第七世代(サン・ムーン)登場に関するお願い
サン・ムーン発売Pokémon GOの更新に伴い、ポケモンWikiにおいて新規投稿や加筆修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

アカウント作成時のエラーについて
アカウント作成時に、メールアドレスを入力しなければアカウントが作成できない不具合がありました。現在は解消済みです。

ブースター

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索
ブースター
Booster
英語名 Flareon
全国図鑑 #136
ジョウト図鑑 #183
ホウエン図鑑 #291
シンオウ図鑑 #166
新ジョウト図鑑 #187
イッシュ図鑑 #-
新イッシュ図鑑 #094
セントラルカロス図鑑 #-
コーストカロス図鑑 #080
マウンテンカロス図鑑 #-
新ホウエン図鑑 #-
アローラ図鑑 #126
メレメレ図鑑 #-
アーカラ図鑑 #053
ウラウラ図鑑 #-
ポニ図鑑 #-
分類 ほのおポケモン
タイプ ほのお
たかさ 0.9m
おもさ 25.0kg
とくせい もらいび
隠れ特性 こんじょう
タマゴグループ りくじょう
タマゴの歩数 8960歩
獲得努力値 攻撃+2
基礎経験値 第四世代以前:198
第五世代:184
最終経験値 1000000
性別 87.5% ♂ ・ 12.5% ♀
捕捉率 45
初期なつき度 70
外部サイトの図鑑

ブースターとはぜんこくずかんのNo.136のポケモンのこと。初登場はポケットモンスター 赤・緑

進化

ポケモンずかんの説明文

赤・緑ファイアレッドY
たいないに ほのおぶくろが あり ふかく いきを すいこんだあと 1700どの ひを はく。
(漢字) 体内に 炎袋が あり 深く 息を 吸い込んだあと 1700度の 火を 吐く。
リーフグリーン
からだに ほのおを ためてるとき たいおんが 900ど いじょうに あがるので ひじょうに きけん。
ピカチュウ
たいないに ほのおぶくろが あって すいこんだ いきを 1700どの ほのおにして くちから はきだす。
ハートゴールド
すいこんだ くうきの いちぶは たいないの ほのおぶくろに おくられ 1700どの ほのおに なる。
ソウルシルバー
くびのまわりの ふかふかした たいもうを ひろげ 900どまで あがった たいおんを さましている。
クリスタル
たいないに ほのおが たまると ブースターの たいおんも さいこう 900ど まで あがっていく。
ルビー・サファイアエメラルドオメガルビー・アルファサファイア
ふさふさの たいもうは あがりすぎた たいおんを くうきに ほうねつして さげる きのうを もつ。たいおんは さいこう 900ど まで あがるぞ。
(漢字) ふさふさの 体毛は 上がり過ぎた 体温を 空気に 放熱して 下げる 機能を 持つ。体温は 最高 900度 まで 上がるぞ。
ダイヤモンド・パールX
たいないに ほのおぶくろを もつ。 たたかいが はじまる ちょくぜんには たいおんが 900どまで あがる。
(漢字) 体内に 炎袋を 持つ。 戦いが はじまる 直前には 体温が 900度まで あがる。
プラチナブラック・ホワイト
すいこんだ いきは たいないの ほのおぶくろで 1700どに まで ねっせられて ほのおと なる。
(漢字) 吸い込んだ 息は 体内の 炎袋で 1700度に まで 熱せられて 炎と なる。
ブラック2・ホワイト2
すいこんだ くうきを たいないの ほのおぶくろに おくりこみ 1700どの ほのおにして ふく。
(漢字) 吸いこんだ 空気を 体内の 炎袋に 送りこみ 1700度の 炎にして 吹く。
サン
(漢字) 木の実や 獲物を 捕まえると 炎を 吹いて ウェルダンぐらいに なるまで 焼きあげてから ガブリ。
ムーン
へいきんたいおん 7~800ど。 たいないに ある ほのおぶくろでは 1700どの ほのおが もえている。
(漢字) 平均体温 7〜800度。体内に ある 炎袋では 1700度の 炎が 燃えている。
サン
(漢字)
ムーン
(漢字)

