第七世代(サン・ムーン)登場に関するお願い
サン・ムーン発売Pokémon GOの更新に伴い、ポケモンWikiにおいて新規投稿や加筆修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

アカウント作成時のエラーについて
アカウント作成時に、メールアドレスを入力しなければアカウントが作成できない不具合がありました。現在は解消済みです。

かたきうち

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索
かたきうち
第五世代
タイプ ノーマル
分類 物理
威力 70
命中率 100
PP 5
範囲 1体選択
直接攻撃
効果
味方がひんしになった次のターンに使うと、威力が2倍になる。
判定
わざマシン わざマシン67(第五世代第六世代)

かたきうちは、ポケモンの技の一種。

説明文

  • 第五世代:たおれた みかたの かたきを うつ。まえの ターンに みかたが たおされて いると いりょくが あがる。
  • 第五世代(漢字):倒れた 味方の かたきを 討つ。前の ターンに 味方が 倒されていると 威力が あがる。

使用ポケモン : 覚える方法

レベルアップ

ポケモン名 ソフト
BW B2W2 XY/ORAS SM
ガーディ Lv.48 Lv.32 Lv.32 Lv.32
カラカラ Lv.47 Lv.47 Lv.47
ガラガラ Lv.59 Lv.59 Lv.59
ミジュマル Lv.37 Lv.37 Lv.37
フタチマル Lv.44 Lv.44 Lv.45
ダイケンキ Lv.50 Lv.50 Lv.51
ヨーテリー Lv.29 Lv.29 Lv.29
ハーデリア Lv.33 Lv.33 Lv.33
ムーランド Lv.36 Lv.36 Lv.36
ダゲキ Lv.37 Lv.37 Lv.29
コバルオン Lv.31 Lv.31 Lv.19
テラキオン Lv.31 Lv.31 Lv.19
ビリジオン Lv.31 Lv.31 Lv.19
ケルディオ Lv.31 Lv.31 Lv.31
トリミアン - Lv.33 Lv.33
ヒトツキ - Lv.26 Lv.26
ニダンギル - Lv.26 Lv.26

わざマシン

ポケモン名 5 6
コラッタ
ラッタ
ピッピ
ピクシー
プリン
プクリン
ニャース
ペルシアン
マンキー
オコリザル
ガーディ
ウインディ
ワンリキー
ゴーリキー
カイリキー
カモネギ
カラカラ
ガラガラ
サワムラー
エビワラー
ベロリンガ
ラッキー
ガルーラ
ケンタロス
イーブイ
シャワーズ
サンダース
ブースター
カビゴン
ミュウ
オタチ
オオタチ
トゲチック
エイパム
エーフィ
ブラッキー
ヤミカラス
キリンリキ
ノコッチ
ブルー
グランブル
ヘラクロス
ニューラ
ヒメグマ
リングマ
デルビル
ヘルガー
オドシシ
バルキー
カポエラー
ミルタンク
ハピナス
ヨーギラス
サナギラス
バンギラス
ポチエナ
グラエナ
ジグザグマ
マッスグマ
タネボー
コノハナ
ダーテング
キノガッサ
ナマケロ
ヤルキモノ
ケッキング
ゴニョニョ
ドゴーム
バクオング
マクノシタ
ハリテヤマ
エネコ
エネコロロ
ヤミラミ
アサナン
チャーレム
キバニア
サメハダー
パッチール
ノクタス
ザングース
ハブネーク
シザリガー
ポワルン
カクレオン
アブソル
ラティアス
ラティオス
モウカザル
ゴウカザル
ムクバード
ムクホーク
ビッパ
ビーダル
エテボース
ミミロル
ミミロップ
ドンカラス
ニャルマー
ブニャット
ミカルゲ
ゴンベ
リオル
ルカリオ
ドラピオン
グレッグル
ドクロッグ
マニューラ
ベロベルト
トゲキッス
リーフィア
グレイシア
エルレイド
レジギガス
ダークライ
アルセウス
ミジュマル
フタチマル
ダイケンキ
ミネズミ
ミルホッグ
ヨーテリー
ハーデリア
ムーランド
タブンネ
ドッコラー
ドテッコツ
ローブシン
ナゲキ
ダゲキ
ハハコモリ
メグロコ
ワルビル
ワルビアル
ズルッグ
ズルズキン
ゾロア
ゾロアーク
チラーミィ
チラチーノ
シキジカ
メブキジカ
コジョフー
コジョンド
クリムガン
コマタナ
キリキザン
バッフロン
ワシボン
ウォーグル
バルチャイ
バルジーナ
アイアント
コバルオン
テラキオン
ビリジオン
ケルディオ
メロエッタ
ハリマロン -
ハリボーグ -
ブリガロン -
シシコ -
カエンジシ -
メェークル -
ゴーゴート -
ヤンチャム -
ゴロンダ -
トリミアン -
ヒトツキ -
ニダンギル -
ギルガルド -
マーイーカ -
カラマネロ -
ニンフィア -
ルチャブル -
デデンネ -

こんなときに使おう

  • 威力140をノーリスクで出せるのは美味しいが、条件がかなり限定的である。オオスバメによるからげんきのコンボに比べるとどうしても、ラッシュ力が劣るので、効果的に運用するには戦略をよく練る必要がある。
  • じばくだいばくはつみちづれいのちがけいやしのねがいなど、自身の技の代償で瀕死になった場合や、ほろびのうたによって瀕死になった直後に使用した場合でも威力アップの効果は発動するので、これらを使うポケモンとチームを組むといい。また、効果を狙える機会が増える分、使用ポケモンが多いルールのほうが、威力を発揮する。勿論、一番手のポケモンに覚えさせてはいけない。
  • ムクホークなら、一番手のポケモンが瀕死になる⇒場に出てかたきうち⇒とんぼがえりで撤退⇒別のポケモンが瀕死に⇒再び場に出てかたきうち…… というコンボが考えられる。
  • とっておきとの相性が非常によく、この二つの技だけで挑む冗談のような型もあるが、タイプ一致で等倍さえ取れれば威力の期待値はどちらも210。タイプ不一致の効果は抜群の技が、サイコキネシスやかえんほうしゃなどで190。じしんやストーンエッジで200であることを考えると鋼・ゴースト・岩タイプが手持ちにいなければ意外と侮れない。相手が常に効果抜群の攻撃を放ってくると考えれば非常に恐ろしい存在と言えよう。

ポケモンカードゲームにおけるかたきうち

「自分のサイドの枚数が、相手のサイドの枚数より多いなら、多いサイドの枚数×10ダメージを追加する。」という効果の攻撃ワザとして登場する。

のちに「前の相手の番に、ワザのダメージで、自分のポケモンがきぜつしていたらダメージを追加」という本編に似た効果になった。

ポケモン不思議のダンジョンにおけるかたきうち

マグナゲートと∞迷宮
普通の攻撃わざになっているが、繰り出した後に仲間が倒されるとこうげきが大きく上がる。

備考

関連項目