Pokémon GOおよび第七世代登場に関するお願い
Pokémon GOおよび第七世代登場に伴い、ポケモンWikiにおいて作成や修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、編集、訂正に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWiki10周年について
ポケモンWikiは2016年4月1日で10周年を迎えました。日頃のご利用に感謝するとともに、今後ともご利用いただけますようお願いいたします。なお、記念企画を検討中です。

アナライズ

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索

アナライズは、ポケモンのとくせいの一種。

効果

最後に技を出すとその技の威力が1.3倍になる。

説明文

第五世代 (漢字)
一番 最後に 技をだすと 強くなる。

所有ポケモン:そのポケモンの別のとくせい

隠れ特性で所有

こんなときに使おう

スターミーは元々すばやさ種族値がかなり高く、バトルでもそれを長所として戦う事が多いので、相手のでんじは等によってまひ状態にでもならない限り、能動的に後手を取る事が出来ない。

しかし備考の欄にもある通り相手が交代した際にも有効なので、こちらの技を読んで受けに来たポケモンに思わぬ痛手を食らわせる事が出来る。また、いくらスターミーが素早いと言ってももっと素早いポケモンは大勢おり、特にこだわりスカーフを持っているポケモンはそのすばやさに任せて1回余分に攻撃できる事を期待しゴリ押ししてくる事も多々あるので、反撃で一撃で倒してしまう事もあり得る。また、元の特性・しぜんかいふくもスターミーの戦法において必須であるという訳でも無いので、採用の余地はある。

すばやさが低めのポリゴン2ジバコイルならば、後攻をとりやすく採用の余地もある。ただしそれぞれ他の特性も優秀であるため、上手く役割を持たせたいところ。

備考

  • 隠れ特性限定。
  • 第五世代で仕様が変更されたしっぺがえしと違って、相手の交換によって結果的にこちらが後攻になった場合でも効果が発揮される。
  • ダブルバトルトリプルバトルではこの特性を持ったポケモンが最後に行動しないと効果が発揮されない。攻撃する相手より後に行動しただけでは効果は出ないため注意すること。