ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

スマートフォン利用の方は最下部のリンクにて、モバイル/デスクトップ表示の切り替えが可能です。

連続攻撃技

提供: ポケモンWiki
移動先:案内検索

連続攻撃技(れんぞくこうげきわざ)とは、1回の攻撃で2~5回程度に分けてダメージを連続して与える技の俗称。

概要

連続攻撃技はさらに5パターンに分かれる。

  • 攻撃回数が2回固定であるもの
  • 攻撃回数が3回固定であるもの
  • 攻撃回数が2回から5回までの間で決まるもの
  • 攻撃回数が最大3回で外れるまで攻撃するもの
  • 状態異常ひんし状態でない味方の数だけ攻撃するもの

攻撃回数が2回固定であるものはダブルアタックダブルチョップなどが該当する。

攻撃回数が3回固定であるものはサトシゲッコウガが使用するみずしゅりけんと、すいりゅうれんだが該当する。

攻撃回数が2回から5回までの間で決まるものはおうふくビンタタネマシンガンなどが該当する。攻撃回数が確率によるため博打要素が強い。第四世代までは1発あたりの威力が大したことがなく、5回当たった場合の値と比べても他に威力の高い単発技があった。第五世代では1発あたりの威力が上方修正されたので、5回当たればかなりの威力を誇る技もある。

攻撃回数が最大3回であるものはトリプルキックトリプルアクセルが該当する。命中するたびに威力が上がり、3発全て当たれば合計ダメージは1発目のダメージの約6倍となる。

状態異常やひんし状態でない味方の数だけ攻撃するものはふくろだたきのみ存在する。

特性おやこあいのポケモンが使う攻撃技は2回固定の連続攻撃になる。ただし、2回目のわざの威力は、第六世代では1/2、第七世代では1/4になる。また、元々連続攻撃技である技はそのままで、回数が増えることはない。

命中・回数の決定と最大威力・期待値

最大3回攻撃技を除き、命中判定を行った後に攻撃の回数を決定する仕組みである。命中判定には通常の技と同様、技に設定された命中率が使われる。すなわち、攻撃のたびに命中判定をしてはいないので、途中の数回のみ外れる、ということは起こらない。当たる回数自体も確率で決まるが、2回固定または2~5回攻撃の技で「1回だけ当たる」ということは基本的に起こらない。ただし以下の状況では、当たった回数に関係なく連続攻撃技は強制的に中断される(技の使用者が特性スキルリンクおやこあいを持つ場合も同様)。

  • 防御側のHPが0になった場合。
  • 防御側の特性さめはだや持ち物ゴツゴツメットのダメージなどにより、攻撃側のHPが0になった場合。
  • 防御側の特性ほうしの効果により、攻撃側がねむり状態になった場合。ねむりをラムのみ/カゴのみで回復できる場合、即座に使用して攻撃を続行する。
2回攻撃固定技

回数は2回固定である。 したがって最大威力は、次のようになる。

威力×2

期待値は、各種補正がなければ次のようになる。

命中率×威力×2

ドラゴンアローは攻撃できる相手が1体だと2回の連続攻撃技だが、攻撃できる相手が2体いるとそれぞれに1回ずつ当たる特殊な仕様がある。相手の場に2体いるときでも片方に攻撃を無効化される場合は、攻撃が有効な方だけ2回攻撃する特徴もある。片方の命中判定で失敗した場合も攻撃を無効化されたときと同様に、成功したほうだけ2回攻撃することができる。よって、通常の連続攻撃技と同様に、1発当たったがもう1発は当たらなかったということは起こらない。

3回攻撃固定技

回数は3回固定である。サトシゲッコウガが使用したときのみずしゅりけんと、すいりゅうれんだが該当し、威力は次のようになる。いずれも基本命中率が100なので、各種補正がなければ期待値も同様。

