ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。ぜひ編集への参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
また、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、アカウントを作成し、訂正いただければ幸いです。

へんげんじざい

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索

へんげんじざいは、ポケモンのとくせいの一種。

効果

技を出す直前に、使用者のタイプがその技のタイプに変化する。

所有ポケモン:そのポケモンの別のとくせい

特性1 特性2 隠れ特性
カクレオン へんしょく - へんげんじざい
ケロマツ げきりゅう - へんげんじざい
ゲコガシラ げきりゅう - へんげんじざい
ゲッコウガ げきりゅう - へんげんじざい

第六世代から。第五世代まで隠れ特性はなかった。


こんなときに使おう

任意の技をタイプ一致で使えるようになるため、強力な技を覚えさせると効果的。また、相手の出す技のタイプを予測して防御法として使用することも出来るので、ダブル・トリプルバトルでのコンボとして利用することも出来る。

もちろん、これは先手として出すからこそ有効な手なので、先手を取られると非常にきつい特性でもある。

めざめるパワー感覚の役割破壊としてへんげんじざいアタッカーを利用するなら先発で速攻を仕掛けるよりも相手が交代先に事欠く終盤に詰めとして使うと効果的。

備考

  • 使用した技のタイプが追加されるのではなく、技のタイプに変化するため、元のタイプが2種類であっても使用した技のタイプ単色になる。
  • 変化技に対しても発動する。
  • 技が外れたときや、無効化されたとき、まもる等に防がれたときでもタイプは変化する。
  • 以下の状況により技が失敗したときは、発動できなかったことになりタイプは変化しない。
  • もえつきるを使ってタイプがなくなった状態であっても、別の技を使用すれば特性が発動してタイプが変わる。
  • めざめるパワーしぜんのちからのような表示されているタイプと実際に出す技のタイプが異なる場合、使用者は実際に出す技のタイプに変化する。
  • そうでんプラズマシャワーにより技がでんきタイプに変えられた場合、使用者はでんきタイプに変化する。
  • ゴーストタイプでない状態でのろい使った場合、技の対象を選ぶときは「鈍い」として自身を選択するが、使用者は技が出る直前にこの特性の効果によりゴーストタイプに変化する。すると結果として「鈍い」は「呪い」になって使用者自身に呪いをかけてしまう。
  • 状態異常ではないため、交代によって元のタイプに戻る。
  • わるあがきを使った場合は、発動しない。

各言語版での名称

言語 名前
日本語 へんげんじざい
英語 Protean
ドイツ語 Wandlungskunst
フランス語 Protéen
イタリア語 Mutatipo
スペイン語 Mutatipo
韓国語 변환자재
中国語(普通話・台湾国語) 变幻自如
中国語(広東語) 變幻自如

脚注