ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事を投稿、編集、訂正してくださる方を必要としています。投稿、編集、訂正はユーザ登録後、ログインすることで可能です。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。ぜひご協力お願いいたします。

誤情報や根拠のない記述にご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWikiをブラウザの検索ボタンに追加できます。追加する場合はプラグイン追加をクリックしてください。

ニンテンドーWi-Fiコネクション

提供: ポケモンWiki
移動: 案内検索
この項目「ニンテンドーWi-Fiコネクション」はWikipedia (ウィキペディア)にも存在しています。

ニンテンドーWi-Fiコネクション[1]とは、ニンテンドーDSWiiなどの対応ゲーム機の対応ソフトで、インターネットを使用して世界中と通信できるシステムのこと。2014年5月20日をもって第四世代第五世代を含む有料ではないニンテンドーWi-Fiコネクションのサービス終了が発表された。[2]

ポケットモンスターシリーズでは、第四世代第五世代に対応。Wii用の対戦ソフトでは「ポケモンバトルレボリューション」がこれにあたる。第六世代は3DS、WiiU向けに開発されたニンテンドーネットワークを利用。

第六世代の通信についての記事はニンテンドーネットワークも併せて参照のこと

概要

対応ゲーム機の対応ソフトを用い、インターネットを経由して世界中と通信対戦、通信交換を行うことができるシステム。ポケットモンスターシリーズではダイヤモンド・パールよりブラック2・ホワイト2までの第四世代第五世代のソフトで対応。 ネットワーク経由での通信の実現により、今まで通信をすることができなかったプレイヤーとの通信交換・対戦が行えるようになったが、ルールを無視した通信交換[3]・対戦[4]がみられるなどの弊害も発生していた。 また、Wi-Fiは各家庭への無線LANネットワーク普及に対し大きな役割を果たした反面、DSが適切な暗号化に対応していないためにセキュリティ上問題の見られるネットワークを数多く生み出す原因ともなった。

DS用ソフトでのWi-Fiの利用について

WEPの脆弱性に起因する問題

ニンテンドーWi-Fiコネクションには無線LANを使用してアクセスをする方法と、USBコネクタを使ってアクセスする方法があるが、DSシリーズで利用される暗号方式のWEPには脆弱性[5]があるため、DSi対応ソフトまたは3DS専用ソフトとDSi・DSi LL[6]・3DS・3DS LLにてWPA[7]のセキュリティを使用することが推奨されている。DS用ソフトでのWi-Fi接続にではUSBコネクタを使うことが推奨される。

対応ソフト

ニンテンドーDS

DSi対応ソフト

高速・高セキュリティ通信などのDSi拡張機能対応のソフト。

Wii

USB Nintendo Wi-Fi Connector の設定

  • USB Nintendo Wi-Fi Connectorは発売終了、WiiUでは非対応。
  • Windows Vistaには対応しているものの、Windows 7以降では未対応となっている。

セットアップの方法

  1. 任天堂ホームページから「PC登録ツール」をダウンロード(解凍先はデスクトップを基準に考える。)
  2. ダウンロードしたら「NintendoWiFiUSB104.zip」というファイルを右クリックして「すべて展開」をクリック
  3. 「NintendoWFCReg」フォルダを開くそこのフォルダに「setup.exe」というファイルがあるのでダブルクリック
  4. あとは画面の指示に従う

Wi-Fiコネクションの設定

  1. 接続前にウィルスセキュリティの設定を無効にしておく
  2. 「USB Nintendo© Wi-Fi Connector」のUSB端子をパソコンに差し込む
  3. 右下のタスクバーに「PC登録ツール」が出てくるので右クリックして「ツールの開始」をクリック
  4. ニンテンドーDSを立ち上げてソフトのメニューの中から「Wi-Fiせってい」をタッチ
  5. 「ニンテンドーWi-Fiコネクションにせつぞく」をタッチして画面に接続する
  6. PC登録ツールの部分で名前が出てくるので「接続許可」を選択する

注釈

  1. Wi-Fiは「ワイファイ」と読む。
  2. 「ニンテンドーDS」および「Wii」ソフトの「ニンテンドーWi-Fiコネクション」サービス終了のお知らせ 2014.2.27発表
  3. ポケモンの持ち逃げ・同意なしでの改造ポケモンの送付・卑猥な名前が付いたポケモンの送付など
  4. あらかじめ決めたルールに違反する対戦・ボイスチャットの不適切な利用など
  5. 一分以内にネットワークに侵入可能。いわゆる無線LAN等の進入用ツールも販売されており、また対応無線機器(一部の国内有名メーカー無線LAN機器も使用可能)用の解読ソフトもインターネット上で無償で公開されている。
  6. DSi・DSi LLでは上級者設定からWPA系暗号の利用が必要。
  7. WPA2-PSK(AES)が最も推奨され、以下WPA-PSK、WPA2-TKIP、WPA-TKIPの順になる。

外部サイト

関連項目