種族値

第1世代

HP: 65
 
こうげき: 130
 
ぼうぎょ: 60
 
とくしゅ: 110
 
すばやさ: 65
 

第2世代以降

種族値 能力値の範囲(第三世代以降)
レベル50 レベル100
HP: 65
 
125 - 172 240 - 334
こうげき: 130
 
121 - 200 238 - 394
ぼうぎょ: 60
 
58 - 123 112 - 240
とくこう: 95
 
90 - 161 175 - 317
とくぼう: 110
 
103 - 178 202 - 350
すばやさ: 65
 
63 - 128 121 - 251
合計 525
 
能力の最小値
個体値0・努力値0・能力が成長しにくいせいかくで計算
能力の最大値
個体値31・努力値252・能力が成長しやすいせいかくで計算

ダメージ倍率

第1世代

ノーマル: 100%
かくとう: 100%
ひこう: 100%
どく: 100%
じめん: 200%
いわ: 200%
むし: 50%
ゴースト: 100%
ほのお: 50%
みず: 200%
くさ: 50%
でんき: 100%
エスパー: 100%
こおり: 100%
ドラゴン: 100%

第2世代以降

ノーマル: 100%
かくとう: 100%
ひこう: 100%
どく: 100%
じめん: 200%
いわ: 200%
むし: 50%
ゴースト: 100%
はがね: 50%
ほのお: 50%
みず: 200%
くさ: 50%
でんき: 100%
エスパー: 100%
こおり: 50%
ドラゴン: 100%
あく: 100%
フェアリー: 50%

とくせいもらいびでダメージ倍率が補正された場合

ノーマル: 100%
かくとう: 100%
ひこう: 100%
どく: 100%
じめん: 200%
いわ: 200%
むし: 50%
ゴースト: 100%
はがね: 50%
ほのお: 0%
みず: 200%
くさ: 50%
でんき: 100%
エスパー: 100%
こおり: 50%
ドラゴン: 100%
あく: 100%
フェアリー: 50%

さかさバトル

ノーマル: 100%
かくとう: 100%
ひこう: 100%
どく: 100%
じめん: 50%
いわ: 50%
むし: 200%
ゴースト: 100%
はがね: 200%
ほのお: 200%
みず: 50%
くさ: 200%
でんき: 100%
エスパー: 100%
こおり: 200%
ドラゴン: 100%
あく: 100%
フェアリー: 200%

とくせいもらいびでダメージ倍率が補正された場合

ノーマル: 100%
かくとう: 100%
ひこう: 100%
どく: 100%
じめん: 50%
いわ: 50%
むし: 200%
ゴースト: 100%
はがね: 200%
ほのお: 0%
みず: 50%
くさ: 200%
でんき: 100%
エスパー: 100%
こおり: 200%
ドラゴン: 100%
あく: 100%
フェアリー: 200%

おぼえるわざ

ブースター/第六世代以前のおぼえるわざも参照。

レベルアップわざ

第七世代 (その他の世代: 1-23-6)
Lv わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
1 ひのこ ほのお 特殊 40 100% 25
進化 ひのこ ほのお 特殊 40 100% 25
1 てだすけ ノーマル 変化 —% 20
1 たいあたり ノーマル 物理 40 100% 35
1 しっぽをふる ノーマル 変化 100% 30
5 すなかけ じめん 変化 100% 15
9 つぶらなひとみ フェアリー 変化 100% 30
13 でんこうせっか ノーマル 物理 40 100% 30
17 かみつく あく 物理 60 100% 25
20 ほのおのキバ ほのお 物理 65 95% 15
25 ほのおのうず ほのお 特殊 35 85% 15
29 こわいかお ノーマル 変化 100% 10
33 スモッグ どく 特殊 30 70% 20
37 ふんえん ほのお 特殊 80 100% 15
41 とっておき ノーマル 物理 140 100% 5
45 フレアドライブ ほのお 物理 120 100% 15
太字のわざはタイプ一致です。

