ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

スマートフォン利用の方は最下部のリンクにて、モバイル/デスクトップ表示の切り替えが可能です。

もうどく

提供: ポケモンWiki
移動先:案内検索

もうどくとは、状態異常の一つ。わざどうぐとくせいにおいての扱いはどくと同じである。

もうどくの効果

  • ターン終了ごとに、ダメージを受ける。受けるダメージは、ターンごとにHPの1/16、2/16・・・と増える(最高15/16)
    • 3ターン目までの合計ダメージはHPの6/16。4ターン居座った場合、合計ダメージは10/16となり、通常のどくの合計ダメージ8/16と比べて1ターン平均のダメージが増す。よって、もうどくは相手が4ターン以上居座った場合に限って通常のどくよりも効率が高くなる。
    • 小数点は切り捨て。ただしダメージの最小は1。
  • 交代するとダメージは1/16からやり直し。(第三世代から)

もうどくの発生

相手に発生

わざ

とくせい

自分に発生

どうぐ

もうどくの回復

わざ

自分を回復

味方を回復

相手を回復

とくせい

自分を回復

味方を回復

どうぐ

その他

もうどくの予防

とくせい

その他

備考

第一世代・第二世代まで

  • 第二世代まで、交代すると通常のどく状態になる。
  • くろいきりを使うと、使ったポケモンのもうどく状態が通常のどく状態になる(ポケモンスタジアム2以外の第一世代のみ)
  • 第一世代のみ、もうどく状態にしたポケモンにやどりぎのタネを使うと、やどりぎのタネのダメージもターンごとに増える。
  • 第一世代のみ、もうどく状態のポケモンがねむるどく状態を回復した後にどく状態・やけど状態になった場合、どくが治る前のもうどくのターン数を引き継いだ上でもうどくと同じ様に1/16×もうどくのターン数だけHPが減少するようになる。
    • どくどくによってもうどく状態になった場合は、もうどくのターン数は再び数え直しとなる。
    • やどりぎのタネ状態になった場合も、もうどく状態中と同様にダメージがターンごとに増える。
      • どくダメージで残りHPが0になったときにもやどりぎのダメージは発生し、相手が定数ダメージ分のHPを回復する。
  • 第二世代のみ、もうどく状態のポケモンがバトンタッチどく状態・やけど状態のポケモンに交代した場合、もうどく状態が引き継がれ交代後のポケモンはどく・やけどのダメージが増加する。状態異常のないポケモンにバトンタッチしてもバトンタッチした先のポケモンがどく、やけどになった場合、もうどく状態の継続カウントが再開する。
    • これは、状態異常のフラグともうどくの継続ターンが内部処理的に別個のデータとして管理されているためである。つまり状態異常を治す効果はあくまで状態異常のフラグを解除しているだけであって、もうどく状態の継続ターンのフラグをリセットしているわけではない。

ポケモンカードゲームにおけるもうどく

相手がどく状態ならダメージを追加し、どく状態でないならどく状態にする」という効果のワザとして登場。

関連項目