ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事を投稿、編集、訂正してくださる方を必要としています。投稿、編集、訂正はユーザ登録後、ログインすることで可能です。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。ぜひご協力お願いいたします。

誤情報や根拠のない記述にご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWikiをブラウザの検索ボタンに追加できます。追加する場合はプラグイン追加をクリックしてください。

まきつく

提供: ポケモンWiki
移動: 案内検索
まきつく
第一世代
タイプ ノーマル
分類 物理
威力 15
命中率 85(第四世代まで)
→90(第五世代)
PP 20
範囲 1体選択
直接攻撃
パレス たたかう
効果
相手をしめつける状態にし、2~5ターン(第五世代では4~5ターン)連続でHPを減らし続ける。相手は逃げたり交換したりすることが出来なくなる(第二世代以降)。
第一世代では、1~4ターンの間相手が技を出せなくなり(交換は可能)、自分はこの技を出し続ける。
判定
アピールタイプ たくましさ
アピール(RSE) ♡♡♡
妨害(RSE)  
アピール効果(RSE)
そのターン、エキサイト度が変わらなくなる。
アピール(DP)  
アピール効果(DP)
演技の順番だけハートが追加される。

まきつくは、ポケモンの技の一種。

説明文

たたかうわざ

  • 第二世代:2-5ターンのあいだ ながいからだや つるを つかって てきを しめつける
  • ルビー・サファイアエメラルド:2-5ターンのあいだ ながいからだや ツルをつかって てきを しめつける
  • ファイアレッド・リーフグリーン:
  • 第四世代:ながい からだや つるなどを つかって 2-5ターンの あいだ あいてに まきついて こうげきする。
  • 第五世代:ながい からだや つるなどを つかって 4-5ターンの あいだ あいてに まきついて こうげきする。
  • 第五世代(漢字):長い 体や つるなどを つかって 4-5ターンの あいだ 相手に まきついて 攻撃する。

コンテストわざ

  • 第三世代:このアピールのあと かいじょうが しばらく もりあがらなく なる
  • 第四世代:えんぎの じゅんばんが おそければ おそいほど たかい ひょうかになる。

使用ポケモン:覚える方法

第二世代まで

ポケモン名 覚える方法
レベルアップ
緑赤青 金銀
アーボ Lv1 Lv1
アーボック Lv1 Lv1
マダツボミ Lv13 Lv11
ウツドン Lv1
Lv13
Lv1
Lv11
ウツボット Lv13 進化による継続
メノクラゲ Lv13 Lv30
ドククラゲ Lv1
Lv13
Lv30
ベロリンガ Lv1 Lv25
ミニリュウ Lv1 Lv1
ハクリュー Lv1 Lv1
カイリュー Lv1 Lv1
ツボツボ - Lv9

第三世代以降

ポケモン名 覚える方法
レベルアップ タマゴわざ
RSE FRLG DP Pt HGSS BW BW2 3 4 5
アーボ Lv1 Lv1 Lv1 × × ×
アーボック Lv1 Lv1 Lv1 - - -
マダツボミ Lv11 Lv11 Lv11 × × ×
ウツドン Lv1
Lv11
Lv1
Lv11
Lv1
Lv11
- - -
ウツボット 進化による継続 進化による継続 進化による継続 - - -
メノクラゲ Lv30 Lv22 Lv22 × × ×
ドククラゲ Lv30 Lv22 Lv22 - - -
ベロリンガ Lv29 Lv17 Lv17 × × ×
ミニリュウ Lv1 Lv1 Lv1 × × ×
ハクリュー Lv1 Lv1 Lv1 - - -
カイリュー Lv1 Lv1 Lv1 - - -
ツボツボ Lv9 Lv27 Lv22 Lv13 Lv9 × × ×
ハブネーク Lv1 Lv1 Lv1 × × ×
ミロカロス Lv5 Lv1 Lv1 - - -
チリーン Lv1 Lv1 Lv1 × × ×
デオキシス
(ノーマルフォルム)
Lv1 Lv1 Lv1 - - -
デオキシス
(アタックフォルム)
Lv1 Lv1 Lv1 - - -
デオキシス
(ディフェンスフォルム)
Lv1 Lv1 Lv1 - - -
デオキシス
(スピードフォルム)
Lv1 Lv1 Lv1 - - -
リーシャン - Lv1 Lv1 - × ×
ベロベルト - Lv17 Lv17 - - -
ツタージャ - - Lv10 - - ×
ジャノビー - - Lv1
Lv10
- - -
ジャローダ - - Lv1
Lv10
- - -
クイタラン - - × - -

対戦

  • どくどくによるダメージやほろびのうたとのコンボも一応可能ではある。
  • 相手の交代を封じられるが、行動は封じられないので、こちらも強力なを使用したほうが良い。攻撃力が低いツボツボが使用することがある。

ポケモンカードゲームにおけるまきつく

相手にダメージを与えると同時にマヒ状態にする効果を持つワザとして登場する。

ポケモン不思議のダンジョンにおけるまきつく

自分と相手がお互いに移動ができなくなり、数ターンごとに6のダメージを与え続ける。高レベルになると全く不要になる技であるが、低レベルのときに敵に使われるとかなりやっかいである。

備考

関連項目