わざひでんマシンわざ

第七世代 (その他の世代: 1-23-6)
わざマシン わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
わざマシン01 ふるいたてる ノーマル 変化 —% 30
わざマシン05 ほえる ノーマル 変化 —% 20
わざマシン06 どくどく どく 変化 90% 10
わざマシン10 めざめるパワー ノーマル 特殊 60 100% 15
わざマシン11 にほんばれ ほのお 変化 —% 5
わざマシン15 はかいこうせん ノーマル 特殊 150 90% 5
わざマシン17 まもる ノーマル 変化 —% 10
わざマシン18 あまごい みず 変化 —% 5
わざマシン21 やつあたり ノーマル 物理 100% 20
わざマシン27 おんがえし ノーマル 物理 100% 20
わざマシン30 シャドーボール ゴースト 特殊 80 100% 15
わざマシン32 かげぶんしん ノーマル 変化 —% 15
わざマシン35 かえんほうしゃ ほのお 特殊 90 100% 15
わざマシン38 だいもんじ ほのお 特殊 110 85% 5
わざマシン42 からげんき ノーマル 物理 70 100% 20
わざマシン43 ニトロチャージ ほのお 物理 50 100% 20
わざマシン44 ねむる エスパー 変化 —% 10
わざマシン45 メロメロ ノーマル 変化 100% 15
わざマシン48 りんしょう ノーマル 特殊 60 100% 15
わざマシン49 エコーボイス ノーマル 特殊 40 100% 15
わざマシン50 オーバーヒート ほのお 特殊 130 90% 5
わざマシン61 おにび ほのお 変化 85% 15
わざマシン68 ギガインパクト ノーマル 物理 150 90% 5
わざマシン87 いばる ノーマル 変化 85% 15
わざマシン88 ねごと ノーマル 変化 —% 10
わざマシン90 みがわり ノーマル 変化 —% 10
わざマシン100 ないしょばなし ノーマル 変化 —% 20
太字のわざはタイプ一致です。

タマゴわざ

第七世代 (その他の世代: 23-6)
遺伝元 わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
ゆうわく ノーマル 変化 100% 20
あまえる フェアリー 変化 100% 20
ほしがる ノーマル 物理 60 100% 25
のろい ゴースト 変化 —% 10
みきり かくとう 変化 —% 5
こらえる ノーマル 変化 —% 10
うそなき あく 変化 100% 20
じたばた ノーマル 物理 100% 15
しぜんのめぐみ ノーマル 物理 100% 15
アシストパワー エスパー 特殊 20 100% 10
シンクロノイズ エスパー 特殊 120 100% 10
くすぐる ノーマル 変化 100% 20
ねがいごと ノーマル 変化 —% 10
あくび ノーマル 変化 —% 10
太字のわざはタイプ一致です。

人から教えてもらえるわざ

第七世代 (その他の世代: 23-6)
わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
このポケモンはおしえわざを覚えません。
太字のわざはタイプ一致です。

入手方法

バージョン 野生 その他
レベル 場所 レベル 方法
赤・緑・青・ピ × 出現しない Lv.XX イーブイほのおのいしを使って進化させる。
金・銀・ク × 出現しない Lv.XX イーブイほのおのいしを使って進化させる。
R・S・E × 出現しない Lv.XX イーブイほのおのいしを使って進化させる。
FR・LG
XD
D・P・Pt × 出現しない Lv.XX イーブイほのおのいしを使って進化させる。
HG・SS
B・W × 出現しない Lv.XX イーブイほのおのいしを使って進化させる。
B2・W2
X・Y × 出現しない Lv.XX イーブイほのおのいしを使って進化させる。

備考

  • ポケモンずかんの色:赤

アニメにおけるブースター

マンガにおけるブースター

ポケモンカードにおけるブースター

一般的な育成論

高い攻撃を有するにも関わらず、第五世代まではタイプ一致物理技が威力65のほのおのキバしかないため、能力を十分に活かす事ができず、物理アタッカーとして育成するのには難があった。 そのため同様の理由で「唯一神」と揶揄されるエンテイに対し、こちらも唯一王などと呼ばれることがあった。第六世代では、レベル技がさらに見直され、ついにフレアドライブを取得できるようになった。

攻撃を活かすならメインウェポンはフレアドライブ一択。サブウェポンはおんがえしすてみタックルばかぢからかみつくアイアンテール、先制技のでんこうせっかなど。 低耐久を活かしてHP1から反撃できるじたばたあたりも有効だが、反動ダメージを受けるフレアドライブやすてみタックルとは相性がよくない。

特攻も95と決して低い訳ではないので、特に防御の高いはがねタイプに有効打を放てるだいもんじオーバーヒートを採用することもある。ただし、イーブイ進化系統の共通の特徴としてサブウェポンがシャドーボールめざめるパワーくらいしか無いため、変化技を交えて戦うことになる。めざめるパワーのタイプは候補としてはこおりくさでんきからどれかになるだろう。

