第七世代(サン・ムーン)登場に関するお願い
サン・ムーン発売Pokémon GOの更新に伴い、ポケモンWikiにおいて新規投稿や加筆修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

アカウント作成時のエラーについて
アカウント作成時に、メールアドレスを入力しなければアカウントが作成できない不具合がありました。現在は解消済みです。

レシラム

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索
レシラム
Reshiram
英語名 Reshiram
全国図鑑 #643
ジョウト図鑑 #-
ホウエン図鑑 #-
シンオウ図鑑 #-
新ジョウト図鑑 #-
イッシュ図鑑 #149
新イッシュ図鑑 #295
セントラルカロス図鑑 #-
コーストカロス図鑑 #-
マウンテンカロス図鑑 #-
新ホウエン図鑑 #-
アローラ図鑑 #-
メレメレ図鑑 #-
アーカラ図鑑 #-
ウラウラ図鑑 #-
ポニ図鑑 #-
分類 はくようポケモン
タイプ ドラゴン
ほのお
たかさ 3.2m
おもさ 330.0kg
とくせい ターボブレイズ
タマゴグループ タマゴみはっけん
(せいべつふめい)
タマゴの歩数 30855歩
(サイクル 数:121)
獲得努力値 特攻+3
基礎経験値 第五世代:306
最終経験値 1250000
性別 ふめい
捕捉率 45
初期なつき度 0
外部サイトの図鑑
  • ポケモン徹底攻略

レシラムとはぜんこくずかんのNo.643のポケモンのこと。初登場はポケットモンスター ブラック・ホワイト。ブラックで重要となる伝説ポケモンである。

進化

  • レシラム

ポケモンずかんの説明文

ブラック
しんわに とうじょうする ポケモン。しっぽから ほのおを ふきあげて すべての ものを やきつくす。
(漢字) 神話に 登場する ポケモン。しっぽから 炎を 吹き上げて すべての 物を 焼きつくす。
ホワイトYアルファサファイア
レシラムの しっぽが もえると ねつエネルギーで たいきが うごいて せかいの てんきが へんかする。
(漢字) レシラムの 尻尾が 燃えると 熱エネルギーで 大気が 動いて 世界の 天気が 変化する。
ブラック2・ホワイト2オメガルビー
ほのおで せかいを もやしつくせる でんせつの ポケモン。しんじつの せかいを きずく ひとを たすける。
(漢字) 炎で 世界を 燃やし尽くせる 伝説の ポケモン。真実の 世界を 築く 人を たすける。

種族値

種族値 能力値の範囲(第三世代以降)
レベル50 レベル100
HP: 100
 
160 - 207 310 - 404
こうげき: 120
 
112 - 189 220 - 372
ぼうぎょ: 100
 
94 - 167 184 - 328
とくこう: 150
 
139 - 222 274 - 438
とくぼう: 120
 
112 - 189 220 - 372
すばやさ: 90
 
85 - 156 166 - 306
合計 680
 
能力の最小値
個体値0・努力値0・能力が成長しにくいせいかくで計算
能力の最大値
個体値31・努力値252・能力が成長しやすいせいかくで計算

ダメージ倍率

ノーマル: 100%
かくとう: 100%
ひこう: 100%
どく: 100%
じめん: 200%
いわ: 200%
むし: 50%
ゴースト: 100%
はがね: 50%
ほのお: 25%
みず: 100%
くさ: 25%
でんき: 50%
エスパー: 100%
こおり: 100%
ドラゴン: 200%
あく: 100%
フェアリー: 100%

さかさバトル

ノーマル: 100%
かくとう: 100%
ひこう: 100%
どく: 100%
じめん: 50%
いわ: 50%
むし: 200%
ゴースト: 100%
はがね: 200%
ほのお: 400%
みず: 100%
くさ: 400%
でんき: 200%
エスパー: 100%
こおり: 100%
ドラゴン: 50%
あく: 100%
フェアリー: 100%

