ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

じりょく

提供: ポケモンWiki
移動先:案内検索

じりょくは、ポケモンのとくせいの一種。

効果

バトルでの効果

相手のはがねタイプのポケモンは交代にげるができない。

第六世代以降では、ゴーストタイプもあわせ持つポケモンに対してはゴーストタイプの性質が優先され、じりょくは無効化される。

フィールドでの効果

この特性のポケモンが先頭にいると、出現可能なはがねタイプのポケモンが50%の確率で出現する(エメラルド以降)。

説明文

第三世代
はがねタイプが にげられなくなる
第五世代第六世代
はがねの ポケモンを にげられなくする。
はがねの ポケモンを 逃げられなくする。
第七世代第八世代
はがねタイプの ポケモンを じりょくで ひきつけて にげられなくする。
はがねタイプの ポケモンを 磁力で 引きつけて 逃げられなくする。

所有ポケモン:そのポケモンの別のとくせい

特性1 特性2 隠れ特性
イシツブテ
(アローラのすがた)
じりょく がんじょう エレキスキン
ゴローン
(アローラのすがた)
じりょく がんじょう エレキスキン
ゴローニャ
(アローラのすがた)
じりょく がんじょう エレキスキン
コイル じりょく がんじょう アナライズ
レアコイル じりょく がんじょう アナライズ
ノズパス がんじょう じりょく すなのちから
ジバコイル じりょく がんじょう アナライズ
ダイノーズ がんじょう じりょく すなのちから
メルタン じりょく - -

こんなときに使おう

こちらに有効打を持っていないはがねタイプに対して有効となる。

戦闘以外でははがねタイプのポケモンを探しているときに活用できる。

特性の仕様

  • きれいなぬけがらを所持する相手は交代ができる。にげることはできない。
  • 特性にげあしけむりだまを所持する相手はにげることができる。交代はできない。
  • 相手はテレポートでにげることができない。
    • 第八世代以降はトレーナーが使う交代効果のテレポートは成功する。野生ポケモンが使うにげるテレポートは依然失敗する。
    • にげあし・けむりだまを所持するポケモンはテレポートでにげることができる。
  • 第五世代以降での通信対戦などでにげるを押すことによる降参は防がない。
  • じりょくの効果が発動すると、相手は交代先のポケモンを選択しようとしたときに「<ポケモン>を もどすことが できない!」というメッセージが出て交代できない。
    • じりょくのポケモンが場にいないため相手のはがねタイプが交代先を選択できた場合、先にこちらのポケモンをじりょくのポケモンに交代させたとしても相手は交代できる。
  • 使うと交代するわざ相手を交代させるわざにげごしききかいひレッドカードによる交代・にげるは制限されない。
  • だっしゅつボタンだっしゅつパックによる交代は制限されない。
  • 第三世代のみ、じりょくの味方のはがねタイプも交代できなくなる。第四世代以降は味方は影響を受けない。
  • トリプルバトルでは、じりょくを持つポケモンの正面のポケモンとその隣にいるポケモンに効果がある。じりょくを持つポケモンが真ん中にいる場合は相手のすべてのはがねタイプが交代できないが、端にいる場合は反対側の端にいるはがねタイプは交代できる。
    • ポケモンのMOVEは制限できない。
  • ローテーションは制限できない。
  • トレーナー戦で戦闘モードが「いれかえ」の場合、このポケモンを出されたターンの交代は制限されず、普通に交代できる。
  • 野生ポケモンがこの特性を持つ場合でも、こちらのポケモンがひんしになったときにおけるにげるに関しては影響がない。
  • ピッピにんぎょうエネコのしっぽポケじゃらしを使用した場合は逃げることができる。

備考

各言語版での名称

言語 名前
日本語 じりょく
英語 Magnet Pull
ドイツ語 Magnetfalle
フランス語 Magnépiège
イタリア語 Magnetismo
スペイン語 Imán
韓国語 자력
中国語(普通話・台湾国語) 磁力
中国語(広東語) 磁力
ポーランド語 Magnet Pull

関連項目