ただ、いずれの場合も素早さHPの低さがネックとなる。こだわりスカーフを持たせない場合は大半のポケモンに抜かれてしまう事になるため相手の攻撃を1発貰うことが前提になる。 その低い素早さを補うものとしてニトロチャージが上げられるが、最速にして1回使っただけではマニューラオオスバメといった125族より上を追い抜けないのが大きな欠点。 従ってブースターを活躍させるのであれば、完全に読み勝つ前提での試合開始直後の先発同士の第1ターン目もしくは死に出しから、完全に有利な相手に出し、相手がポケモンを交代してくる事前提で交代先を読んで技を当てて行く流れになる。

特防が高いのを活かして耐久型も可能。特防を伸ばすことで特殊を受け、おにびを撒く事で物理を受ける。ねがいごとまもるまたはみきりは必須。

同じほのお単タイプの物理アタッカーとしてウインディが存在するが、少なくとも第五世代では特防の高さ以外ほぼ全ての面でウインディが優れているため、ただ育成するだけでは何をしてもウインディの下位互換になってしまう(第四世代ならばウインディにインファイトが無くブースターにばかぢからがあるため、かくとうタイプのサブウェポンで差別化できる)。 その特防でも、HPの低さのせいで総合的な耐久力は僅かに勝る程度にしかならないので、下位互換を承知でブースターを愛を持って使うしかないか、ウインディではできない特殊耐久型として活用するかしかない。

第六世代でフレアドライブを取得したおかげで攻撃の高さでウインディに勝ることになるが、HPと素早さの低さが問題点のために肩を並べる程度になった。 また、この技とばかぢからを両立できるなかでブースターよりも攻撃の高いヒヒダルマにも遅れを取ることになってしまっている。 特性のもらいび、こんじょうを持った最強のフレアドライブの使い手であると考えたほうがいいかもしれない。

隠れ特性こんじょうがあるが、ブースターでこれを活用するのは難しい。こんじょうを持つポケモンの中で唯一のほのおタイプであり、かえんだまを持ってもやけどになれないため、能動的に活用するならばどくどくだまに限定されてしまうと言う欠点がある。ただし、3ターン以内ならどくどくだまのほうがダメージは少なく、ブースター自身鈍足な上攻撃範囲が狭く居座れるタイプでもないのでたいした問題ではない。 また、首尾よく状態異常になれたとしても、ここまでの通り技のレパートリーの関係と素早さ・HPの低さの関係で高い攻撃を活かすことが難しい。ブラック・ホワイト時代ではもともと技が少ないのに加えて第四世代の教え技限定であるばかぢからも使えなくなるため、余計技不足に陥っていたが、BW2で教え技の数が大幅に増え、ばかぢからも復活して隠れ特性との両立もできるようになったため、少しは使いやすくなったと思われる。

この特性を使うに当たってはわざわざ低い防御をHPと共に強化して両耐久にし、長居座りをしやすくする、また攻撃と素早さに特化してニトロチャージを織り交ぜて速攻で攻めていくといった戦法がよく見られる。技はフレアドライブ、からげんき、ほのおのキバ、ばかぢから、でんこうせっか、かみつく、まもるorみきりあたりから選ぶことになるが、そこは相手や自分のパーティと相談して決めるとよいだろう。こんじょうを発動しても防御の高いはがねタイプは突破できないことがあるので、役割破壊にオーバーヒートまたはだいもんじを覚えさせるのも悪くない。ねむるねごとを併用し、ねむり状態のままこんじょうを発動させて攻撃に転じるという戦法もある。

せいなるほのおなどの高威力の炎物理技をもらいびで受けてものまねで覚えさせる戦法も存在するが、ネタの域を出ていない。ものまね自体に言えることだが相手に技を使ってもらうのを待つのは非現実的なので、ダブルバトルで味方に使わせる事になるが、せいなるほのおを覚えさせる場合、ホウオウが出場できないルールの場合はドーブルか、第六世代ではエンテイを使うしかないため、パーティメンバーの構成にまで負担をかけてしまうので要注意。

関連項目

この項目はポケモン図鑑プロジェクトによって作成されています。