ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。ぜひ編集への参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
また、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、アカウントを作成し、訂正いただければ幸いです。

フリーフォール

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索
フリーフォール
第五世代
タイプ ひこう
分類 物理
威力 60
命中率 100
PP 10
範囲 1体選択
直接攻撃
効果
1ターン目で相手を空に連れ去り、2ターン目に攻撃する。
連れ去っている間は使用者・対象ともにほとんどの技を受けない。(そらをとぶ (状態変化)を参照)。
連れ去っている間、対象は動けず交代もできない。
ひこうタイプにはダメージがない。
判定
わざマシン わざマシン58(第五世代)

フリーフォールは、ポケモンの技の一種。

説明文

  • 第五世代第六世代第七世代:1ターンめで あいてを そらへ つれさり 2ターンめに おとして こうげきする。つれさられた あいては うごけない。
  • 第五世代第六世代第七世代 (漢字):1ターン目で 相手を 空へ 連れさり 2ターン目に 落として 攻撃する。連れさられた 相手は 動けない。

使用ポケモン : 覚える方法

レベルアップ

ポケモン名 ソフト
BW/B2W2 XY/ORAS SM/USUM
プテラ 40 40 40
ワシボン 50 50 50
ウォーグル 50 50 50
ルチャブル - 55 55

わざマシン

ポケモン名 覚える世代
5 6 7
リザードン
プテラ
フリーザー
サンダー
ファイヤー
カイリュー
ミュウ
エアームド
ルギア
ホウオウ
ペリッパー
レックウザ
ワシボン
ウォーグル
トルネロス
ボルトロス
ルチャブル -
イベルタル -
クワガノン - -
カプ・コケコ - -
ルナアーラ - -
アーゴヨン - - USUM

技の仕様

1ターン目

1-1.この技が選択されたターン、使用者は対象を空中に連れ去る。(行動順は使用者のすばやさに準拠)

  • 対象は空中にいる間行動することができない。そのターンまだ行動していない場合でも技の使用はスキップされる。

1-2.空中にいる間は使用者も対象も他者の技が当たらず、両者共に交代できない。

2ターン目

2-1.次のターン、空中にいる間でも対象は行動を選択できる。

  • 使用者よりすばやさが遅ければこのターンに技を使うことができる。
  • 相手より早いか、優先度の高い技を選択してしまうとこのターンは行動できない。
  • 対象は技の選択はできるが、連れ去られている間に交代しようとしても「自由にならない!」とメッセージが出て交代できない。
  • 使用者はこのターン行動の選択がスキップされる。これはそらをとぶなどといった他の溜めわざと同じである。

2-2.対象は落とされてダメージを受ける。(行動順は使用者のすばやさに準拠)

  • 対象がひこうタイプであった場合、ダメージはない。(技の説明にも書かれている通り)
    • ただし、ひこうタイプであっても空中に連れ去り1ターン行動不能にすることはできる。
    • うちおとす状態で地面に落ちているときでも、ひこうタイプであればダメージはない。
  • 特性ふゆうふうせんなどで地面にいないポケモンであっても、ひこうタイプでなければダメージを与えられる。
  • 特性ふしぎなまもりによりダメージを無効化される場合でも、連れ去ることはできる。
    • 通常ヌケニンにフリーフォールは有効なのであまり気に留める必要はない。

失敗するとき

技を選択できても連れ去ることができない条件がいくつかある。

  • 味方に使用したとき。
    • 技の選択画面では味方にも使うことができるものの、実際には連れ去る前に必ず失敗してしまう。
  • 対象がみがわり状態である。
    • 使用者の特性がすりぬけである場合でも失敗する。
  • 対象があなをほるそらをとぶ・他者のフリーフォールなどにより隠れている状態にある。
  • 対象のおもさが200.00kg以上であるとき(第六世代以降)

