ウルトラサン・ウルトラムーン発売に伴い、ポケモンWikiにおいて新規投稿や加筆修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

みらいよち

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索
みらいよち
第二世代
タイプ エスパー
分類 特殊
威力 80(第四世代まで)
→100(第五世代)
→120(第六世代以降)
命中率 90(第四世代まで)
→100(第五世代以降)
PP 15(第四世代まで)
→10(第五世代以降)
範囲 1体選択
直接攻撃 ×
パレス たたかう
効果
技を出した2ターン後の相手にダメージを与える。#効果節も参照。
判定
アピールタイプ かしこさ
アピール (RSE) ♡♡♡
妨害 (RSE)  
アピール効果(RSE)
そのターン、エキサイト度が変わらなくなる。
アピール(DP) ♡♡
アピール効果(DP)
ターンの1番最初に演技すると、ハートが2つ追加される。

みらいよちは、ポケモンの技の一種。

説明文

たたかうわざ

ルビー・サファイアエメラルド
せいしんりょくを たかめて 2ターンごに てきを こうげきする
ファイアレッド・リーフグリーン
わざを つかった 2ターン あとに ねんりきを だして あいてに おくりこんで こうげきする。
第四世代第五世代第六世代
わざを つかった 2ターン あとに あいてに ねんりきの かたまりを おくって こうげきする。
第五世代第六世代(漢字)
技を 使った 2ターン後に 相手に 念力の 塊を 送って 攻撃する。

コンテストわざ

第三世代
このアピールのあと かいじょうが しばらく もりあがらなく なる
第四世代
その ターンで いちばん さいしょに えんぎすると +2。

使用ポケモン:覚える方法

第二世代

ポケモン名 覚える方法
レベルアップ タマゴわざ
金銀
コダック ×
ゴルダック × 進化による継続
ユンゲラー Lv31 -
フーディン Lv31 -
ヤドン ×
ヤドラン × 進化による継続
スリープ Lv45 ×
スリーパー Lv60 -
バリヤード ×
ミュウツー Lv44 -
トゲピー ×
トゲチック × 進化による継続
ネイティ Lv30 ×
ネイティオ Lv35 -
マリル ×
マリルリ × 進化による継続
ヤドキング × 進化による継続
キリンリキ ×
デリバード ×
ルギア Lv99 -
ホウオウ Lv99 -
セレビィ Lv30 -

第三世代以降

レベルアップ

ポケモン名 覚える方法
RSE FRLG DPt/HGSS BW B2W2 XY ORAS SM/USUM
ユンゲラー 30 42 48 48 43 43
フーディン 30 42 48 48 43 43
スリープ 45 47 53 61 61 61
スリーパー 60 57 69 61 1, 61 1, 61
ミュウツー 44 88 22 15 15 15
ネイティ 30 36 36 36 44 44
ネイティオ 35 42 42 42 49 49
エーフィ × 43 43 25 25 25
ルギア 99 79 79 79 79
ホウオウ 99 79 79 79 79
セレビィ 30 64 64 64 64
ラルトス 36 34 39 39 32 32
キルリア 40 39 45 45 37 37
サーナイト 42 45 53 53 40 40
ルナトーン 43 53 53 45 45 41 41
ドジョッチ 36 43 43 43 39 39
ナマズン 46 51 51 51 45 45
ヨマワル 49 46 49 49 54 54
サマヨール 58 61 61 61 1, 64 1 , 64
アブソル 41 41 41 36 36 1, 53 1, 53
ジラーチ 40 55 55 55 55
ドーミラー - 37 37 29 29 29
ドータクン - 43 43 29 29 29
エルレイド -
ヨノワール - 61 61 61 1, 64 1, 64
ユクシー - 36 36 36 36
エムリット - 36 36 36 36
アグノム - 36 36 36 36
クレセリア - 38 38 38 38
アルセウス - 60 60 60 60
ムンナ - - 31 31 31
ムシャーナ - -
コロモリ - - 36 36 36
ココロモリ - - 36 36 36
ゴチム - - 31 31 31
ゴチミル - - 31 31 31
ゴチルゼル - - 31 31 31
ユニラン - - 31 31 31
ダブラン - - 31 31 31
ランクルス - - 31 31 31
マフォクシー - - - 1, 69 1, 80
ニャオニクス♀ - - - 50 50
ヤレユータン - - - - 46
凡例
継:進化前からの継続で覚えることができる。

