ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。ぜひ編集への参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
また、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、アカウントを作成し、訂正いただければ幸いです。

ひらいしん

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索

ひらいしんは、ポケモンのとくせいの一種。

効果

バトルでの効果

フィールドでの効果

説明文

第三世代
でんきタイプの わざが じぶんにくる
第四世代
でんきタイプの わざを すべて うける。
第五世代第六世代
でんきを 呼び込んで 特攻を あげる。
第七世代
でんきタイプの 技を 自分に 寄せつけ ダメージを 受けずに 特攻が 上がる。

所有ポケモン:そのポケモンの別のとくせい

特性1 特性2 隠れ特性
ピカチュウ せいでんき - ひらいしん
ライチュウ せいでんき - ひらいしん
カラカラ いしあたま ひらいしん カブトアーマー
ガラガラ いしあたま ひらいしん カブトアーマー
ガラガラ
(アローラのすがた)
のろわれボディ ひらいしん いしあたま
サイホーン ひらいしん いしあたま すてみ
サイドン ひらいしん いしあたま すてみ
トサキント すいすい みずのベール ひらいしん
アズマオウ すいすい みずのベール ひらいしん
ピチュー せいでんき - ひらいしん
メガジュカイン ひらいしん - -
ラクライ せいでんき ひらいしん マイナス
ライボルト せいでんき ひらいしん マイナス
プラスル プラス - ひらいしん
ドサイドン ひらいしん ハードロック すてみ
シママ ひらいしん でんきエンジン そうしょく
ゼブライカ ひらいしん でんきエンジン そうしょく
トゲデマル てつのトゲ ひらいしん がんじょう

※プラスルは第六世代以降隠れ特性として持つようになった。

その他

サンダー第五世代で隠れ特性としてひらいしんを所持していたが、一度も解禁されぬまま第六世代せいでんきに変更された。

こんなときに使おう

  • でんき技を無効化する有効的な特性。
  • でんき技を牽制する効果を持つ。
    • ダブル・トリプルでは、でんき技が弱点であるポケモンと併用すれば効果的。ただし、こちら側が使用するでんき技も味方のひらいしんに吸収されるため注意が必要。
    • 特にトサキント系統の場合、相性補完としても非常に効果的。
    • 所持するとくこうが高いポケモンは特攻アップの効果も活かしやすい。
    • ガラガラ(アローラのすがた)は物理技主体のポケモンだが、でんきタイプがサブウェポンとして搭載することが多いめざめるパワー(こおり)も半減に抑える優秀な耐性を得るため採用価値が高い。
  • ひらいしん自身もでんき技を主力とすることが多く、その場合サーナイトポリゴン2などによるトレースが弱点となる。

備考

  • まもる状態などで防いだときは特攻アップの効果がない。
  • みがわり状態でも発動し、でんき技を引き寄せ特攻アップする。
  • じめんタイプのポケモンがこの特性を持っている場合、「引き寄せる」効果は通常通りだがタイプ相性による無効化が優先されて、第六世代まで特攻アップは発動しない。第七世代ではじめんタイプが特性に劣後するようになり、特攻アップ効果が発動する。
  • この特性は味方のわざにも効果が及ぶ (第四世代以降)。
  • ひらいしんのポケモンが使うでんき技は、自身のひらいしんには引き寄せられない。
  • 場に複数のひらいしんのポケモンがいる場合、処理の関係で、味方のポケモン→敵のすばやさが高いポケモン→敵のすばやさが低いポケモンの順に引き寄せられる対象が変わる。
  • 自分が選べる対象外にいる場合は引き寄せる効果が働かない。
    • じゅうでんなど、使用者自身を対象にする技は引き寄せない。
    • エレキネットなど、味方を対象に選ばない技は味方が使っても引き寄せない。
    • トリプルバトルで自分と使用者が対角にいるときなど、自分に技が届かない場合は引き寄せない。
  • ほうでんなどの全体に攻撃するわざは引き寄せられない。自分が受ける分のダメージは無効化して特攻アップを発動させることができる。
  • でんきタイプの連続攻撃技は引き寄せ無効化するが、特攻は1回のみ上昇する。
  • でんじはなど変化技も対象になり、引き寄せた上で無効化・特攻アップすることができる。
    • 同時に自身がマジックコート状態である場合、引き寄せた変化技は跳ね返し特攻は上がらない。
    • 他のポケモンがマジックコート状態である場合も、自身に引き寄せる効果の方が優先される。
    • マジックコート状態で跳ね返されたでんきタイプの変化技もひらいしんで引き寄せる対象になる。
  • エレキフィールドなど場を対象とする技は無効化できず、特攻も上昇しない。
  • この特性をもつポケモンにじゅうでんちを持たせてでんきタイプのわざを受けてもじゅうでんちは発動しない。
  • そらをとぶあなをほるなどで1ターン姿を消している間でもひらいしんの効果は残り、でんきタイプの技を引き寄せる。
    • ただし、引き寄せた攻撃がひらいしんのポケモンに当たらないと、特攻上昇は起こらない。
    • ひらいしんのポケモンがそらをとぶ状態ならばかみなりは当たるため特攻上昇する。
  • ポケモン不思議のダンジョンシリーズでは自分のタイプに関係なく見える範囲のでんきわざを無効にすることができる (マグナゲートでは特攻アップも付いてくる)。時・闇以前だとフロア全体が効果対象だった。エレキへいげんなど、でんきタイプが多く出てくるダンジョンでは敵の攻撃をほとんど無効化できるため、是非とも仲間に入れて連れて行きたい。

アニメにおけるひらいしん

ポケモン エフェクト
使用者 初出話 備考
サイドン つのにでんきわざが引き寄せられる。
トレーナー DP編第50話 とくせいの初出
メガジュカイン でんきわざのダメージを受けない。
ショータ XY編第126話
トゲデマル トゲデマルのいる方向にでんきわざが引き寄せられる。
マーマネ SM編第2話

マンガにおけるひらいしん

究めろ!! ポケモンB・W

ポケモン エフェクト
使用者 初出話 備考
ゼブライカ ゼブライカのいる方向にでんきわざが引き寄せられる。
ポケモンレンジャー 第3話 とくせいの初出

ポケットモンスターSPECIAL

ポケモン エフェクト
使用者 初出話 備考
ラクライ 尻尾を高く上げることで、その方向にでんきわざが引き寄せられる。
テッセン 第205話 とくせいの初出
サイドン 角にでんきわざが引き寄せられる。
グリーン 第274話
ライボルト 尻尾を高く上げることで、その方向にでんきわざが引き寄せられる。
エックス XY第24話

また、クリスタルカラぴょんグリーンドサイドンのとくせいがひらいしんであると紹介されている。

ポケットモンスターダイヤモンド・パール物語

ポケモン エフェクト
使用者 初出話 備考
ドサイドン 角にでんきわざが引き寄せられる。
サターン 第13話 とくせいの初出

各言語版での名称

言語 名前
日本語 ひらいしん
英語 Lightning Rod
ドイツ語 Blitzfänger
フランス語 Paratonnerre
イタリア語 Parafulmine
スペイン語 Pararrayos
韓国語 피뢰침 (Piroechim)
中国語(普通話・台湾国語) 避雷針/避雷针 (Bìléizhēn)
中国語(広東語) 避雷針 (Beihlèuihjām)
オランダ語 Bliksemstaaf
フィンランド語 Ukkosenjohdatin
ヒンディー語 (Bijli Ka Rod)
ポーランド語 Piorunochron
ポルトガル語 Para-Raios
ロシア語 Громоотвод (Gromootvod)
ベトナム語 Cột thu lôi

関連項目