ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事を投稿、編集、訂正してくださる方を必要としています。投稿、編集、訂正はユーザ登録後、ログインすることで可能です。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。ぜひご協力お願いいたします。

誤情報や根拠のない記述にご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWikiをブラウザの検索ボタンに追加できます。追加する場合はプラグイン追加をクリックしてください。

おんがえし

提供: ポケモンWiki
移動: 案内検索
おんがえし
第二世代
タイプ ノーマル
分類 物理
威力 -
命中率 100
PP 20
範囲 1体選択
直接攻撃
パレス たたかう
効果
単体を攻撃する。使用ポケモンのなつき度が大きければ大きい程威力が高くなる(威力=なつき度×10÷25)。
判定
わざマシン わざマシン27(第二世代以降)
アピールタイプ かわいさ
アピール(RSE)
妨害(RSE)  
アピール効果(RSE)
会場のエキサイト度が1つ上がる。
アピール(DP) ♡♡
アピール効果(DP)
ターンの最初に演技すると、ハートが2つ追加される。

おんがえしは、ポケモンのわざの一種。

説明文

たたかうわざ

コンテストわざ

  • 第三世代:どの コンテストで みせても かならず もりあがる アピール
  • 第四世代:その ターンで いちばん さいしょに えんぎすると +2。

使用ポケモン:覚える方法

第二世代

ポケモン名 覚える方法
わざマシン
金銀ク
フシギダネ
フシギソウ
フシギバナ
ヒトカゲ
リザード
リザードン
ゼニガメ
カメール
カメックス
バタフリー
スピアー
ポッポ
ピジョン
ピジョット
コラッタ
ラッタ
オニスズメ
オニドリル
アーボ
アーボック
ピカチュウ
ライチュウ
サンド
サンドパン
ニドラン♀
ニドリーナ
ニドクイン
ニドラン♂
ニドリーノ
ニドキング
ピッピ
ピクシー
ロコン
キュウコン
プリン
プクリン
ズバット
ゴルバット
ナゾノクサ
クサイハナ
ラフレシア
パラス
パラセクト
コンパン
モルフォン
ディグダ
ダグトリオ
ニャース
ペルシアン
コダック
ゴルダック
マンキー
オコリザル
ガーディ
ウインディ
ニョロモ
ニョロゾ
ニョロボン
ケーシィ
ユンゲラー
フーディン
ワンリキー
ゴーリキー
カイリキー
マダツボミ
ウツドン
ウツボット
メノクラゲ
ドククラゲ
イシツブテ
ゴローン
ゴローニャ
ポニータ
ギャロップ
ヤドン
ヤドラン
コイル
レアコイル
カモネギ
ドードー
ドードリオ
パウワウ
ジュゴン
ベトベター
ベトベトン
シェルダー
パルシェン
ゴース
ゴースト
ゲンガー
イワーク
スリープ
スリーパー
クラブ
キングラー
ビリリダマ
マルマイン
タマタマ
ナッシー
カラカラ
ガラガラ
サワムラー
エビワラー
ベロリンガ
ドガース
マタドガス
サイホーン
サイドン
ラッキー
モンジャラ
ガルーラ
タッツー
シードラ
トサキント
アズマオウ
ヒトデマン
スターミー
バリヤード
ストライク
ルージュラ
エレブー
ブーバー
カイロス
ケンタロス
ギャラドス
ラプラス
イーブイ
シャワーズ
サンダース
ブースター
ポリゴン
オムナイト
オムスター
カブト
カブトプス
プテラ
カビゴン
フリーザー
サンダー
ファイヤー
ミニリュウ
ハクリュー
カイリュー
ミュウツー
ミュウ
チコリータ
ベイリーフ
メガニウム
ヒノアラシ
マグマラシ
バクフーン
ワニノコ
アリゲイツ
オーダイル
オタチ
オオタチ
ホーホー
ヨルノズク
レディバ
レディアン
イトマル
アリアドス
クロバット
チョンチー
ランターン
ピチュー
ピィ
ププリン
トゲピー
トゲチック
ネイティ
ネイティオ
メリープ
モココ
デンリュウ
キレイハナ
マリル
マリルリ
ウソッキー
ニョロトノ
ハネッコ
ポポッコ
ワタッコ
エイパム
ヒマナッツ
キマワリ
ヤンヤンマ
ウパー
ヌオー
エーフィ
ブラッキー
ヤミカラス
ヤドキング
ムウマ
キリンリキ
クヌギダマ
フォレトス
ノコッチ
グライガー
ハガネール
ブルー
グランブル
ハリーセン
ハッサム
ツボツボ
ヘラクロス
ニューラ
ヒメグマ
リングマ
マグマッグ
マグカルゴ
ウリムー
イノムー
サニーゴ
テッポウオ
オクタン
デリバード
マンタイン
エアームド
デルビル
ヘルガー
キングドラ
ゴマゾウ
ドンファン
ポリゴン2
オドシシ
バルキー
カポエラー
ムチュール
エレキッド
ブビィ
ミルタンク
ハピナス
ライコウ
エンテイ
スイクン
ヨーギラス
サナギラス
バンギラス
ルギア
ホウオウ
セレビィ

第三世代以降

対戦

  • 最も高い場合の威力を前提とすれば、デメリットのないノーマル物理技では最高威力(102)であるため、デメリットを嫌う場合によく採用される。
  • 通信交換するとなつき度が70になり、場合によっては大幅に威力が下がるので注意したい。

ポケモンカードゲームにおけるおんがえし

「自分の手札が6枚になるように、自分の山札からカードを引く。」という効果の攻撃ワザとして登場する。

ポケモン不思議のダンジョンにおけるおんがえし

本編と異なりダメージ固定技として登場する。PPは12。ダメージ量はかしこさによって決定される。

かしこさ ダメージ量
1、2 5ダメージ
3 10ダメージ
4、5 15ダメージ
6 20ダメージ
7 25ダメージ
8 30ダメージ
9 35ダメージ
10 40ダメージ
11以上 45ダメージ

備考

関連項目