ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事を投稿、編集、訂正してくださる方を必要としています。投稿、編集、訂正はユーザ登録後、ログインすることで可能です。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。ぜひご協力お願いいたします。

誤情報や根拠のない記述にご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWikiをブラウザの検索ボタンに追加できます。追加する場合はプラグイン追加をクリックしてください。

ドラゴン

提供: ポケモンWiki
移動: 案内検索
このページではタイプのドラゴンについて解説しています。タマゴグループについてはドラゴン (タマゴグループ)を参照してください。

ドラゴン(Dragon)は、タイプの一種。

概要

ドラゴンタイプには竜をイメージしたポケモンが多く分類される。ドラゴンタイプのポケモンは様々なタイプに耐性を持ち、能力値が全体的に高いのでオールマイティーで安定した戦いができる。またその多くが様々なわざマシンを受け付けるため使える技の種類も豊富である。ドラゴンタイプの技を弱点としているのは同じドラゴンタイプしかいないが、半減もはがねタイプのみで、技の中でもげきりんりゅうせいぐんなどは強力なので大した問題にはならない。ドラゴンタイプのポケモンは基本的に入手困難であり、その上最終進化形態になるまでの期間が長いため、育てるのが難しいといわれているが、その分最終進化系のパワーは絶大。ただ、こおりタイプの技を4倍弱点として持っているポケモンが多いので、主に通信対戦ではその技を使える相手を見極めなければならない。

第一世代第二世代ではドラゴンタイプのポケモンは3~4匹(ミニリュウハクリューカイリューキングドラ)しか登場せず、大変な希少種とされていた。その当時のドラゴン技は特殊技に分類されていた。さらに当時はドラゴン技は第一世代ではダメージ固定技りゅうのいかりのみで、第二世代ではたつまきりゅうのいぶきなど威力の低いものばかりであった。一応、げきりんは存在したものの、この頃はまだ威力90である。そのため、第一・二世代のドラゴンポケモンはその高い物理攻撃力を十分に活かすことはできなかったとされている。

第三世代では安定したダメージを与えられるドラゴンクローが追加。また、この世代から、ドラゴンポケモンが増え初めた。第四世代では物理技へ変更の技や新技も増えて攻撃力が活かせるようになる。げきりんが強化され、ドラゴンダイブりゅうのはどうりゅうせいぐんと言った強力な技が登場。一気に活躍の場が広がった。

それから第五世代までは「攻撃面でほぼ最強」と名乗れるタイプとして注目されていたが、第六世代では弱点に加えこちらのドラゴンタイプの技を無効化してしまうフェアリータイプの登場で、その存在が大きく薄れることになる。ただ、ドラゴンタイプのポケモンのほとんどはアイアンテールアイアンヘッドラスターカノンといったフェアリータイプが苦手とするはがねタイプの技を教え技、わざマシンなどで取得できるので、相手にすることを踏まえて覚えさせておくのもいいだろう。

ポケモンカードゲームでは長らく無色タイプに分類されていたが、BWシリーズで新たにドラゴンタイプが登場した。

ポケモンとしてのドラゴンタイプ

このタイプを持つポケモンについてはCategory:ドラゴンポケモンを参照。

ドラゴンのみ

相性

凡例   ×○ × ×△ ××
本編 / ノブナガ ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00
ダンジョン(救助隊) ×2.25 ×1.50 ×1.35 ×1.00 ×0.90 ×0.81 ×0.75 ×0.50 ×0.45 ×0.25
ダンジョン(探検隊) ×1.96 ×1.40 ×0.99 ×1.00 ×0.71 ×0.49 ×0.70 ×0.50 ×0.35 ×0.25

初出:第一世代

一覧

+ほのお

相性

凡例   ×○ × ×△ ××
本編 / ノブナガ ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00

初出:第五世代

一覧

+みず

相性

凡例   ×○ × ×△ ××
本編 / ノブナガ ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00
ダンジョン(救助隊) ×2.25 ×1.50 ×1.35 ×1.00 ×0.90 ×0.81 ×0.75 ×0.50 ×0.45 ×0.25
ダンジョン(探検隊) ×1.96 ×1.40 ×0.99 ×1.00 ×0.71 ×0.49 ×0.70 ×0.50 ×0.35 ×0.25

