Pokémon GOおよび第七世代登場に関するお願い
Pokémon GOおよび第七世代登場に伴い、ポケモンWikiにおいて作成や修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、編集、訂正に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWiki10周年について
ポケモンWikiは2016年4月1日で10周年を迎えました。日頃のご利用に感謝するとともに、今後ともご利用いただけますようお願いいたします。なお、記念企画を検討中です。

なまけ

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索

なまけは、ポケモンのとくせいの一種。

効果

2ターンに1回しか行動することができない。

所有ポケモン:そのポケモンの別のとくせい

特性1 特性2 隠れ特性
ナマケロ なまけ - -
ケッキング なまけ - -
アイアント むしのしらせ はりきり なまけ

こんなときに使おう

  • どんな技を使っても1ターン動けなくなるので、開き直ってギガインパクトなどの元々1ターン動けなくなる技を使う。
  • ハンデキャップとなるマイナス特性。ダブルバトルでは、パートナーがいえきスキルスワップを使って取り除くといった戦略もある。ただし、なやみのタネなかまづくりシンプルビームでは打ち消せないので注意。
    • スキルスワップの場合、その後、相手になまけをつけることも出来る。
    • 特性がミイラのパートナーポケモンをわざと攻撃して取り除くこともできる。ただしデスカーンはゴーストタイプであるため、ノーマル、かくとうタイプ以外の直接攻撃技を当てる必要がある。
  • まもるなどをもつポケモンには歯が立たないので、素直に交代したほうがいい。
  • 相手にどくどくなどの毎ターンHPが減る技を使えば、自分は技を使わないターンもあるので、自分のPPの節約にもなる。
  • 隠れ特性アイアントになかまづくりを使わせて相手もなまけにし、自分はだっしゅつボタンで交代してしまうというコンボも可能。

備考

  • このマイナス特性のためケッキングの代わりにヤルキモノをつかう人もいる。
  • ソーラービームあなをほるなどの2ターンかかるわざを使った場合、次のターンになまけるので攻撃できない。よって覚えさせるだけ無駄になってしまう(パワフルハーブを持たせれば攻撃できるが、1回限りなのでわざわざ覚えさせて持たせる意味はないだろう)。
    • 余談だが、半分ネタ的な要素としてポケモンコロシアムのバトル山100人抜きの10人目のブースでソーラービームだけを覚えたケッキングが出てくる。上記の通り溜めてなまけるの繰り返しなので、こちらからにほんばれを使うか、ひでり持ち(要するにグラードン)を出さない限り確実に勝てる。