ウルトラサン・ウルトラムーン発売に伴い、ポケモンWikiにおいて新規投稿や加筆修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ふしぎなまもり

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索

ふしぎなまもりは、ポケモンのとくせいの一種。

効果

所有ポケモン:そのポケモンの別のとくせい

特性1 特性2 隠れ特性
ヌケニン ふしぎなまもり - -

こんなときに使おう

  • 攻撃技では特定のタイプ以外すべて無効化する効果がメリットで、対抗する相手を限定させられる。
  • ただし、スキルスワップ以外の変化技・相手の特性などを通してしまうのがデメリット。
  • サーナイトポリゴン2などにトレースされると、ダメージを与える手段が限定されることにも注意が必要である。

ポケモンカードゲームにおけるふしぎなまもり

備考

  • ヌケニンの専用とくせい。
  • ポケモンコロシアムポケモンXDに登場するダークわざはコロシアムではタイプがなく、XDではダークポケモン以外に効果は抜群であるため攻撃が当たる。
  • どくどくおにびなどの状態異常にするわざ、すなあらしが ふきあれるなどの天気こんらんなどによるダメージは受ける。
  • なやみのタネふみんシンプルビームたんじゅんミイラミイラに上書きはされる。いえきで無効化もされる。
  • スキルスワップで他のとくせいと入れ替えることはできない。
    • ふみん、たんじゅん、ミイラに上書きした後ならば入れ替えは出来るが、入れ替えた先は当然ふみん、たんじゅん、ミイラになるだけ。
    • とくせいなし状態でも入れ替えは出来ない。
  • トレースは可能。ただし、なりきりでのコピーはできない。
  • 第四世代までは、ほのおのキバに限ってはこうかばつぐんでなくともダメージを受けてしまう。
  • 第五世代まで弱点が1つも無かったミカルゲヤミラミに、改造コードを利用して無理矢理このとくせいを持たせる不正者も確認されている。こうされると、特定の技やとくせい(第六世代ではこれに加えフェアリータイプの技)を利用しない限り対処のしようがなくなる。
  • ミカルゲやヤミラミにこの特性を持たせる事自体は、ダブルバトル中に非常に面倒くさい手順を踏めば正規の手段でも可能。
    • 必要な条件は「いえきが使えるポケモン」「バトンタッチが使えるポケモン」「特性トレースを持ち、スキルスワップが使えるポケモン(要するにサーナイト)」の3体がミカルゲ(ヤミラミ)自身の他に自分の手持ちにいる事、相手がヌケニンを場に出している事。
    • まずいえき持ちとバトンタッチ持ちを出し、いえきをバトンタッチ持ちに使い、いえき状態にする。
    • バトンタッチ持ちはいえき状態のままサーナイトにバトンタッチする(こうする事で相手の特性をトレースしないまま場に出られる)。同時にいえき持ちとミカルゲ(ヤミラミ)を交代させる。
    • サーナイトに、ミカルゲ(ヤミラミ)を対象にしてスキルスワップをさせる。そうするとミカルゲ(ヤミラミ)が特性トレースを得る。
    • 自動的に、いえき状態でないミカルゲ(ヤミラミ)は特性トレースの効果を発揮し、相手のヌケニンのふしぎなまもりをトレースする。
  • 第五世代以降はヌケニンの第三世代の教え技で覚えるものまねなかまづくりを使えるようにすればこのような面倒な手順を踏まなくてよいが、こちらはものまね持ちヌケニンの用意が面倒である。
  • なお、ポケウッドゴーストイレイザー4にはミカルゲやヤミラミ同様のゴースト・あくタイプ持ちでふしぎなまもりのセットが登場するが、こちらはデスカーンミイラオクタンみずびたしでタイプや特性を変えて対処するよう台本にも書かれている。

各言語版での名称

言語 名前
日本語 ふしぎなまもり
英語 Wonder Guard
ドイツ語 Wunderwache
フランス語 Garde Mystik
イタリア語 Magidifesa
スペイン語 Superguarda
韓国語 불가사의부적
中国語(普通話・台湾国語) 神奇守护
中国語(広東語) 神奇守護
ポーランド語 Wonder Guard