Pokémon GOおよび第七世代登場に関するお願い
Pokémon GOおよび第七世代登場に伴い、ポケモンWikiにおいて作成や修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、編集、訂正に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWiki10周年について
ポケモンWikiは2016年4月1日で10周年を迎えました。日頃のご利用に感謝するとともに、今後ともご利用いただけますようお願いいたします。なお、記念企画を検討中です。

かそく

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索

かそくは、ポケモンのとくせいの一種。

効果

毎ターンすばやさが1段階上がる。

所有ポケモン:そのポケモンの別のとくせい

隠れ特性で所有

メガシンカしたポケモン

その他

こんなときに使おう

  • 1ターンさえ凌げば大半のポケモンを抜ける素早さを得られる。2ターン目が終わればこだわりスカーフ持ちですら歯が立たない素早さになる。
  • この特性を所有するポケモンはほぼ全て、第1ターンをまもるで凌いで素早さを得てから攻撃に移る戦法で実用されている。
  • この特性を持つポケモンのどれにとってもかなり有用な特性であるため、対戦でこれらのポケモンを見るとかそく持ちだという事が容易に読まれてしまう。つまり第1ターンのまもるが非常に読まれやすいと言う事で、積み技を使ったりみがわりを出したり有利なポケモンに交代したりと言った行動をしてくる事が多い。裏をかいてまもらずにこちらも積み技を使ったりいきなり攻撃を仕掛けたりする事は出来るが、ややリスキーな読み合いとなる。
  • いくら抜けるといっても先制攻撃技せんせいのツメ発動に対しては、自分達が先制攻撃技を使用しない限り先制出来ないので注意。この特性を持つポケモンはいずれも耐久が低めのため、第六世代から登場した特性はやてのつばさを持つファイアローには特に気を付けたい。

ポケモン不思議のダンジョンにおけるかそく

同じフロアで250ターン経つと移動速度が1段階上がる。フロアを移動すると元に戻る。

備考

  • 戦闘に出た直後のターンは発動せず、その次のターンから毎ターン終了時に発動する。味方のバトンタッチ、とんぼがえり、相手のほえる、ふきとばしで交代して出てきたターンも同様。