ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事を投稿、編集、訂正してくださる方を必要としています。投稿、編集、訂正はユーザ登録後、ログインすることで可能です。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。ぜひご協力お願いいたします。

誤情報や根拠のない記述にご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWikiをブラウザの検索ボタンに追加できます。追加する場合はプラグイン追加をクリックしてください。

ホウオウ

提供: ポケモンWiki
移動: 案内検索
ホウオウ
Houou
英語名 Ho-oh
全国図鑑 #250
ジョウト図鑑 #248
ホウエン図鑑 #385
シンオウ図鑑 #-
イッシュ図鑑 #-
新イッシュ図鑑 #-
セントラルカロス図鑑 #-
コーストカロス図鑑 #-
マウンテンカロス図鑑 #-
分類 にじいろポケモン
タイプ ほのお
ひこう
たかさ 3.8m
おもさ 199.0kg
とくせい プレッシャー
夢特性 さいせいりょく
タマゴグループ タマゴみはっけん
(せいべつふめい)
タマゴの歩数 30720歩
獲得努力値 特防+3
基礎経験値 第四世代以前:220
第五世代:306
最終経験値 1250000
性別 ふめい
捕捉率 3
初期なつき度 0

外部サイトの図鑑

ホウオウとはぜんこくずかんのNo.250のポケモンのこと。初登場はポケットモンスター 金・銀

進化

  • ホウオウ

ポケモンずかんの説明文

ポケットモンスター 金ポケットモンスター リーフグリーンポケットモンスター ハートゴールド
なないろの みごとな つばさで せかいの そらを とびつづけると しんわに つたえられる ポケモン。
ポケットモンスター 銀ポケットモンスター ファイアレッドポケットモンスター ソウルシルバー
からだは なないろに かがやき とんだあとに にじが できると しんわに のこされている ポケモン。
ポケットモンスター クリスタル
こころただしき トレーナーの まえに なないろの つばさを ひからせながら すがたをあらわすと つたえられる。
ポケットモンスター ルビー・サファイアエメラルド
ひかりの あたる かくどに よって なないろに かがやく ハネは しあわせを もたらすと いう。にじの ふもとに すむと いわれている。
ポケットモンスター ダイヤモンド・パールプラチナポケットモンスター ブラック・ホワイトポケットモンスター ブラック2・ホワイト2
なないろの つばさを もつ。ホウオウを みた ものは えいえんの しあわせが やくそくされるという。

種族値

第2世代以降

種族値 ステータスの範囲
(第三世代以降)
レベル50 レベル100
HP: 106
 
166213 322416
こうげき: 130
 
121200 238394
ぼうぎょ: 90
 
85156 166306
とくこう: 110
 
103178 202350
とくぼう: 154
 
143226 281447
すばやさ: 90
 
85156 166306
ステータスの最小値
個体値0・努力値0・能力が上がりにくい性格で計算
ステータスの最大値
個体値31・努力値252・能力が上がりやすい性格で計算

ダメージ倍率

ノーマル: 100%
かくとう: 50%
ひこう: 100%
どく: 100%
じめん: 0%
いわ: 400%
むし: 25%
ゴースト: 100%
はがね: 50%
ほのお: 50%
みず: 200%
くさ: 25%
でんき: 200%
エスパー: 100%
こおり: 100%
ドラゴン: 100%
あく: 100%
フェアリー: 50%

おぼえるわざ

レベルアップわざ

Lv 第二世代 第三世代 第四世代 第五世代
金銀ク RSE/FRLG DP/Pt HGSS BW/B2W2
1 せいなるほのお ふきとばし ふきとばし ウェザーボール
ふきとばし
ふきとばし
ウェザーボール
9 しんぴのまもり かぜおこし かぜおこし
11 しんぴのまもり しんぴのまもり
15 かぜおこし ブレイブバード ブレイブバード
22 かぜおこし かぜおこし
23 じこさいせい じんつうりき じんつうりき
29 だいもんじ にほんばれ にほんばれ
33 じこさいせい じこさいせい
37 にほんばれ だいもんじ だいもんじ
43 スピードスター せいなるほのお せいなるほのお
44 だいもんじ だいもんじ
50 おしおき おしおき
51 しぜんのめぐみ
55 にほんばれ にほんばれ
57 げんしのちから げんしのちから
65 じんつうりき しんぴのまもり しんぴのまもり
66 スピードスター スピードスター
71 おしおき じこさいせい じこさいせい
77 ふきとばし せいなるほのお
79 みらいよち みらいよち
85 せいなるほのお しぜんのめぐみ しぜんのめぐみ
88 げんしのちから げんしのちから
93 めいそう めいそう
99 みらいよち みらいよち ゴッドバード ゴッドバード

