第七世代(サン・ムーン)登場に関するお願い
サン・ムーン発売Pokémon GOの更新に伴い、ポケモンWikiにおいて新規投稿や加筆修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

あばれる

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索
あばれる
第一世代
タイプ ノーマル
分類 物理
威力 90(第四世代まで)
→120(第五世代)
命中率 100
PP 20(第四世代まで)
→10(第五世代)
範囲 相手1体(ランダム)
直接攻撃
パレス たたかう
効果
2-3ターンの間あばれる状態になり、その間攻撃し続ける。攻撃終了後、自分がこんらん状態になる。
判定
アピールタイプ たくましさ
アピール(RSE) ♡♡♡♡
妨害(RSE) ♥♥♥♥
アピール効果(RSE)
自分より前にアピールしたポケモン全員を妨害。次のターンアピールできない。
アピール(DP) ♡♡
アピール効果(DP)
連続で出せる。

あばれるは、ポケモンのわざの一種。

説明文

たたかうわざ

  • 第二世代:
  • ルビー・サファイアエメラルド:2-3ターンのあいだ あばれつづける あばれたあとは こんらんしてしまう
  • ファイアレッド・リーフグリーン:2-3ターンの あいだ あばれ まくって こうげきする。 あばれた あとは こんらん してしまう。
  • 第四世代:2-3ターンの あいだ あばれまくって こうげきする。あばれた あとは こんらん する。
  • 第五世代:2-3ターンの あいだ あばれまくって あいてを こうげきする。あばれた あとは こんらん する。
  • 第五世代(漢字):2-3ターンの あいだ 暴れまくって 相手を 攻撃する。 暴れたあとは 混乱する。

コンテストわざ

  • 第三世代:みんなの じゃまを しまくって つぎの アピールは さんか しない
  • 第四世代:2かい れんぞく おなじ わざで えんぎが できる。

使用ポケモン:覚える方法

第二世代まで

レベルアップ

ポケモン名 ソフト
赤緑青ピ 金銀ク
ニドキング Lv.1
Lv.23
Lv.23
マンキー Lv.39 Lv.39
オコリザル Lv.46 Lv.46
カラカラ Lv.38 Lv.38
ガラガラ Lv.41 Lv.41
ルージュラ Lv.47 ×
ケンタロス × Lv.43
ギャラドス × Lv.1
ヒメグマ × Lv.50
リングマ × Lv.59
ヨーギラス - Lv.29
サナギラス - Lv.29
バンギラス - Lv.29

タマゴわざ

ポケモン名 2 進化後の継続
ガーディ ウインディ
ポニータ ギャロップ
サイホーン サイドン
ヒノアラシ マグマラシ
バクフーン
ワニノコ アリゲイツ
オーダイル

第三世代以降

ポケモン名 ソフト
RSE FRLG DP Pt/HGSS BW B2W2 XY ORAS SM
ニドキング Lv.23 Lv.23 Lv.35 Lv.35 Lv.35
マンキー Lv.51 Lv.41 Lv.41 Lv.41 Lv.33
オコリザル Lv.63 Lv.62 Lv.47 Lv.47 Lv.47 Lv.35
ドードー × × Lv.50 Lv.50 Lv.49 Lv.50
ドードリオ × × Lv.60 Lv.60 Lv.59 Lv.56
カラカラ Lv.37 Lv.31 Lv.31 Lv.31 Lv.31
ガラガラ Lv.46 Lv.33 Lv.33 Lv.33 Lv.33
ガラガラ
(アローラのすがた)
- - - - Lv.33
カイロス × Lv.35 Lv.35 Lv.36 Lv.36 Lv.43 Lv.43
ケンタロス Lv.43 Lv.48 Lv.55 Lv.50 Lv.50
ギャラドス Lv.1 Lv.1 Lv.1 Lv.1 Lv.1
ワニノコ × Lv.22 Lv.36 Lv.41 Lv.41 Lv.41
アリゲイツ × Lv.24 Lv.42 Lv.48 Lv.48 Lv.48
オーダイル × Lv.24 Lv.50 Lv.58 Lv.58 Lv.58
ヒメグマ Lv.49 Lv.50 Lv.50 Lv.50 Lv.50
リングマ Lv.49 Lv.58 Lv.58 Lv.58 Lv.58
イノムー × × × Lv.41 Lv.41 Lv.41
ヨーギラス Lv.29 Lv.23 Lv.28 Lv.28 Lv.28
サナギラス Lv.29 Lv.23 Lv.28 Lv.28 Lv.28
バンギラス Lv.29 Lv.23 Lv.28 Lv.28 Lv.28
パッチール Lv.56 Lv.55 Lv.55 Lv.50 Lv.55 Lv.55
ナマズン × × × × Lv.1
進化時点
マンムー - × × Lv.41 Lv.41 Lv.41
シママ - - Lv.43 Lv.43 Lv.43
ゼブライカ - - Lv.53 Lv.53 Lv.53
バスラオ - - Lv.56 Lv.1
Lv.56
Lv.42
メグロコ - - Lv.46 Lv.46 Lv.46
ワルビル - - Lv.52 Lv.52 Lv.52
ダルマッカ - - Lv.27 Lv.27 Lv.27
ヒヒダルマ - - Lv.27 Lv.27 Lv.27
アーケン - - Lv.51 Lv.50 Lv.50
アーケオス - - Lv.61 Lv.61 Lv.61
シビビール - - Lv.74 Lv.74 Lv.74
シビルドン - - × Lv.1 Lv.1
クマシュン - - Lv.53 Lv.53 Lv.53
ツンベアー - - Lv.59 Lv.1
Lv.59
Lv.1
Lv.59
バッフロン - - Lv.51 Lv.50 Lv.50
ワシボン - - Lv.64 Lv.64 Lv.64
ウォーグル - - Lv.70 Lv.1
Lv.70
Lv.1
Lv.70
メラルバ - - Lv.90 Lv.90 Lv.90
ウルガモス - - × Lv.1 Lv.1
トルネロス - - Lv.85 Lv.1
Lv.85
Lv.1
Lv.79
ボルトロス - - Lv.86 Lv.1
Lv.85
Lv.1
Lv.79
チゴラス - - - Lv.40 Lv.40
ガチゴラス - - - Lv.42 Lv.42
ニャビー - - - - Lv.32
ニャヒート - - - - Lv.37
ガオガエン - - - - Lv.38
ヤングース - - - - Lv.43
デカグース - - - - Lv.51
ヌイコグマ - - - - Lv.37
キテルグマ Lv.43
ナゲツケサル Lv.29
ネッコアラ Lv.46
アクジキング Lv.47