おぼえるわざ

レシラム/第六世代以前のおぼえるわざも参照。

レベルアップわざ

第七世代 (その他の世代: 5-6)
Lv わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
1 ほのおのキバ ほのお 物理 65 95% 15
1 りゅうのいかり ドラゴン 特殊 - 100% 10
8 ふういん エスパー 変化 - -% 10
15 げんしのちから いわ 特殊 60 100% 5
22 かえんほうしゃ ほのお 特殊 90 100% 15
29 りゅうのいぶき ドラゴン 特殊 60 100% 20
36 きりさく ノーマル 物理 70 100% 20
43 じんつうりき エスパー 特殊 80 100% 20
50 クロスフレイム ほのお 特殊 100 100% 5
54 りゅうのはどう ドラゴン 特殊 85 100% 10
64 ふういん エスパー 変化 - -% 10
71 かみくだく あく 物理 80 100% 15
78 だいもんじ ほのお 特殊 110 85% 5
85 げきりん ドラゴン 物理 120 100% 10
92 ハイパーボイス ノーマル 特殊 90 100% 10
100 あおいほのお ほのお 特殊 130 85% 5
太字のわざはタイプ一致です。

わざひでんマシンわざ

第七世代 (その他の世代: 5-6)
わざマシン わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
わざマシン02 ドラゴンクロー ドラゴン 物理 80 100% 15
わざマシン06 どくどく どく 変化 - 90% 10
わざマシン10 めざめるパワー ノーマル 特殊 60 100% 15
わざマシン11 にほんばれ ほのお 変化 - -% 5
わざマシン15 はかいこうせん ノーマル 特殊 150 90% 5
わざマシン16 ひかりのかべ エスパー 変化 - -% 30
わざマシン17 まもる ノーマル 変化 - -% 10
わざマシン19 はねやすめ ひこう 変化 - -% 10
わざマシン20 しんぴのまもり ノーマル 変化 - -% 25
わざマシン21 やつあたり ノーマル 物理 - 100% 20
わざマシン22 ソーラービーム くさ 特殊 120 100% 10
わざマシン27 おんがえし ノーマル 物理 - 100% 20
わざマシン29 サイコキネシス エスパー 特殊 90 100% 10
わざマシン30 シャドーボール ゴースト 特殊 80 100% 15
わざマシン32 かげぶんしん ノーマル 変化 - -% 15
わざマシン33 リフレクター エスパー 変化 - -% 20
わざマシン38 だいもんじ ほのお 特殊 110 85% 5
わざマシン39 がんせきふうじ いわ 物理 60 95% 15
わざマシン42 からげんき ノーマル 物理 70 100% 20
わざマシン43 ニトロチャージ ほのお 物理 50 100% 20
わざマシン44 ねむる エスパー 変化 - -% 10
わざマシン48 りんしょう ノーマル 特殊 60 100% 15
わざマシン49 エコーボイス ノーマル 特殊 40 100% 15
わざマシン50 オーバーヒート ほのお 特殊 130 90% 5
わざマシン51 はがねのつばさ はがね 物理 70 90% 25
わざマシン52 きあいだま かくとう 特殊 120 70% 5
わざマシン56 なげつける あく 物理 - 100% 10
わざマシン59 ぶんまわす あく 物理 60 100% 20
わざマシン61 おにび ほのお 変化 - 85% 15
わざマシン65 シャドークロー ゴースト 物理 70 100% 15
わざマシン66 しっぺがえし あく 物理 50 100% 10
わざマシン68 ギガインパクト ノーマル 物理 150 90% 5
わざマシン71 ストーンエッジ いわ 物理 100 80% 5
わざマシン76 そらをとぶ ひこう 物理 90 95% 15
わざマシン80 いわなだれ いわ 物理 75 90% 10
わざマシン82 ドラゴンテール ドラゴン 物理 60 90% 10
わざマシン87 いばる ノーマル 変化 - 85% 15
わざマシン88 ねごと ノーマル 変化 - -% 10
わざマシン90 みがわり ノーマル 変化 - -% 10
わざマシン100 ないしょばなし ノーマル 変化 - -% 20
太字のわざはタイプ一致です。

タマゴわざ

第七世代 (その他の世代: 5-6)
遺伝元 わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
このポケモンにタマゴわざはありません。
太字のわざはタイプ一致です。

人から教えてもらえるわざ

第七世代 (その他の世代: 5-6)
わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
りゅうせいぐん ドラゴン 特殊 130 90% 5
太字のわざはタイプ一致です。