初出:第二世代

一覧

+でんき

相性

凡例   ×○ × ×△ ××
本編 / ノブナガ ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00

初出:第五世代

一覧

+くさ

相性

凡例   ×○ × ×△ ××
本編 ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00

初出:第六世代

一覧

+こおり

相性

凡例   ×○ × ×△ ××
本編 / ノブナガ ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00

初出:第五世代

一覧

+どく

相性

凡例   ×○ × ×△ ××
本編 ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00

初出:第六世代

一覧

+じめん

相性

×△
凡例   ×○ × ×△ ××
本編 / ノブナガ ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00
ダンジョン(救助隊) ×2.25 ×1.50 ×1.35 ×1.00 ×0.90 ×0.81 ×0.75 ×0.50 ×0.45 ×0.25
ダンジョン(探検隊) ×1.96 ×1.40 ×0.99 ×1.00 ×0.71 ×0.49 ×0.70 ×0.50 ×0.35 ×0.25

初出:第三世代

一覧

+ひこう

相性

×
凡例   ×○ × ×△ ××
本編 / ノブナガ ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00
ダンジョン(救助隊) ×2.25 ×1.50 ×1.35 ×1.00 ×0.90 ×0.81 ×0.75 ×0.50 ×0.45 ×0.25
ダンジョン(探検隊) ×1.96 ×1.40 ×0.99 ×1.00 ×0.71 ×0.49 ×0.70 ×0.50 ×0.35 ×0.25

初出:第一世代

一覧

+エスパー

相性

凡例   ×○ × ×△ ××
本編 / ノブナガ ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00
ダンジョン(救助隊) ×2.25 ×1.50 ×1.35 ×1.00 ×0.90 ×0.81 ×0.75 ×0.50 ×0.45 ×0.25
ダンジョン(探検隊) ×1.96 ×1.40 ×0.99 ×1.00 ×0.71 ×0.49 ×0.70 ×0.50 ×0.35 ×0.25

初出:第三世代

一覧

+いわ

相性

凡例   ×○ × ×△ ××
本編 ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00

初出:第六世代

一覧

+ゴースト

相性

× ×
凡例   ×○ × ×△ ××
本編 / ノブナガ ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00
ダンジョン(探検隊) ×1.96 ×1.40 ×0.99 ×1.00 ×0.71 ×0.49 ×0.70 ×0.50 ×0.35 ×0.25

初出:第四世代

一覧

+あく

相性

×
凡例   ×○ × ×△ ××
本編 / ノブナガ ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00

初出:第五世代

一覧

+はがね

相性

第五世代まで

×

第六世代

×
凡例   ×○ × ×△ ××
本編 / ノブナガ ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00
ダンジョン(探検隊) ×1.96 ×1.40 ×0.99 ×1.00 ×0.71 ×0.49 ×0.70 ×0.50 ×0.35 ×0.25

初出:第四世代

一覧

+フェアリー

相性

×
凡例   ×○ × ×△ ××
本編 ×4.00 ×2.00 ×1.00 ×0.50 ×0.25 ×0.00

初出:第六世代

一覧

わざとしてのドラゴンタイプ

このタイプを持つわざについてはCategory:ドラゴンわざを参照。

ドラゴンタイプを好むポケモントレーナー

備考

  • 第一世代ではドラゴンタイプのポケモンがミニリュウの進化系しかいなかった。
  • 第一世代ではドラゴンタイプのわざがりゅうのいかりしかないのでタイプ相性は関係なかった。
  • 第四世代以前までは、最終進化形及び進化しないポケモンでドラゴンタイプのみは存在しなった。
  • 第五世代以前までは、1回進化のドラゴンタイプのポケモンは存在しなった。
タイプ
ノーマル - ほのお - みず - でんき - くさ - こおり - かくとう - どく - じめん
ひこう - エスパー - むし - いわ - ゴースト - ドラゴン - あく - はがね - フェアリー - ???