タマゴわざ

ポケモン名 覚える世代 進化後の継続
3 4 5 6 7
コダック ゴルダック
ヤドン ヤドラン
ヤドキング
バリヤード -
ラプラス × × -
トゲピー トゲチック
トゲキッス
マリル マリルリ
キリンリキ -
デリバード -
バネブー ブーピッグ
ポワルン -
チリーン -
リーシャン - チリーン
マネネ - バリヤード
シンボラー - - × -

こんなときに使おう

  • 第四世代まではわざの相性を受けない為、タイプ上不利な相手に交換されても通じるのが利点となる。
  • 有効な使い方としてはダメージ自体には期待せず、きあいのタスキが濃厚の敵に対しこちらが後手で撃つという手段だろうか。第四世代まではこらえるは貫通出来る。仮に交代されることがあってもそのような敵は決まって耐久はなく、この技の性質としてダメージは当てた時の敵のステータスで計算されるので本来硬い敵にもそれなりのダメージが期待出来る。無論こちらが相手より速いと減った状態からの一撃分の猶予を与えてしまいあまり意味がないので注意。
  • まもるみきりの対象にならないのでどくどく等と絡ませてコンボをしてくる耐久型や使用率の高いダブルにも割と有効である。
  • 第五世代ではあくタイプに効かなくなってしまったが、威力/命中ともにかなり改善されてじしんに匹敵する文句なしの性能になり、第六世代でも更に威力が上がってサイコブーストに次ぐエスパー最強クラスの攻撃技となった。
  • 第七世代ではエスパーZを持ちマキシマムサイブレイカーにした場合、威力190の通常特殊技となる。
    • みらいにこうげき中はみらいよちが打てないという隙を軽減することができるかもしれない。
  • みらいよちのダメージ発生は当然ふきとばしほえるの後なので、受け役のポケモンにみらいよちを放った後でほえるやふきとばしを使うことで、エスパーが弱点のポケモンや低耐久だがきあいのタスキを持たずとんぼがえりのような手段で受けを後続に丸投げすることなどを前提としているポケモンを引きずり出して大ダメージを与え、サイクルを崩壊させるというプレイングも可能。特にエスパーの一貫性を1匹のポケモンだけで断とうとしている選出や耐久ベースのポケモンが1匹しかない選出などの場合、これが大いに刺さる。

ポケモンカードゲームにおけるみらいよち

「自分または相手の山札のカードを上から5枚(ポケモンカードe以前は3枚)見て、好きな順番に入れ替えて、その山札の上にもどす。」という効果のワザとして登場する。

ポケモン不思議のダンジョンにおけるみらいよち

探検隊
PP13。こていダメージじょうたいとなり、ダメージが30に固定される。
マグナゲート
典型的な溜め攻撃わざ。1ターン溜めて2ターン目に攻撃する。

効果

世代ごとの仕様の変遷が激しい技であるため、段分けして解説する。

共通仕様

  • みらいよちは使用してから2ターンの間相手の場を「みらいにこうげき状態」にし、2ターン後お互いの行動がすべて終わったあと対象に攻撃が行われる。(天候の処理の後だが、たべのこしの処理よりは前)。
  • 使用者(以下甲)や対象者(以下乙)となったポケモンがひんしかどうか関係なく、対象となる場にポケモン(以下丙)がいれば攻撃は成功する。
  • 丙はまもる系のわざでダメージを防げない。
  • 丙のみがわり人形に対して攻撃された場合、みがわり人形にダメージを与える。
  • 丙がばけのかわ状態だった場合、特性が発動しばれたすがたとなる
  • すでに相手が「みらいへこうげき状態」になっているとき、みらいよち、はめつのねがいは失敗する。
    • ダブルバトルなどで複数の対象を「みらいへこうげき状態」にすることは可能。
  • この攻撃により相手が瀕死となった場合、じしんかじょうビーストブーストの発動対象になる。
  • 命中率回避率の影響を受ける。
  • 選択した場に対して攻撃する。敵が片方しかいなくても、空いてるスペースを指定されていればそこに落ちる。
    • 普通の技は敵が片方しかいない状態で、空いたスペースに攻撃を打つと自動的に敵が残っている方向に向かう。
  • オウムがえしによりコピーできない。