こんなときに使おう

  • 第五世代ではバグの為にWi-fiで使えなかった為評価出来なかったが、第六世代からバグが修正され評価可能になった。
  • 相手の動きを封じるのは強力だが、威力は60でドリルくちばしブレイブバードよりも威力が低い。よってシングルバトルでは使用率は低い。
  • 1ターン目で相手を空に連れ去っている時でもたべのこしの効果は起こり、どくやけどによるダメージも受け続ける。そのため、どくどくを使用する耐久型のポケモン(エアームドなど)ならば回復しつつ相手の動きを封じてダメージを与えられるので採用の余地はある。ペリッパーならアクアリングとの併用も可能。
  • ダブルバトルやトリプルバトルでは、相手の動きを封じることもできるので評価される。
  • これより威力の高いひこう物理技を覚えないプテラには採用されることも。メガプテラなら特性かたいツメとタイプ一致もあって威力が大きく上がる。
  • バトルロイヤルなら、連れ去ってから攻撃までの間、自分にもその標的にも攻撃が基本的に当たらないので、狙った敵を確実に仕留められる。ただし前述通り、失敗する相手も多いので気を付けたい。

ポケモンカードゲームにおけるフリーフォール

相手のにげるコストが大きいほどダメージが小さくなる攻撃ワザとして登場。

ポケモン不思議のダンジョンにおけるフリーフォール

備考

空中にいる間について

  • 以下のような場合はフリーフォールは中断され、対象は即座にフリーフォールから解放されダメージは無い。行動順によってはそのターンにすぐ行動することもできる。
  • 空中にいる間に対象のみが瀕死になった場合、使用者は技を続行し地上には戻らない
    • 対象側はポケモンチェンジをすることになるが、使用者側はまだ交代できない。
    • 次のターンに使用者は地上に戻るが、ダメージを負わせる相手はいないため失敗する。
  • ダブルバトル以上において、対象が空中におり技が一体にしか当たらない場合でも、全体攻撃技のダメージは0.75倍になる。
  • 対象のありじごくじりょくかげふみは空中にいる間でも効果がある。
  • 空中にいる間は使用者・対象共にほろびのうたは当たらない。
    • しかし、すでにほろびのうたのカウントが始まっている場合は、両者カウントが進む。
  • 連れ去られている間でもうちおとすサウザンアローによるダメージは入ることは上述の通り。
  • 空中にいる間に、対象が以下の技を使用した場合
    きあいパンチ
    「集中力を高めている」というメッセージは出る。
    イレギュラーが起きない限り対象はフリーフォールのダメージを食らうため、集中力は途切れ技は出せない。
    くちばしキャノン
    「くちばしを加熱し始めた」というメッセージは出ない。
    加熱できないため技は不発する。
    相手をやけどにすることもできない。
    トラップシェル
    「トラップシェルをしかけた」というメッセージは出ない。
    仕掛けられないため技は不発する。
    • ただし、ドデカバシバクガメス(212.0kg)も通常はフリーフォールが無効であるためあまり気に留めなくてもよい。
  • 対象がフリーフォールにより行動順を飛ばされた場合、行動をしたとは見做されない。具体的には以下のような特徴がある。
    • ねむりターンを消費しない。
    • なまけターンを消費しない。
    • ねこだましなど場に出た最初のターンしか使用できない技の権利を失わない。
    • 次のターンのじだんだの威力は上がらない。

フリーフォールという技について

バグ

複雑な仕様を持つ技であるため、導入直後からいくつかのバグが見つかっている。

じゅうりょくバグ

環境
第五世代
条件
フリーフォールにより使用者と対象が空中にいる間、他のポケモンがじゅうりょくを使う
概要
連れ去られた側のポケモンは技を出す事も交代する事も出来なくなる。(技を選択することは出来るが何もせずにターンが終わる)
解説
  • 使用者は即座に地上に引き戻される点は正常。
  • 行動不能になったポケモンにもう一度フリーフォールを使うとこの状況は解除される。
    • ただし、じゅうりょく中はフリーフォールは使用できないため、2対1の状況が4ターンの間確約されることになる。
  • 必然的にダブルバトルトリプルバトルでしか起こりえない。
  • ポケットモンスター ブラック・ホワイトブラック2・ホワイト2Wi-FiランダムマッチやWi-Fi大会、ブラック2・ホワイト2のPWTのカントーリーダーズトーナメントやジョウトリーダーズトーナメントなどにおいては史上初の使用禁止技となった。
    • バグが存在する事が原因だと思われるが、株式会社ポケモンは「バトルにおけるバランスを考慮」と説明している。
    • 実際フリーフォールとじゅうりょくを組み合わせれば永続的に2対1の状況を作り出せるこのバグを悪用するプレイヤーが出ることや、それを意識して対策するようなパーティを組まなければならなくなる可能性もあった。
  • バグが存在する技は過去にもあったが(おいうちなど)、使用が禁止されるのは今回が初である。今回からWi-Fiランダムマッチが実装されたためだと思われる。
  • ハードウェアが3DSに移って以降、このような重篤なバグに対しては修正パッチが配布されるようになった。

