ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事を投稿、編集、訂正してくださる方を必要としています。投稿、編集、訂正はユーザ登録後、ログインすることで可能です。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。ぜひご協力お願いいたします。

誤情報や根拠のない記述にご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWikiをブラウザの検索ボタンに追加できます。追加する場合はプラグイン追加をクリックしてください。

フリーフォール

提供: ポケモンWiki
移動: 案内検索
フリーフォール
第五世代
タイプ ひこう
分類 物理
威力 60
命中率 100
PP 10
範囲 1体選択
直接攻撃
効果
1ターン目で相手を空に連れ去り、2ターン目に攻撃する。空を飛んでいる間はほとんどの技を受けないが、例外はある(そらをとぶ (状態変化)も参照)。連れ去っている間、相手は動けなくなる。
判定
わざマシン わざマシン58(第五世代)

フリーフォールは、ポケモンの技の一種。

説明文

  • 第五世代:1ターンめで あいてを そらへ つれさり 2ターンめに おとして こうげきする。つれさられた あいては うごけない。
  • 第五世代(漢字):1ターン目で 相手を 空へ 連れさり 2ターン目に 落として 攻撃する。連れさられた 相手は 動けない。

使用ポケモン : 覚える方法

対戦

  • 第五世代ではバグの為にWi-fiで使えなかった為評価出来なかったが、第六世代からバグが修正され評価可能になった。しかし・・・・
  • 相手の動きを封じるのは強力だが、威力は60でドリルくちばしブレイブバードよりも威力が低い。よって使用率は高くない。
  • ダブルバトルやトリプルバトルでサポートするのでなければ、他のひこうタイプ物理技を使った方が良い。

ポケモンカードゲームにおけるフリーフォール

ポケモン不思議のダンジョンにおけるフリーフォール

備考

  • 効果が無いポケモンは以下の通りとなっている。
    • ひこうタイプを持つポケモン。これはわざの説明に明記されている。(特性がふゆうのポケモンには通用する。)
    • 第六世代では200kg以上のポケモン。重すぎて持ち上げられないという考え方と思われる。
  • じゅうりょく状態では失敗する。
  • 第六世代ではうちおとすを受けるとダメージのみが入り、フリーフォール状態は解除されない。また、うちおとすによる地面に落ちる効果も受けない。(公式から仕様との回答を入手)うちおとすによってフリーフォール状態を解除することができなくなった。
  • トリプルバトルでは、自分と隣り合っていないポケモンにも使うことが出来る。
  • ポケットモンスター ブラック・ホワイトブラック2・ホワイト2Wi-FiランダムマッチやWi-Fi大会、ブラック2・ホワイト2のPWTのカントーリーダーズトーナメントやジョウトリーダーズトーナメントなどにおいては史上初の使用禁止技となっている[1]。バグが存在する事が原因だと思われるが、株式会社ポケモンは「バトルにおけるバランスを考慮」と説明している。
    • じゅうりょく状態では上記の通り技自体が失敗するが、飛び上がっている最中にじゅうりょくを使われると即座に引き戻される。このとき、連れ去られた側のポケモンは永続的に技を出す事も交代する事も出来なくなる(技を選択することは出来るが何もせずにターンが終わる)。
    • 他にも、致命的なバグではないものの、このゆびとまれを無視して攻撃できると言う性質もある。
    • バグが存在する技は過去にもあったが(おいうちなど)、使用が禁止されるのは今回が初である。今回からWi-Fiランダムマッチが実装されたためだと思われる。

脚注

  1. 『ポケットモンスターブラック・ホワイト』のバトルルールに関するお知らせ |ポケットモンスターオフィシャルサイト

関連項目