Pokémon GOおよび第七世代登場に関するお願い
Pokémon GOおよび第七世代登場に伴い、ポケモンWikiにおいて作成や修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、編集、訂正に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWiki10周年について
ポケモンWikiは2016年4月1日で10周年を迎えました。日頃のご利用に感謝するとともに、今後ともご利用いただけますようお願いいたします。なお、記念企画を検討中です。

トリプルバトル

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索

トリプルバトルとは、相手と自分が3体ずつポケモンを出し、バトルすること。第五世代から導入された。

概要

  • 対戦者は3体ずつ、計6体のポケモンを同時にくりだし、1ターンの間に6体のポケモンが行動する。
  • 最初に場に出す3匹に加えて控えに3匹用意することになるので、実質的に6vs6のフルバトルと同様に手持ちを全て使う。
  • 「攻撃範囲」の概念があり、同じ技でもポケモンが3匹のうち中央にいるかそうでないかによって攻撃できる対象の範囲が変わる。(後述)
  • 端にいるポケモンは「ムーブ」というアクションで、中央の味方ポケモンと場所を入れ替えることができる。(この行為でそのポケモンの行動は終わる)入れ替えても攻撃側の選んだ対象の位置は変わらない。これを利用して、ポケモンが味方の代わりに攻撃を受けるといった動作も可能。
  • お互いの手持ちが残り1体になると「リセットムーブ」が起こり、ポケモンの位置がシングルバトルと同じ形になる。

攻撃範囲

トリプルバトルでは、技の効果範囲は以下の4パターンに分けられる。

  1. 任意の対象1体(自分の目の前か隣か斜め前のみ)
  2. 任意の対象1体(どこでも)
  3. 相手全体(自分の目の前と斜め前のみ)
  4. 自分以外の敵味方全体(自分の目の前・隣・斜め前のみ)

大半の単体技は1に分類される。中央に配置されているポケモンは相手3匹および味方2匹のどれに対しても技を使う事が出来るが、端にいる場合は反対側の端にいるポケモンに対しては使えない。

3と4も複数に一度にダメージを与えるという点以外は1と同様。技を使うポケモンが中央にいれば相手3匹とも、ないし自分以外の敵味方全員の5匹に一度にダメージを与えられるが、端にいると反対側の端のポケモンが巻き込まれない。

なお、2に分類される単体技は以下の通り。

例外として、はじけるほのおの火花によるダメージは端にいるポケモンによる攻撃でも反対側の端にいるポケモンも巻き込まれる。

関連項目