ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事を投稿、編集、訂正してくださる方を必要としています。投稿、編集、訂正はユーザ登録後、ログインすることで可能です。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。ぜひご協力お願いいたします。

誤情報や根拠のない記述にご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWikiをブラウザの検索ボタンに追加できます。追加する場合はプラグイン追加をクリックしてください。

プレッシャー

提供: ポケモンWiki
移動: 案内検索

プレッシャーは、ポケモンのとくせいの一種。

効果

バトルでの効果

  • この特性を持つポケモンに技をかけると、その技のPPの減りが1増える。つまり、1回技を繰り出すごとにPPが2ずつ減る。
  • ダブルバトルで複数のポケモンが対象になる技を使ったとき、対象の中の1体のプレッシャー持ちにつきPPの減りが1増える。
    • 相手が2体ともプレッシャー持ちだった場合に2体を対象とする技を使うと、技1回でPPが3減る。

フィールドでの効果

手持ちの先頭にこのとくせいを持つポケモンがいると、レベルの高い野生ポケモンが出やすくなる(エメラルド以降)。

所有ポケモン:そのポケモンの別のとくせい

夢特性で所有

こんなときに使おう

まもるで防いだ場合やみがわりに対して打った場合でも有効なため、まもる+みがわり+たべのこしを組み合わせたスイクンサンダーマニューラなど(高い素早さで先制みがわりができるポケモン)が存在する。 ヨノワールミカルゲなどは、かくとうタイプの技を無効に出来ることもあり相手のインファイトクロスチョップを4発で打ち止めに出来るなど、単体でも機能する特性である。

備考

  • なぜか伝説のポケモンにこの特性が多い。
  • この特性の効果は味方にも及ぶ。ダブルバトルトリプルバトルにおいて、何らかの理由で味方のポケモンに技をかける場合はもとより、なみのり等の敵味方全体攻撃でプレッシャー持ちの味方を巻き込んだ場合、例えその味方がまもるみがわり等で攻撃を無効化したとしても、「プレッシャー持ちポケモンに技を仕掛けた」事になりPPが余分に減ってしまう。
    • 第五世代では味方に対しては効果がなくなった。
  • フィールド上で同様の効果のあるとくせいとして、はりきりやるきがある。