さめはだバグ(レッドカードバグ)

環境
第六世代第七世代において戦闘アニメを"見ない"に設定している
条件
対象のさめはだてつのトゲゴツゴツメットなどいずれかによる接触ダメージにより、フリーフォールの使用者のみがひんしになる
対象のレッドカードの効果によりフリーフォールの使用者が控えと交代する。
概要
このとき対象のポケモンのグラフィックが消える。
解説
  • 消えるのはグラフィックのみであり、他システムの動作に影響は全く無い。
    • 技の入力は受け付ける。攻撃を受ければダメージを食らう。交代も任意に可能。
  • みがわりの生成や破壊・フォルムチェンジZワザの使用などでもグラフィックは復活しない。
  • 消えたポケモンを交代した場合、ボールにしまう瞬間までグラフィックは無いが、後続のポケモンは正常通り表示される。
    • 消えたポケモンを再度場に出した場合は正常に表示される。
  • 消えたポケモンをメガシンカさせた場合、メガシンカ前はポケモンがいるはずの無の空間がズームアップされ、メガシンカと同時にグラフィックが復活する。
  • 消えたポケモンが再びフリーフォールを使用されたときや、あるいは自身がフリーフォールを使用したときは、地上に戻ってくると同時にグラフィックは復活する。
  • 消えたポケモンが瀕死になった場合、グラフィックは復活する。
  • 通信対戦では戦闘アニメは強制的にONとなるため、この現象は起きない。
  • しかしバトルツリーバトルエージェントなどの対戦施設では戦闘アニメをOFFにすること、フリーフォールが使われること、プレイヤーがガブリアスなど特性さめはだのポケモンやレッドカードを持つポケモンを使う条件の3つが重なることがある。よってこの現象に遭遇することは狙わなくても十分起こり得る。
  • バトルビデオにおいてもこのバグは確認可能。これによる模擬戦機能でも同様。
    • 実戦では正常に映し出されていたバトルであっても、バトルビデオで見るとグラフィックが消えたということも起こりうる。
  • 他2つのバグと比較するとバトルに与える影響も軽微であるためか、第六世代で見つかって以降、世代を挟んだ第七世代最新作ウルトラサン・ウルトラムーンの最新バージョン(ver1.2。2018/4/4現在)においても依然残ったままとなっている。

ニードルガードバグ

環境
サン・ムーンver.1.1まで(ver.1.2で修正)
条件
ニードルガードによるダメージでフリーフォールの使用者が瀕死になる
概要
このとき瀕死になったポケモンは戻すことが出来ず、技も選べず、場に残り続ける。
解説
  • 上記じゅうりょくバグと反対で、フリーフォール使用者側が不利な1対2のバトルとなる。
  • 後にフリーフォールはニードルガードの効果を受けないように調整された。

各言語版での名称

言語 名前
日本語 フリーフォール
英語 Sky Drop
ドイツ語 Freier Fall
フランス語 Chute Libre
イタリア語 Cadutalibera
スペイン語 Caída Libre
韓国語 프리폴
中国語(普通話・台湾国語) 自由落体

関連項目

ひこうタイプの攻撃技
*1威力が変更された技 *2特定の持ち物を持たせる必要がある *3専用技 *4Zワザ
物理 威力 特殊
つつく 35
40 かぜおこし
アクロバット 55
ついばむ - つばさでうつ*1 - つばめがえし
フリーフォール
60 エアカッター*1 - めざめるパワー*1
65 おしゃべり*1*3
75 エアスラッシュ
ドリルくちばし 80 デスウイング*3
とびはねる 85
そらをとぶ*1 - マルチアタック*2*3 90
くちばしキャノン*3 - フライングプレス*1*3 100 エアロブラスト*3 - さばきのつぶて*2*3
110 ぼうふう*1
ガリョウテンセイ*3 - ブレイブバード 120
ゴッドバード 140
しぜんのめぐみ*1*2 - ファイナルダイブクラッシュ*4 不定 ファイナルダイブクラッシュ*4