技の効果は考えずにひこうタイプになることがある。
  • 失敗したダイウォールに対して使用した場合、ダイウォールのベースとなった技のタイプに関係なく、ノーマルタイプに抵抗を持つタイプに変わる。

備考

各言語版での名称

言語 名前
日本語 テクスチャー2
英語 Conversion2
ドイツ語 Umwandlung2
フランス語 Conversion2
イタリア語 Conversione2
スペイン語 Conversión2
韓国語 텍스처2
中国語(普通話・台湾国語) 纹理2
ポーランド語 Conversion2

関連項目