Pokémon GOおよび第七世代登場に関するお願い
Pokémon GOおよび第七世代登場に伴い、ポケモンWikiにおいて作成や修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、編集、訂正に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWiki10周年について
ポケモンWikiは2016年4月1日で10周年を迎えました。日頃のご利用に感謝するとともに、今後ともご利用いただけますようお願いいたします。

ひらいしん

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索

ひらいしんは、ポケモンのとくせいの一種。

効果

バトルでの効果

フィールドでの効果

所有ポケモン:そのポケモンの別のとくせい

特性1 特性2 隠れ特性
ピカチュウ せいでんき - ひらいしん
ライチュウ せいでんき - ひらいしん
カラカラ いしあたま ひらいしん カブトアーマー
ガラガラ いしあたま ひらいしん カブトアーマー
サイホーン ひらいしん いしあたま すてみ
サイドン ひらいしん いしあたま すてみ
トサキント すいすい みずのベール ひらいしん
アズマオウ すいすい みずのベール ひらいしん
ピチュー せいでんき - ひらいしん
メガジュカイン ひらいしん - -
ラクライ せいでんき ひらいしん マイナス
ライボルト せいでんき ひらいしん マイナス
プラスル プラス - ひらいしん
ドサイドン ひらいしん ハードロック すてみ
シママ ひらいしん でんきエンジン そうしょく
ゼブライカ ひらいしん でんきエンジン そうしょく
トゲデマル てつのトゲ ひらいしん  ?

その他

こんなときに使おう

  • 耐性がひとつ増える有用な特性。
  • シングルでもでんき技を牽制する効果があるが、ダブル・トリプルで電気技が弱点であるポケモンと同時に出せば、さらに有効的である。ただし、その場合はこちら側のでんき技も影響を受ける。
  • 特にトサキントの場合、電気を弱点とするため、単純な相性補完としても非常に有用。また、特殊技にも使い勝手のよいものが増えたため、特攻アップの効果も活かしやすい。

備考

  • 同様の効果を持つよびみずに比べ、所持するポケモンが多い。
  • このゆびとまれを使っているポケモンが他に場にいる場合、そちらが優先されるため引き寄せられない。
  • でんきタイプのめざめるパワーしぜんのめぐみに対しては「引き寄せる」効果が働かない。元から自分を対象にされていた場合は無効化・特攻アップはする。
  • タイプ相性による無効化と同じで、でんじはも対象になり、引き寄せた上で無効化・特攻アップする事が出来る。
  • でんきタイプのポケモンがこの特性を持っている場合、無償交換しつつ特攻を上げれるので優秀なのだが頻繁に遭遇するサーナイトポリゴン2との対面でトレースされるとこちらの火力が大幅に落ちるという致命的な欠陥となる。そのため上級者はあえてこの優秀な特性を採用しないケースが多く見られる。
  • じめんタイプのポケモンがこの特性を持っている場合、「引き寄せる」効果は通常通りだが、無効化の部分はタイプ相性による無効化が優先されるため、特攻アップが発動しない。
  • ほうでん等の全体に攻撃する技は引き寄せられない。自分が受ける分のダメージは無効化して特攻アップを発動させる事が出来る。
  • この特性は味方のわざにも効果が及ぶ。
  • ポケモン不思議のダンジョンシリーズでは自分のタイプに関係なく見える範囲のでんきわざを無効にすることができる(マグナゲートでは特攻アップも付いてくる)。時・闇以前だとフロア全体が効果対象だった。エレキへいげんなど、でんきタイプが多く出てくるダンジョンでは敵の攻撃をほとんど無効化できるため、是非とも仲間に入れて連れて行きたい。

関連項目