第四世代まで

  • ダメージはわざを使用した時点での甲のとくこう・乙のとくぼうで計算される。
    • ダメージを与える前に相手が交代した場合、甲と乙のポケモンのステータスで計算されたダメージが丙に与えられる。丙のステータスは無関係。
  • ダブルバトルでは、わざを使った対象がいた位置にいるポケモンにダメージが与えられる。ひんしになるなどしてポケモンがいない場合失敗する(厳密にはメッセージが一切出ず、攻擊がなかったかのようにされる)。
  • エスパータイプのわざであるが、相性の影響を受けない。あくタイプにもダメージを与えられる。
    • エスパーが弱点のポケモンに当てたときも効果音は等倍の相性のものと同じ。
  • 急所に当たらない。
  • タイプ一致ボーナスは得られない。
  • こらえるにより耐えることができない。
  • がまんのダメージを出すときに受けたダメージとしてカウントされない。
  • このわざの効果でおんねんみちづれ状態の相手を倒してもわざを使用したポケモンへは影響がない。
  • このわざの効果でいかり状態の相手にダメージを与えた場合、相手の怒りのボルテージは上がる。
  • きあいのタスキきあいのハチマキで耐えることは可能。
  • 特性「ふしぎなまもり」のポケモンにもダメージを与えられる。
  • いのちのたまによりダメージが増えず、反動ダメージも受けない。
  • てだすけふしぎのプレートまがったスプーンにより威力は増える。
  • エスパータイプが弱点のポケモンにウタンのみを持たせても発動せず、消費もしない。

第五世代以降

  • エスパータイプのわざとして扱われる。
    • 相性の影響を受け、あくタイプやふしぎなまもりには無効化される。
    • ダメージを受けるときにミラクルアイ (状態変化)となっていた場合、あくタイプで無効化できない。
    • タイプ一致ボーナスを得ることが出来る。
    • ノーマルスキンそうでんの効果を受けたポケモンが使うとそのタイプのわざとして扱われる。
  • ダメージはダメージを与える時点での甲のとくこう・丙のとくぼうで計算される。
    • みらいよちを使用した後に両者のランク変動、タイプ変化、フォルムチェンジ、能力変化などが起きていた場合もすべて変動後で計算する。
    • 甲が場にいない場合、甲のとくこうをランク補正なしでダメージ計算する。
  • 急所に当たる。
  • こらえるにより耐えることが出来る。
  • がんじょうにより耐えることができる。

第六世代以降

  • 甲のもちものによりダメージが増える。ダメージを与える時点でのもちものでダメージを計算する
    • いのちのたまによる反動ダメージは丙にみらいよちが当たったとき発動する。このとき甲が場にいればダメージは1.3倍になり反動を食らう。甲が場から離れていた場合反動は無いがダメージは増加しない。甲が一旦場から離れてまた戻ってきていた場合も可。
  • みらいよちを使用した後にメガシンカをした場合、メガシンカ後のステータスでダメージ計算する。
    • メガシンカ後に甲が場にいなくなった場合もメガシンカ後のステータスを用いる。

第七世代以降

備考

各言語版での名称

言語 名前
日本語 みらいよち
英語 Future Sight
ドイツ語 Seher
フランス語 Prescience
イタリア語 Divinazione
スペイン語 Premonición
韓国語 미래예지
中国語(普通話・台湾国語) 预知未来
ポーランド語 Future Sight



エスパータイプの攻撃技
*1威力が変更された技 *2特定の持ち物を持たせる必要がある *3専用技 *4Zワザ *5特定の姿のみ
物理 威力 特殊
20 アシストパワー
50 ねんりき
ハートスタンプ 60 めざめるパワー*1
65 サイケこうせん
サイコカッター 70 ミストボール*3 - ラスターパージ*3
しねんのずつき 80 いじげんホール*3 - サイコショック - じんつうりき
サイコファング 85
マルチアタック*2*3 90 サイコキネシス - めざめるダンス*3*5
100 サイコブレイク*3 - さばきのつぶて*2*3
フォトンゲイザー*3 - ゆめくい
120 シンクロノイズ*1 - みらいよち*1
140 サイコブースト*3
160 プリズムレーザー*3
185 オリジンズスーパーノヴァ*3*4
200 てんこがすめつぼうのひかり*3*4
しぜんのめぐみ*2 - マキシマムサイブレイカー*4 不定 マキシマムサイブレイカー*4
ダメージ
固定
サイコウェーブ - ミラーコート