  • サトシゲッコウガのみずしゅりけん
20×3=60

通常時のみずしゅりけんの期待値は15×19/6=47.5であるため、きずなへんげにより威力の期待値は高くなる。

  • すいりゅうれんだ
25×3=75

すいりゅうれんだは必ず急所に当たる攻撃技だが、急所による補正は威力ではなくダメージにかかるため、急所補正込みで威力を(25×1.5)×3=111相当と捉えるのは厳密には正しくない。

2~5回攻撃技

回数は次のような確率で決定される。

回数 第一~第四世代 第五世代以降
2 3/8 (37.5%) 1/3 (33.3%)
3 3/8 (37.5%) 1/3 (33.3%)
4 1/8 (12.5%) 1/6 (16.7%)
5 1/8 (12.5%) 1/6 (16.7%)

最大威力は、次のようになる。

威力×5

期待値は、各種補正や急所を無視すれば次のようになる。

  • 第一世代~第四世代:命中率×威力×((2+3)×3/8+(4+5)×1/8) = 命中率×威力×3
  • 第五世代以降:命中率×威力×((2+3)×1/3+(4+5)×1/6) = 命中率×威力×19/6(≒3.167)
    • 特性がスキルリンクの場合:命中率×威力×5
最大3回攻撃技

他と違い、技に設定された命中率を用いて、攻撃のたびに命中判定がなされ、外れたらそこで連続攻撃が終わる。 すなわち、命中90のトリプルキック・トリプルアクセルの攻撃回数は、命中率・回避率の補正がなければ、次のようになる。

  • 第二世代:0回攻撃になる(外れる)確率は27/256、1回攻撃になる確率は229/256×27/256、2回攻撃になる確率は229/256×229/256×27/256、3回攻撃になる確率は229/256×229/256×229/256
  • 第三世代以降:0回攻撃になる(外れる)確率は10%、1回攻撃になる確率は9%、2回攻撃になる確率は8.1%、3回攻撃になる確率は72.9%

トリプルキックの威力は1回目の攻撃で10、2回目で20、3回目で30となるので、最大威力は、次のようになる(トリプルアクセルの場合は2倍)。

10+20+30 = 60

期待値は、各種補正がなければ次のようになる。

  • トリプルキック
    • 第二世代:10×229/256×27/256+(10+20)×229/256×229/256×27/256+(10+20+30)×229/256×229/256×229/256 ≒ 46
    • 第三世代以降:10×0.09+(10+20)×0.081+(10+20+30)×0.729 = 47.07
  • トリプルアクセル:20×0.09+(20+40)×0.081+(20+40+60)×0.729 = 94.14

第五世代以降スキルリンクが有効になり、1回目の攻撃が当たると以降の攻撃も必ず当たる。

状態異常やひんし状態でない味方の数だけ攻撃

最大で6回連続攻撃できる。ふくろだたきのみしか存在せず、第四世代まではダメージ計算が、第五世代以降は威力計算が特殊であるため、当該項目を参照とする。

その他の仕様

全世代共通

  • オボンのみなどのHPの割合によって発動するきのみは、連続攻撃の途中でもその割合になれば発動する。
  • みがわりに対して攻撃をしてみがわりのHPを0にしたあと、攻撃回数がまだ残っていた場合、残りの攻撃は本体に向けて行う。
  • 特性ばけのかわアイスフェイスが発動する場合、1発目のダメージのみ防ぎ、残りの攻撃は特性で防がれない。
  • カウンターなどの反撃技は、最後の1回分のダメージだけを倍返しする。
  • こらえるを使用しているポケモンに対して攻撃した場合、何回攻撃してもHP1以上でこらえられる。
  • 特性テクニシャンは、1発あたりの威力が60以下であれば何回攻撃になっても効果の対象になる。
  • 各種ジュエルは、1発ごとに全て補正がかかる。
1度だけのもの
攻撃のたびのもの

第四世代まで

  • きあいのタスキは、最初の一撃を受ける時点でHPが満タンだったならば最終的に何回攻撃になっても発動し、全ての攻撃が終わった後でHPが1残る。
  • きあいのハチマキは、1回の判定で全ての攻撃を耐えることができる。