入手方法・入手可能な最低レベル

バージョン 単体 通信
B Lv.50 Nのしろまたはリュウラセンのとうで捕まえる。 Lv.50 B W2内で通信
W・B2 × 入手不可 Lv.50 B・W2から通信
W2 Lv.70 リュウラセンのとうで捕まえる。 Lv.50 B W2内で通信
X・Y・AS × 入手不可 Lv.50 ORから通信
OR Lv.50 手持ちにLv.100のポケモンを加えた状態でおおぞらをとび、マボロシのばしょ「おぼろのどうくつ」で捕まえる。 Lv.50 OR内で通信
  • ブラックではNの城のイベントで必ず戦闘することになり、そこで捕獲しないとストーリーが進まない。逃げたり倒したりしてもいなくならず、話しかけるとまた戦闘が始まる。
  • ただし、レシラムと戦闘する時点でボックス手持ちポケモンが全て埋まっていた場合(6+30×24=726匹)のみ、捕獲しないままストーリーが進む。
    • このような理由から、ミュウツーやグラードンなどの他の伝説のポケモン(ゼクロムを除く)に比べてかなり捕まえやすくなっている。
  • そうした場合、エンディング後にリュウラセンのとうに固定シンボルとして現れる。こちらは逃げたり倒したりするといなくなってしまい、でんどういりするまで復活しない。
    • リュウラセンのとうで捕獲する場合、「性格個体値はNの城に出現した時点で固定されてしまう」「Nの城と違って色違いが出る事がある」「Nの城のレシラム戦スルーのためにボックスを埋め始めてから1度もボックスを開かずにボックスを16・24に増やさないでおけば埋めるのは24×8で良い」と言った噂があるが、いずれもデマである。リュウラセンの塔でも戦闘に入るたびに性格や個体値は変わる。また、Nの城の時と同様に色違いブロックルーチンがあるので、色違いが出現する事は無いし、ボックスを開かないでいても24×30匹埋める必要がある。
  • 2011年の劇場版アニメで劇場にポケットモンスター ホワイトを持っていくと、劇場配信で受け取れる。→レシラム (サトシ)
  • ホワイト2ではNのしろでNに勝利している場合のみ、捕獲できる。
  • オメガルビー・アルファサファイアではレベル100のポケモンが1匹さえいればよく、日替わりランダムや曜日・時間帯などの条件も無く確定で出現場所が出現するため、クリア後の条件付伝説ポケモンの中ではかなり遭遇しやすい。また、ここで捕まえた場合、タマゴみはっけんグループの例に従い、個体値は必ず3V以上である。
    • また、レシラムを捕まえる事がストーリーと何の関係も無くなり他の伝説ポケモンと同じ扱いになったためか、捕捉率が45ではなくなり他の伝説ポケモンと同じ3になっている。

備考

  • 色違いブロックルーチンと呼ばれる、色違いが出現する条件を満たした場合に強制的に色違いでなくする処理があり、色違いが絶対に出ないようになっている。詳しくは色違いを参照。

アニメにおけるレシラム

マンガにおけるレシラム

ポケットモンスターSPECIALにおけるレシラム

ポケモンカードにおけるレシラム

一般的な育成論

出場制限のかかる禁止級の伝説ポケモン。メガシンカを除くと唯一のほのお、ドラゴンタイプを持ち、高いとくこうと、それを活かせる高火力な技に恵まれている。ほのおドラゴンの組み合わせは範囲が広く、よく他のドラゴンタイプ等も採用する技範囲を一致で繰り出せるので、一致技だけでも一貫性が高い。これらを半減するポケモンもごく僅かで、現地点ではマリルリマリルメガチルタリスメレシーディアンシー(メガディアンシー)のみしか両方の技を半減以下にする事が出来ない。メレシー、ディアンシーにはだいちのちからが入るので、実質は3匹のみに近い。ヒードランは特性ターボブレイズもらいびを貫通する為半減する事が出来ない。

また、フェアリータイプで抜群にならないドラゴンタイプという特徴もある。ディアルガと違いこちらから一致抜群を突く事が出来ないが、フェアリーに多い特殊技に対する耐久力はこちらが高め。

だが、これ程までに優秀な性能を持っていながら伝説戦ではいまいちパっとしない。その理由として、まずすばやさ種族値が他の禁止級にも多い90しかない為、先手を取るのが難しい。相方のゼクロムにも言える事だが、先手を取られてしまうと高火力一致弱点が飛んできやすい環境にあるので、最悪の場合何も出来ずに落ちやすい。さらにドラゴンはキュレム(ブラックキュレム、ホワイトキュレム)、レックウザ(メガレックウザ)、パルキアジガルデ等自分よりも速い禁止級ドラゴンが多いので尚更動きにくい。一般ドラゴンもガブリアスボーマンダ(メガボーマンダ)、サザンドラを始め自分より速く、伝説戦でもよく見るドラゴンポケモンに軒並み先手を取ることが出来ない。

