ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事を投稿、編集、訂正してくださる方を必要としています。投稿、編集、訂正はユーザ登録後、ログインすることで可能です。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。ぜひご協力お願いいたします。

誤情報や根拠のない記述にご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWikiをブラウザの検索ボタンに追加できます。追加する場合はプラグイン追加をクリックしてください。

ひらいしん

提供: ポケモンWiki
移動: 案内検索

ひらいしんは、ポケモンのとくせいの一種。

効果

バトルでの効果

フィールドでの効果

所有ポケモン:そのポケモンの別のとくせい

夢特性で所有

メガシンカしたポケモン

こんなときに使おう

  • でんきに弱いポケモンと同時に出せばかなりの効果が期待できる。ただしこちら側もひらいしんの影響を受ける。
  • 実際にひらいしんのとくせいを持っていなくても、上記のポケモンを戦闘に出しておくだけで相手のでんき技の使用をためらわせることが出来る。
  • 特に夢特性で獲得したトサキント系統は本来電気を弱点とするタイプであるため、単純な相性補完としても非常に有用。 また、特殊技にも使い勝手の良いものが増えたため、特攻アップの効果も活かしやすい。

備考

  • 同様の効果を持つよびみずに比べ、所持するポケモンが多い。
  • このゆびとまれを使っているポケモンが他に場にいる場合、そちらが優先されるため引き寄せられない。
  • でんきタイプのめざめるパワーしぜんのめぐみに対しては「引き寄せる」効果が働かない。元から自分を対象にされていた場合は無効化・特攻アップはする。
  • タイプ相性による無効化と同じで、でんじはも対象になり、引き寄せた上で無効化・特攻アップする事が出来る。
  • じめんタイプのポケモンがこの特性を持っている場合、「引き寄せる」効果は通常通りだが、無効化の部分はタイプ相性による無効化が優先されるため、特攻アップが発動しない。
  • ほうでん等の全体に攻撃する技は引き寄せられない。自分が受ける分のダメージは無効化して特攻アップを発動させる事が出来る。
  • この特性は味方のわざにも効果が及ぶ。
  • ポケモン不思議のダンジョンシリーズでは自分のタイプに関係なく見える範囲のでんきわざを無効にすることができる(マグナゲートでは特攻アップも付いてくる)。時・闇以前だとフロア全体が効果対象だった。エレキへいげんなど、でんきタイプが多く出てくるダンジョンでは敵の攻撃をほとんど無効化できるため、是非とも仲間に入れて連れて行きたい。

関連項目