第五世代以降

  • きあいのタスキおよび特性がんじょうは、1発でHPが満タンから0になった場合のみ発動する。最初の1発でHPが0になるダメージをこらえても、HP1で二撃目を受けることになれば倒される。
  • きあいのハチマキは1発ごとに発動判定がある。

利用法

威力や期待値が他の単発技に劣っていても、みがわりを破壊しながら本体にもダメージを与えたり、第五世代以降はきあいのタスキを貫通するというメリットから採用されることがある。急所判定も攻撃のたびなので、少なくとも1回は急所に当たる確率は通常のわざより高い。おうじゃのしるしを持って5回攻撃を当てた場合、相手は約41%の確率でひるむことになる。

特性テクニシャンスキルリンクのポケモンなら威力不足を補うことができる。たとえばスイープビンタは命中率を考えないとしても本来の期待値は79だが、テクニシャンの補正を受けると1発あたりの威力が37になるため威力期待値は117になる。スキルリンクは1発あたりの威力は変わらないが、2~5回攻撃技や最大3回攻撃技を常に最大威力で使用できる。

直接攻撃の連続攻撃技は、相手のさめはだなどの特性やゴツゴツメットに注意したい。

1発につきダメージが1以上が保証されていることから、HPの実数値が11から16の範囲内であるレベル1限定戦ではダメージを出しやすい技になる。

該当する技

第三世代のタネマシンガンつららばりおよび第七世代のみずしゅりけんを除き、すべての技が物理技である。非直接攻撃特殊技について注記する。威力、命中、PPは最新世代のもの。

2回攻撃固定技
タイプ 威力 命中 PP 直接 効果 初出世代
ダブルニードル むし 25 100 20 × 追加どく20% 1
にどげり かくとう 30 100 30 1
ホネブーメラン じめん 50 90 10 × 1
ダブルアタック ノーマル 35 90 10 4
ギアソーサー はがね 50 85 15 5
ダブルチョップ ドラゴン 40 90 15 5
ダブルパンツァー はがね 60 100 5 追加ひるみ30% 7
ドラゴンアロー ドラゴン 50 100 10 × 攻撃できる相手が1体のときのみ連続攻撃 8
ダブルウイング ひこう 40 90 10 8
3回攻撃固定技
タイプ 威力 命中 PP 直接 効果 初出世代
みずしゅりけん みず 20 100 20 × 特殊攻撃
優先度+1
サトシゲッコウガ使用時のみ
7
すいりゅうれんだ みず 25 100 5 必ず急所に当たる 8
2~5回攻撃技
タイプ 威力 命中 PP 直接 効果 世代
おうふくビンタ ノーマル 15 85 10 1
たまなげ ノーマル 15 85 20 × 1
とげキャノン ノーマル 20 100 15 × 1
ミサイルばり むし 25 95 20 × 1
みだれづき ノーマル 15 85 20 1
みだれひっかき ノーマル 18 80 15 1
れんぞくパンチ ノーマル 18 85 15 1
ボーンラッシュ じめん 25 90 10 × 2
タネマシンガン くさ 25 100 30 × 3
つっぱり かくとう 15 100 20 3
つららばり こおり 25 100 30 × 3
ロックブラスト いわ 25 90 10 × 3
スイープビンタ ノーマル 25 85 10 5
みずしゅりけん みず 15 100 20 × 特殊攻撃
優先度+1
6
スケイルショット ドラゴン 25 90 20 × 攻撃後ぼうぎょ1段階低下・すばやさ1段階上昇 8
最大3回攻撃
タイプ 威力 命中 PP 直接 効果 世代
トリプルキック かくとう 10 90 10 2
トリプルアクセル こおり 20 90 10 8
状態異常ひんし状態でない味方の数
タイプ 威力 命中 PP 直接 効果 世代
ふくろだたき あく (攻撃種族値/10)+5 100 10 × 2

備考

  • 内部データ的に、連続攻撃は状態変化フラグによって管理されている(第一世代)。

関連項目