次に、ほのおドラゴンの技範囲は伝説戦だとあまり有利に働きにくい事も挙げられる。一般ポケモンには幅広く刺さるほのお技が強いものの、伝説戦は先述の通りドラゴンポケモンが多い為通りにくい。さらに追い討ちをかけるように、カイオーガ(ゲンシカイオーガ)やゲンシグラードンホウオウ等、ドラゴン以外にも半減、無効化するポケモンが多く、技の通りが悪い。

一方ホウオウは、同じくほのおタイプを持つポケモンだが、せいなるほのおにより独特な性能を持つ他、通りの良い飛行技ブレイブバードを持ち合わせ、高い特殊耐久で禁止級に多い特殊アタッカーを受ける事が出来るので不遇ではない。むしろ優遇されている程である。ゲンシグラードンもほのおタイプを持つが、こちらは天気によって技の威力を高める事が出来るので半減でもごり押してしまうケースが多く、さらに天気の効果で水タイプの技を無効かしてしまうという強烈な個性があり、元からのじめんタイプとしての性能も相まって非常に優秀。レシラムはこの二匹の存在もあり立場が食われている面もある。

耐性面でも分が悪く、先述したフェアリー等倍はドラゴンタイプとしてはメリットだが、ほのおタイプから見れば完全にマイナスであり、特殊耐久の高いフェアリーポケモンには決して有利というわけではない(無論不利という訳でもない)。これだけならまだいいが、問題はそのフェアリータイプが大抵ゼルネアスである事だろう。特殊耐久に優れる他、特に問題となるジオコントロールを持つ為突破が困難。むしろこちらがムーンフォースで突破されてしまう。さらにゼルネアスはレシラムよりも速いので絶好の起点である。ホウオウグラードンは半減かつ物理主体なのでメインのムーンフォースを半減して返り討ちに出来るだけにかなり痛い。

最後に、禁止級環境におけるレシラム特有の明確な役割対象が少ない事である。先述した通り、ほのおタイプの優秀なポケモンには既にホウオウ、ゲンシグラードンがいる為あちらの方が上手であり、ドラゴンタイプとして見ても他の伝説のポケモンで間に合う事が多い為優先的に採用される事は無い。つまり非常に中途半端なポケモンである。ポテンシャルは十分にあるが、強烈な個性が無く、環境、能力、タイプが全て噛み合わない。

それでも、一般ポケモンから見れば強いポケモンなのには間違い無く、対一般ポケモンには圧倒的な力を誇る。あくまで禁止級環境では弱いということである。

技構成は、あおいほのおクロスフレイムのどちらかをほのお技のメインとして据えて置き、ドラゴン技のりゅうせいぐんりゅうのはどうのどちらかを選択するといい。りゅうせいぐんとりゅうのはどうは両立可。ちなみにオーバーヒートはあおいほのおと威力が同等の為選択肢に入らない。だいもんじもあおいほのおの完全劣化なので選択肢に入らない。かえんほうしゃは威力不足だが、PP的にはありえる。ダブルバトルではねっぷうもあり。二体攻撃の一致ほのお技を扱えるポケモンは他にゲンシグラードンがいるが、あちらと違いデメリット無く、しかも味方を巻き込まない技なので、ダブルのレシラムにとっては半必須級。 サブウェポンは保管に優れるだいちのちからが最有力候補。特性によりふゆうを貫通する為相性が良い。バンギラスディアルガをより意識するならきあいだまも候補だが優先度は低い。ニトロチャージですばやさを高めるのも面白いだろう。物理技だが、ホウオウ対策のいわなだれストーンエッジがんせきふうじも候補。げんしのちからはあちらの特殊耐久が高すぎて威力不足。

補助技はおにびおいかぜねごとと優秀な物が揃うが技スペースは厳しい。おにびとはねやすめを組み合わせた物理耐久型も一考だがホウオウの壁が立ちはだかる。

持ち物候補は、より一層火力を追い求める為こだわりメガネを持たせるか、広い範囲を打ち分ける為いのちのたまにするか、微妙なすばやさを補えるこだわりスカーフが基本的な候補。とつげきチョッキで特殊を受けたり、しろいハーブでりゅうせいぐんを連発するということも可能。

関連項目


この項目はポケモン図鑑プロジェクトによって作成されています。