第七世代(サン・ムーン)登場に関するお願い
サン・ムーン発売Pokémon GOの更新に伴い、ポケモンWikiにおいて新規投稿や加筆修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

アカウント作成時のエラーについて
アカウント作成時に、メールアドレスを入力しなければアカウントが作成できない不具合がありました。現在は解消済みです。

そらをとぶ

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索
そらをとぶ
第一世代
タイプ ひこう
分類 物理
威力 70(第三世代まで)
→90(第四世代以降)
命中率 95
PP 15
範囲 1体選択
直接攻撃
パレス たたかう
効果
1ターン目で空に舞い上がり、2ターン目に攻撃する。空を飛んでいる間はほとんどの技を受けないが、例外はある(そらをとぶ (状態変化)も参照)。
フィールド上(屋外のみ)で使うと、一度行った町やポケモンセンターなどへ移動できる。
判定
わざマシン ひでんマシン02(第六世代まで)
わざマシン76 (第七世代)
アピールタイプ かしこさ
アピール(RSE)
妨害(RSE)  
アピール効果(RSE)
そのターン中、妨害を受けない。
アピール(DP)
アピール効果(DP)
他のポケモンと審査員が重ならなければ、ハートが3つ追加される。

そらをとぶは、ポケモンの技の一種。ひでんわざである。

説明文

たたかうわざ

  • 第二世代:1ターンめで そらに とびたって つぎのターンで てきを こうげき
  • ルビー・サファイアエメラルド:1ターンめで そらに とびたって つぎのターンで てきを こうげき
  • ファイアレッド・リーフグリーン:1ターンめで そらに とんで 2ターンめに こうげきする。 しっている まちに とぶことも できる。
  • 第四世代:1ターンめで そらへ とび 2ターンめに こうげきする。しっている まちに とぶことも できる。
  • 第五世代:1ターンめで そらへ とび 2ターンめに あいてを こうげきする。しっている まちに とぶことも できる。
  • 第五世代第六世代(漢字):1ターン目で 空へ 飛び 2ターン目に 相手を 攻撃する。 知っている 街に 飛ぶことも できる。

コンテストわざ

  • 第三世代:ほかの ポケモンに おどかされても がまんできる
  • 第四世代:ほかの ポケモンと しんさいんが かさならないと +3。

使用ポケモン:覚える方法

第二世代まで

ポケモン名 覚える方法
ひでんマシン
緑赤青ピ 金銀ク
リザードン ○※
ポッポ
ピジョン
ピジョット
オニスズメ
オニドリル
カモネギ
ドードー
ドードリオ
プテラ
フリーザー
サンダー
ファイヤー
カイリュー
ミュウ
ホーホー -
ヨルノズク -
クロバット -
トゲチック -
ネイティオ -
ヤミカラス -
デリバード -
エアームド -
ルギア -
ホウオウ -

ピカチュウバージョンのみ。

第三世代以降

レベルアップ

ポケモン名 ソフト
RSE/FRLG DPt HGSS BW/B2W2 XY/ORAS SM
ボーマンダ Lv.50 Lv.50 Lv.50 Lv.50 Lv.1
進化時点
レックウザ Lv.45 Lv.45 Lv.65 Lv.65 Lv.65 Lv.65
ジジーロン - - - - Lv.45

わざマシン

ポケモン名 ひでんマシン わざマシン
3 4 5 6 7
リザードン
ポッポ
ピジョン
ピジョット
オニスズメ
オニドリル
ズバット ×
ゴルバット ×
カモネギ
ドードー
ドードリオ
プテラ
フリーザー
サンダー
ファイヤー
カイリュー
ミュウ
ホーホー
ヨルノズク
クロバット
トゲチック
ネイティオ
ヤミカラス
デリバード
エアームド
ルギア
ホウオウ
スバメ
オオスバメ
キャモメ
ペリッパー
ビブラーバ
フライゴン
チルット
チルタリス
トロピウス
ボーマンダ
ラティアス
ラティオス
レックウザ
ムックル -
ムクバード -
ムクホーク -
フワライド -
ドンカラス -
ペラップ -
トゲキッス -
ギラティナ -
アルセウス -
マメパト - -
ハトーボー - -
ケンホロウ - -
コロモリ - -
ココロモリ - -
シンボラー - -
アーケオス - -
コアルヒー - -
スワンナ - -
ゴルーグ - -
ワシボン - -
ウォーグル - -
バルチャイ - -
バルジーナ - -
サザンドラ - -
ウルガモス - -
トルネロス - -
ボルトロス - -
レシラム - -
ゼクロム - -
ランドロス - -
キュレム - -
ゲノセクト - -
ヤヤコマ - - -
ヒノヤコマ - - -
ファイアロー - - -
ルチャブル - - -
オンバット - - -
オンバーン - - -
イベルタル - - -
ツツケラ - - - -
ケララッパ - - - -
ドデカバシ - - - -
オドリドリ - - - -
ジジーロン - - - -
カプ・コケコ - - - -
ルナアーラ - - - -
テッカグヤ - - - -

特別なわざ

こんなときに使おう

ひこうタイプの物理技としてはゴッドバードブレイブバードに次いで3位だが、ブレイブバードの影に隠れがちな技である。第四世代威力が向上し使いやすくはなった(ただしダメージを与えるのに2ターンかかるため依然としてダメージ効率はつばさでうつつばめがえしにすら劣る)。1ターンは相手の攻撃を回避できるが、能力を上げる技やみがわりを使われたり、交代・回復させる猶予を与えたりすることも多く使いづらい。どくやけど天候ダメージなどを増やしたいときの時間稼ぎに使われる。

特性かるわざフワライドが特性発動のためにパワフルハーブを持たせ、この技を使って消費させる戦法があるが、第五世代ひこうのジュエルアクロバットというより強力なコンボが登場したため、実用性がほぼなくなってしまった。またこうこうのしっぽを持たせた特性いたずらごころレパルダスねこのて経由でこの技を使わせると、1ターン目の飛び上がる部分は優先度+1で先制で出るが、2ターン目の攻撃部分はいたずらごころの効果が及ばないので、こうこうのしっぽの効果を受け後攻で出る。こうなると通常の技ではレパルダスに攻撃出来るタイミングが全くなくなってしまうため、相手を完封する戦法として考案されたが、同じくねこのてでふきとばしをする型に比べると穴が多く、実用はされなかった。

ストーリーでは実質的に誰かが覚えることが必須なわざではあるが、威力・命中ともに申し分なく、飛んでいるターンも相手がその間に回復や強化を使うこともめったにないので、普通の威力90のひこうわざとして利用することができる。ただし、いつもよりも戦闘に時間がかかるのは注意。

ポケモンカードゲームにおけるそらをとぶ

「コインを1回投げウラなら、このワザは失敗する。オモテなら、次の相手の番、自分はワザによるダメージや効果を受けない。」という効果のワザとして登場する。ダメージも与えることができる。

ポケモン不思議のダンジョンにおけるそらをとぶ

備考

大乱闘スマッシュブラザーズシリーズにおけるそらをとぶ

関連項目