Pokémon GOおよび第七世代登場に関するお願い
Pokémon GOおよび第七世代登場に伴い、ポケモンWikiにおいて作成や修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、編集、訂正に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWiki10周年について
ポケモンWikiは2016年4月1日で10周年を迎えました。日頃のご利用に感謝するとともに、今後ともご利用いただけますようお願いいたします。なお、記念企画を検討中です。

てんねん

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索

てんねんは、ポケモンのとくせいの一種。

効果

相手の能力変化によるランク補正を、常に通常時の状態(無補正)として扱う。ただし、すばやさの能力変化には影響がない。

所有ポケモン:そのポケモンの別のとくせい

特性1 特性2 隠れ特性
ピクシー メロメロボディ マジックガード てんねん
ウパー しめりけ ちょすい てんねん
ヌオー しめりけ ちょすい てんねん
ビッパ たんじゅん てんねん ムラっけ
ビーダル たんじゅん てんねん ムラっけ
コロモリ てんねん ぶきよう たんじゅん
ココロモリ てんねん ぶきよう たんじゅん

こんなときに使おう

  • バトル形式を問わず、戦術の軸となる積み技を無視できるという、非常に優秀な特性である。
  • 性質上、あくまで「てんねん持ちのポケモンが対象の場合」に効果があるため、こんらんで自分自身に攻撃するなどの場合は能力変化は無視されない。
    • そのため、いばるとは相性がよい。
  • 能力ダウンも無視してしまうため、能力が下がるという技のデメリットをも無視してしまう。
    • りゅうせいぐんばかぢからなどの技は、てんねん持ちポケモンを相手にして撃つ限り、何度撃ってもステータスが下がっていない状態のまま撃てる。
    • からをやぶるは、てんねん持ちポケモンを相手にする限り、防御・特防を下げることもなく、ステータスを積める。
  • 相手の回避率上昇を無視できるので、かげぶんしんちいさくなるを使ってくる相手にも有効だが、攻撃技が必中になるわけではない。命中率が元から100ではない技を使ったり、自分の命中率が低下していれば当然外れることもある。
  • 能力のランクが変化しなくなるのではなく、変化はするが、てんねん持ちポケモンに対してのみダメージおよび命中の計算においてその効果が現れないだけなのに注意。
    • おしおきなど、能力の変化数に応じて技の威力そのものが変わる技は、てんねん持ちが使っても、てんねん持ちに対して使っても通常通りの効果が現れる。
    • ダブルバトルトリプルバトルではてんねん持ちポケモン以外の相手に対して攻撃すれば、能力変化の効果が通常通り適用される。

備考