ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事を投稿、編集、訂正してくださる方を必要としています。投稿、編集、訂正はユーザ登録後、ログインすることで可能です。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。ぜひご協力お願いいたします。

誤情報や根拠のない記述にご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWikiをブラウザの検索ボタンに追加できます。追加する場合はプラグイン追加をクリックしてください。

ついばむ

提供: ポケモンWiki
移動: 案内検索
ついばむ
第四世代
タイプ ひこう
分類 物理
威力 60
命中率 100
PP 20
範囲 1体選択
直接攻撃
効果
相手がきのみを持っていれば、その効果を自分が受ける。
わざマシン わざマシン88
アピールタイプ かわいさ
アピール(DP)  
アピール効果(DP)
自分より前にアピールしたポケモンしたポケモンが最大ボルテージを得ていたならば、そのボーナス分のハートが追加される。

ついばむは、ポケモンの技の一種。

たたかうわざ

  • 第四世代第五世代:くちばしで こうげき。あいてが きのみを もっているとき たべて きのみの こうかを うけられる。
  • 第五世代(漢字):くちばしで 攻撃。相手が きのみを 持っているとき 食べて きのみの 効果を 受けられる。

コンテストわざ

  • 第四世代:じぶんの まえの ポケモンの ボルテージが もらえる。

使用ポケモン:覚える方法

対戦

  • 相手のきのみを奪った上効果を使用できる効果を持つひこうタイプ物理技
  • 威力は控えめだが効果は優秀。オボンのみ能力上昇の実を奪えれば大きなアドバンテージとなる。スペースが余っているなら採用の余地はある。

ポケモン不思議のダンジョンにおけるついばむ

  • 所持している、あるいはバッグの中に入っている食べられるどうぐ(きのみタネしょくりょうえいようドリンク)を1つ食べてしまう。不思議のダンジョンにおける最強技の一つ、アイテムロストを手軽に行える技なので恐ろしい。
    • 対策としては、操作ポケモンにいらないしょくりょう・きのみ・タネを持たせておくと、それを優先して食べる。(ベトベタフードふらふらのタネなどのマイナス効果のタネなどだと尚良い)

備考

  • きのみによって受けられる効果は各きのみの項参照。
  • 同様の効果をもつわざとしてむしくいがある。
  • とくせいぶきようのポケモンがこの技を使ってもきのみの効果は得られないが、相手のきのみは無くなる。
  • ひこうタイプが弱点のポケモンのバコウのみは発動してしまうので奪えない。
  • ジャポのみは発動させずに奪うことができる。
  • トリプルバトルでは、自分と隣り合っていないポケモンにも使うことが出来る。

関連項目