わざひでんマシンわざ

第二世代 第三世代 第四世代 第五世代
金銀ク RSE/FRLG DP/Pt/HGSS BW/B2W2
わざマシン03 のろい
わざマシン04 めいそう めいそう めいそう
わざマシン05 ほえる ほえる ほえる ほえる
わざマシン06 どくどく どくどく どくどく どくどく
わざマシン07 でんじほう
わざマシン08 いわくだき
わざマシン09 じこあんじ
わざマシン10 めざめるパワー めざめるパワー めざめるパワー めざめるパワー
わざマシン11 にほんばれ にほんばれ にほんばれ にほんばれ
わざマシン13 いびき
わざマシン15 はかいこうせん はかいこうせん はかいこうせん はかいこうせん
わざマシン16 ひかりのかべ ひかりのかべ ひかりのかべ
わざマシン17 まもる まもる まもる まもる
わざマシン18 あまごい あまごい あまごい あまごい
わざマシン19 ギガドレイン ギガドレイン ギガドレイン
わざマシン20 こらえる しんぴのまもり しんぴのまもり しんぴのまもり
わざマシン21 やつあたり やつあたり やつあたり やつあたり
わざマシン22 ソーラービーム ソーラービーム ソーラービーム ソーラービーム
わざマシン24 りゅうのいぶき 10まんボルト 10まんボルト 10まんボルト
わざマシン25 かみなり かみなり かみなり かみなり
わざマシン26 じしん じしん じしん じしん
わざマシン27 おんがえし おんがえし おんがえし おんがえし
わざマシン29 サイコキネシス サイコキネシス サイコキネシス サイコキネシス
わざマシン30 シャドーボール シャドーボール シャドーボール シャドーボール
わざマシン31 どろかけ
わざマシン32 かげぶんしん かげぶんしん かげぶんしん かげぶんしん
わざマシン33 リフレクター リフレクター リフレクター
わざマシン34 いばる でんげきは でんげきは
わざマシン35 ねごと かえんほうしゃ かえんほうしゃ かえんほうしゃ
わざマシン37 すなあらし すなあらし すなあらし すなあらし
わざマシン38 だいもんじ だいもんじ だいもんじ だいもんじ
わざマシン39 スピードスター
わざマシン40 つばめがえし つばめがえし つばめがえし
わざマシン42 ゆめくい からげんき からげんき からげんき
わざマシン43 みきり ひみつのちから ひみつのちから ニトロチャージ
わざマシン44 ねむる ねむる ねむる ねむる
わざマシン47 はがねのつばさ はがねのつばさ はがねのつばさ
わざマシン48 りんしょう
わざマシン49 エコーボイス
わざマシン50 あくむ オーバーヒート オーバーヒート オーバーヒート
わざマシン51 はねやすめ
わざマシン57 チャージビーム チャージビーム
わざマシン58 こらえる フリーフォール
わざマシン59 やきつくす
わざマシン61 おにび おにび
わざマシン68 ギガインパクト ギガインパクト
わざマシン70 フラッシュ フラッシュ
わざマシン73 でんじは でんじは
わざマシン77 じこあんじ じこあんじ
わざマシン78 じならし
わざマシン82 ねごと
わざマシン83 しぜんのめぐみ
わざマシン85 ゆめくい ゆめくい
わざマシン87 いばる いばる
わざマシン88 ついばむ ついばむ
わざマシン90 みがわり みがわり
わざマシン94 いわくだき
ひでんマシン02 そらをとぶ そらをとぶ そらをとぶ そらをとぶ
ひでんマシン04 かいりき かいりき かいりき かいりき
ひでんマシン05 フラッシュ きりばらい
ひでんマシン06 いわくだき いわくだき

人から教えてもらえるわざ

第二世代 第三世代 第四世代 第五世代
FRLG E XD DP Pt HGSS BW B2W2
すてみタックル × × × × × ×
かえんほうしゃ × × × × × × × ×
10まんボルト × × × × × × × ×
でんじは × × × × × ×
ものまね × × × × × ×
スピードスター × × × × × ×
ゆめくい × × × × × ×
ゴッドバード × × × × × ×
みがわり × × × × × ×
あくむ × × × × × × × ×
いびき × × × × ×
どろかけ × × × × × ×
ギガドレイン × × × × × × × ×
こらえる × × × × × × × ×
いばる × × × × × × ×
ねごと × × × × × × ×
たつまき × × × × × × ×
じこあんじ × × × × × × × ×
げんしのちから × × × × × × ×
ねっぷう × × × × × ×
ハイパーボイス × × × × × × × ×
エアカッター × × × × × × ×
シグナルビーム × × × × × ×
はねやすめ × × × × × × × ×
おいかぜ × × × × × × ×
だいちのちから × × × × × ×
しねんのずつき × × × × × ×
アイアンヘッド × × × × × ×
あやしいかぜ × × × × × × ×