タマゴわざ

ポケモン名 3 4 5 6 7 進化後の継続
ディグダ
(アローラのすがた)
- - - - ダグトリオ
ガーディ ウインディ
ポニータ ギャロップ
ヒノアラシ マグマラシ
バクフーン
ワニノコ アリゲイツ
オーダイル
オドシシ × -
キバニア サメハダー
ホエルコ ホエルオー
ドジョッチ ナマズン
タツベイ コモルー
ボーマンダ
ナエトル - ハヤシガメ
ドダイトス
ズガイドス - ラムパルド
フカマル - ガバイト
ガブリアス
ポカブ - - チャオブー
エンブオー
イワンコ - - - - ルガルガン

特別なわざ

こんなときに使おう

  • おんがえしに勝る面が無かったためあまり使われなかった。
  • 少ないPP消費で何回も攻撃できるため、自分よりレベルの低いポケモンを2匹以上出すトレーナーとのバトルで使うと有効。
  • 何回でも使えるきいろビードロと組み合わせることで、こんらんのデメリットを軽減できる。
  • 同じような効果を持つ技にげきりん(第四世代で威力が増えた)があるが、あばれるの威力は第四世代までは90止まりであった。しかし第五世代からこちらも威力が120に増え、おんがえしより上回ったので使用率も若干上がった。タイプの都合上げきりんより使いにくいが、それでも強力な技と言える。
  • 第六世代からは元々の使い手だったカイロスメガシンカによりスカイスキンを得、ノーマルタイプの技を全てひこうタイプにして威力を上げられるようになったことで、スキンあばれるで強力な一撃を見舞うことが可能になった。おんがえしに火力で勝り、同威力であるすてみタックル第三世代限定である。威力を求めるか安定性を求めるかでおんがえしと選択になるだろう。
  • パッチールやドーブルならタイプ一致かつ特性マイペースとの組み合わせで大ダメージを与えられる。元の攻撃が低いためあらかじめバトンタッチのサポートを受けておくといい。

ポケモンカードゲームにおけるあばれる

コインを投げてオモテならダメージを追加し、ウラなら自分にもダメージを与える、という効果のワザとして登場する。

ポケモン不思議のダンジョンにおけるあばれる

ランダムで3方向に攻撃する。

使用後にこんらんすることはない。

備考

  • ねごとで使われた場合、あばれる状態・こんらん状態にはならない(第二世代)。
  • この技の攻撃が続いている途中ゴーストタイプに交代されると、攻撃がキャンセルされ、次のターンから技を選択できるようになりこんらんすることもない。
    • 一方この技で相手のポケモンを倒した直後にゴーストタイプを出されると、次のターンもあばれるを続けてしまうため、大きな隙を晒してしまう。
  • 攻撃途中に外れたり、ひるみ状態になった場合はその時点で攻撃はキャンセルとなるが、こんらん状態になったりならなかったりする。
    • 攻撃時にすでに終了判定がされていて、あばれる状態が続く最後のターンであった場合に限り無効にされても混乱する模様。
  • 攻撃終了時のこんらんはしんぴのまもりでは防げない。
  • 分類が「あばれザルポケモン」であるヤルキモノはあばれるを覚えない。
    • 似た分類の「あばれうしポケモン」のケンタロスはちゃんと覚える。
  • アニメでは、サトシオコリザルなどが使用する。

関連項目