ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。ぜひ編集への参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
また、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、アカウントを作成し、訂正いただければ幸いです。

なまけ

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索

なまけは、ポケモンのとくせいの一種。

効果

2ターンに1回しか行動することができない。

説明文

第五世代第六世代
こうげきが れんぞくで だせない。
攻撃が 連続で だせない。
第七世代
わざを だすと つぎの ターンは やすんでしまう。
技を 出すと つぎの ターンは 休んでしまう。

所有ポケモン:そのポケモンの別のとくせい

特性1 特性2 隠れ特性
ナマケロ なまけ - -
ケッキング なまけ - -
アイアント むしのしらせ はりきり なまけ

こんなときに使おう

  • ハンデキャップとなるマイナス特性。このマイナス特性のためケッキングの代わりにヤルキモノをつかう人もいる。
  • どんな技を使っても1ターン動けなくなるので、開き直ってギガインパクトなどの元々1ターン動けなくなる技を使う。
    • なまけるターンは交代できる点に対し、ギガインパクトなどの技の反動ターンは交代もできない点に注意する。
  • ダブルバトルでは、パートナーがいえきスキルスワップミイラを使って取り除くといった戦略もある。
  • なまけのポケモンとまもるなどを持つポケモンが対面した場合、まもるを持つポケモンは相手がなまけるターンを狙って一方的に行動することができる。
  • アイアントならばなかまづくりにより相手もなまけにできる。自身はだっしゅつボタンによりかげふみまもるを持つポケモンに交代することで相手を封殺するコンボをとることが多い。
    • 第六世代以降ではゴーストタイプにかげふみが効かず、成功率が低くなった。
    • メガシンカポケモンの場合、なまけにされた後にメガシンカして特性を上書きすればこの戦法から抜け出せる。
    • このコンボは見せ合いの時点で看破されやすく、アイアントの行動より早く攻撃してだっしゅつボタンを暴発させることで容易く崩壊する。他にも上記のメガシンカポケモンの他、ギルガルドミミッキュなどにはかげふみ・なかまづくりどちらも効かない。よって対人戦ではマイナーな部類。
    • コンピュータは交代をあまりしてこない為、バトルハウスなどの施設では安定した勝率が見込める。
  • なまけるターンはPPを消費しない為、色違いポケモンや所持技のPPが少ない伝説のポケモンに押しつけることでわるあがきするまで捕獲の試行回数を水増しする事ができる。例えばORASホウオウルギア(いずれも所持技の合計PP20)が対象に上がる。
    • これは自滅を先延ばしにするだけで確実な方法ではない。しゅうかくヒメリのみを渡す方法がより確実ではある。だがPPを回復されたくない強力な技やじこさいせいなどの回復技のPPを回復されてしまっては面倒なので、こちらの方法もある程度は有効。

備考

  • この特性に対するシンプルビームなかまづくりなやみのタネは無効。
  • この特性に対するスキルスワップなりきりは有効。いえきコアパニッシャーによりとくせいなし状態にされる。
  • この特性が使用するスキルスワップなかまづくりなりきりは有効。
  • なかまづくりなどで特性がなまけに書き換わった場合、行動順に関わらず次のターンになまける。
    • 交代出しと同時に特性を書き換えられた場合、最初のターンは動き次のターンになまける。
    • メガシンカウルトラバーストの後、行動前に特性がなまけに書き換わった場合のみ、そのポケモンは即座になまけて次のターンに動く。
  • なまけ発動のタイミングはねむりこおり判定の後、まひの痺れ・こんらんひるみの前になる。
    • ねむり・こおり状態で行動できない間、なまけのターンは消費されない。行動できたターンに先制で眠らされて行動できなかった場合、ねむりターンに関係なく起きたとき行動できる。なまけるターンに先制で眠らされて行動できなかった場合、ねむりターンに関係なく起きたときなまける。
      • ねごといびきを使おうとした場合はこの限りでなく、ねごと・いびきを使用したターンも消費する。
    • まひで痺れて動けなかった場合もなまけターンは消費する。なまけるターンに痺れることはない。
    • こんらんし自傷した場合もなまけターンは消費する。なまけたターンではこんらんターンが消費されない。
    • ひるみで動けなかった場合もなまけターンは消費する。
  • さいはいによる追加行動はなまけターンを消費する。
  • きあいパンチくちばしキャノントラップシェルの技の準備動作はなまけるターンでも発動する。攻撃自体はなまけて不発する。
  • 溜めわざを使った場合、次のターンになまけるので攻撃できない。パワフルハーブを持たせるかZワザに変えることで攻撃可能になる。
    • 余談だが、半分ネタ的な要素としてポケモンコロシアムのバトル山100人抜きの10人目のブースでソーラービームだけを覚えたケッキングが出てくる。上記の通り溜めてなまけるの繰り返しなので、こちらからにほんばれを使うか、ひでり持ち(要するにグラードン)を出さない限り確実に勝てる。
  • 反動で動けないターンでもなまけターンは消費し、次のターンに行動できる。
    • なまけの効果より反動が優先されるため、交代やアイテムの使用はできない。
  • 相手のフリーフォールを受けて行動順を飛ばされた場合、なまけターンは消費しない。
  • トリプルバトルでの「MOVE」はなまけターンを消費しない。なまける代わりにMOVEすると次の行動時になまけることになる。
  • バッグからアイテムを使用したときや、にげるを選んだときはなまけターンを消費しない。
  • 前のターンでなまけた場合、じだんだの威力は上昇する。

各言語版での名称

言語 名前
日本語 なまけ
英語 Truant
ドイツ語 Schnarchnase
フランス語 Absentéisme
イタリア語 Pigrone
スペイン語 Ausente
韓国語 게으름
中国語(普通話・台湾国語) 懒惰
中国語(広東語) 懶惰