その他の場所で覚えるわざ

入手方法・入手可能な最低レベル

バージョン 単体 通信
Lv.40 にじいろのはねを手に入れてからスズのとうの屋根(1匹のみ) Lv.40 金内で通信
Lv.70 にじいろのはねを手に入れてからスズのとうの屋根(1匹のみ) Lv.40 金から通信
クリスタル Lv.60 にじいろのはねを手に入れてからスズのとうの屋根(1匹のみ) Lv.40 金から通信
ルビー・サファイア × 入手不可 Lv.70 エメ、炎赤、葉緑、コロシアムから通信
コロシアム Lv.70 ダークポケモンを全種類スナッチリライブさせた状態で、バトルやまで100人抜きを達成する(1匹のみ) Lv.70 エメ、炎赤、葉緑から通信
エメ・炎赤・葉緑 Lv.70 イベント配布のしんぴのチケットを手に入れてからへそのいわ頂上(1匹のみ) Lv.70 エメ、炎赤、葉緑内で通信
ダイヤ・パール・プラチナ × 入手不可 Lv.45 HGから通信
ハートゴールド Lv.45 にじいろのはねととうめいなスズを手に入れてからスズのとうの屋根でイベント(1匹のみ) Lv.45 HG内で通信
ソウルシルバー Lv.70 にじいろのはねを手に入れてからスズのとうの屋根(1匹のみ) Lv.45 HGから通信
ブラック・ホワイト × 入手不可 Lv.5 BW2から通信
ブラック2・ホワイト2 Lv.5 バッジ0個の状態でポケモンARサーチャーから通信(1匹のみ) Lv.5 BW2内で通信

備考

アニメにおけるホウオウ

  • 無印編第1話のラストにて、金色に輝きながら空を飛び去る姿が初登場。[1]第二世代のポケモンでは最速でアニメに登場したポケモンであり、当時のサトシポケモンずかんにはデータはなかった。 その後も無印編第273話AG編第178話で空を飛ぶ姿がサトシその他数名に目撃された。→ホウオウ (アニメ)
  • エンジュシティにおいて、無印編第181話では「かつてホウオウはスズのとうに降臨しマツバの祖先と接触していたが、ホウオウの力を狙う者との争いによってスズのとうが火事で失われて以来人間との関わりを断った」という伝説が、無印編第227話では「その時火事に巻き込まれて死んだ3匹のポケモンを、ホウオウがライコウエンテイスイクンとして蘇らせ人間を監視する使者とした」という伝説が明らかになった。
  • エンジュシティでは幸せを招いていたポケモンと伝わる反面、無印編第265話では「人間の戦いを止めるため大地ごと武器を焼き尽くした」、AG編第178話では「ポケランティス王の世界征服に利用されそうになったので国を滅ぼした」といった、非情・凶暴とも取れる荒々しい伝説がある。ただし各伝説の真相や、サトシ達が複数回目撃したホウオウ及び各伝説に登場するホウオウが同一個体かどうかは不明である。
  • そもそも世界に複数存在しないのかどうかも不明だが、マツバは前述したエンジュシティの伝えを持ち出し、サトシがホウオウを目撃したことを否定している。

劇場版におけるホウオウ

マンガにおけるホウオウ

ポケットモンスターSPECIALにおけるホウオウ

ポケモンカードにおけるホウオウ

一般的な育成論

バトルフロンティアでの使用が制限される伝説ポケモン。攻撃特防に優れ、その他のステータスも高水準である。

追加効果・威力共に優秀なせいなるほのおや、威力が高くタイプ一致となるブレイブバードがメインウェポンとなる。他の物理技候補はじしんなど。

威力の関係から特殊攻撃をメインとすることも可能。その場合だいもんじオーバーヒートを軸に、かみなりシャドーボールめざめるパワーこおりなどが候補となる。もちろん物理・特殊攻撃を両方覚えさせるのも有効である。

補助技としてはじこさいせいはねやすめでんじはめいそうなどが候補に挙がる。

持ち物候補はラムのみオボンのみ等。とつげきチョッキならばさいせいりょくと相性が良い。じゃくてんほけんならば高い耐久から全抜きを狙える。じゃくてんほけん採用の場合はニトロチャージも欲しい所。

他の伝説ポケモンと比べ控えめな素早さパルキアギラティナカイオーガなど相性の悪い伝説ポケモンが多い点が弱点となる。特にカイオーガは特性あめふらしを持つため、非常に相性が悪い。だが相方にルンパッパドクロッグ等を置く事でカバーできる。またユキノオーと組んで霰パで戦うのも手。相手のふぶきにも強気に出せる。

さいせいりょくを持つ個体がポケモンARサーチャーにより解禁された。この場合、アタッカーの場合ブレイブバードの反動を多少カバーできる。耐久型なら不利な相手から引くときに体力がさらに回復するため役に立つ。

各言語版での名称と由来

言語 名前 由来
日本語 ホウオウ 鳳凰
英語 Ho-Oh ホウオウ
ドイツ語 Ho-Oh ホウオウ
フランス語 Ho-Oh ホウオウ
韓国語 칠색조(Chilsaekjo) 칠색(七色)、조(鳥)
中国語(普通話) 鳳王/凤王(Fèngwáng) 鳳凰、王
中国語(広東語) 鳳凰(Fuhngwòhng) 鳳凰

脚注

  1. しかしこの時点ではホウオウの登場するゲームは無い。また、ホウオウは第二世代以降のポケモンである。

関連項目

この項目はポケモン図鑑プロジェクトによって作成されています。