ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

スマートフォン利用の方は最下部のリンクにて、モバイル/デスクトップ表示の切り替えが可能です。

幻のポケモン

提供: ポケモンWiki
移動先:案内検索
このページではポケモンの種類の幻のポケモンについて解説しています。ポケモンカードGBでの拡張パックについては幻のポケモン (ポケモンカードGB)を参照してください。

幻のポケモン(まぼろしのポケモン)とは、ポケモンの分類の一種。

概要

おおまかに「通常のゲームプレイでは手に入れることの出来ないポケモン」を意味する分類である。基本的には時期や会場を限定しての配布や、劇場版の前売券特典でしか入手できない。広義では「伝説のポケモン」の一部である。

ゲーム単体で入手できないため、幻のポケモンを入手していなくても各地方のポケモンずかんぜんこくずかんを完成できる[1]。また、ポケモンレンジャーでも幻のポケモンをキャプチャせずにブラウザを完成することができる。

ポケモンによっては、後に条件さえ満たせば時期に関係なくゲーム内で自由に入手できるようになった例もあるが、だからといって「幻のポケモン」と扱われなくなることはない。

一覧

第一世代

ミュウ
狭義の幻のポケモンである。もともと名前のみの存在であり、ゲームフリークは出現しないうわさのみのポケモンとしての存在を期待していた。しかし、一部の開発者がこっそりとミュウのデータをソフトに挿入していた。その後、そのデータにアクセスする方法(バグ)が見つかり、ポケモンとして存在することが明らかとなったため、公式サイドが幻のポケモンとして追認した。GB版の正規ミュウの入手法は初期はコロコロコミックによる少人数への抽選(郵送配布)、後に10万人へと拡大されたが行われたがイベント会場に赴く必要があったために、手に入れるのは困難であった。
第三世代ではミュウと波導の勇者 ルカリオでの配布、もしくはイベントで配布されたふるびたかいずエメラルドにて使用することによって入手可能であった。
第四世代では、みんなのポケモン牧場にポケモンを1000匹以上預けると手に入れられるほか、『金・銀』の発売10周年を記念してWi-Fiでも配布された。
また、バーチャルコンソール版第一世代のソフトの早期購入特典としてX・Yオメガルビー・アルファサファイアに配布された。

第二世代

セレビィ
第二世代ではミュウ同様に事前抽選を経たイベント会場での配布のほか、クリスタルにおけるモバイルシステムGB[2]でのイベント配信でも入手可能であった。人数制限なしに幻のポケモンが配布された最初の例である。
第三世代以降は日本語版ポケモンコロシアムの予約特典である拡張ディスクを使用することにより入手可能。[3]。幻のポケモンがイベント会場や配信によらず、プレイヤーの側で自由に入手できるようになった最初の例である。2010年公開の幻影の覇者 ゾロアークでも配布された。
第六世代ではポケモンバンク早期ダウンロード特典としてもらえた。第七世代では、金・銀バーチャルコンソール版の早期ダウンロード特典としてもらえた。
バーチャルコンソール版のクリスタルでは、殿堂入りをしたあとにジーエスボールのイベントが発生するようになったため通常プレイでの入手が可能になった。通常プレイで幻のポケモンを入手できるのは2例目。1例目は後述。

第三世代

ジラーチ
シリーズ初の劇場版との連動で、七夜の願い星 ジラーチでの配布(前売券に引換券が付属)により入手可能であった。これ以外にもしばしば再配布されている。
ハートゴールド・ソウルシルバーにジラーチを転送すると、よぞらのはてというポケウォーカーの隠しコースに行けるようになる(どの配信ジラーチかは何でもよい)。
第五世代の末期、アニメにジラーチが出たため、アニメと同じ技を覚えたジラーチが配信された。
デオキシス
裂空の訪問者 デオキシスで配布されたオーロラチケットファイアレッド・リーフグリーンにて使用することによってたんじょうのしまにて入手可能になる。
第四世代では、ディアルガVSパルキアVSダークライの前売り券の購入特典として入手できた。
また、ポケモンレンジャー 光の軌跡のスペシャルミッション「デオキシスとナゾのしんでん」をクリアし転送することで入手できる。
オメガルビー・アルファサファイアではエピソード デルタにおいて捕獲が可能となった。かつての幻のポケモンが他ソフトや配信等に頼らずにソフト単体の通常プレイで入手可能になった初めてのケースである。また、これに伴いオメガルビー・アルファサファイアのみ、デオキシスは図鑑完成に必須となっている。

第四世代

マナフィ
ポケモンレンジャーと蒼海の王子 マナフィで配布された日本語版ポケモンレンジャー用追加ミッションのWミッションをクリアすることにより取得したタマゴをダイヤモンド・パールに転送することにより入手可能である。なお、米国版ポケモンレンジャーでは、通常プレイでクリアしたときに入手できるタマゴを転送することによって入手可能である。
ポケモンレンジャー バトナージのスペシャルミッション「マナフィのタマゴを ほごせよ!」や、光の軌跡のスペシャルミッション「でんせつのあおいたまをまもれ!」をクリアしたときに入手できるタマゴを転送することによっても入手可能。
また、2010年にはWi-Fiでも配布された。
フィオネ
タマゴで増殖可能であるためWi-Fiなどでの入手は容易である。
ダークライ
ディアルガVSパルキアVSダークライでの映画上映中の配布にて入手可能であった。
プラチナのみ2008年12月1日〜2009年1月15日に全国のニンテンドーWi-Fiコネクション及び対象店舗にあるDSステーションふしぎなおくりもので手に入る「メンバーズカード」によって野生のダークライに会うことができる。
また、ポケモンレンジャー バトナージのスペシャルミッション「みんなのタワーを かいほうせよ!」をクリアし転送することで入手できる。
破壊の繭とディアンシーの前売り券特典としても入手可能であった。
シェイミ
ギラティナと氷空の花束 シェイミでの映画上映中の配布にて入手可能。「上映中にワイヤレス通信で受信」という方法で配布された最初の例。
プラチナのみ2009年4月18日〜2009年5月11日に全国のニンテンドーWi-Fiコネクション及び対象店舗にあるDSステーションでふしぎなおくりもので手に入る「オーキドのてがみ」によって野生のシェイミに会うことができる。
また、ポケモンレンジャー 光の軌跡のスペシャルミッション「まよえるシェイミをほごせよ!」をクリアし転送することで入手できる。
2012年1月にはポケモンセンターで配布された。
2014年12月1日~2015年4月30日まで、ポケモンスクラップ オメガルビー・アルファサファイアにてオメガルビー・アルファサファイアに配信。スクラップ1枚で入手できた。
アルセウス
アルセウス 超克の時空へでの映画上映中の配布にて入手可能。一時期PGLでも入手可能であった。
光輪の超魔神 フーパの前売り券特典としても入手可能。

第五世代

ビクティニ
ブラック・ホワイト向けに配布された「リバティチケット」を所持していると出会うことができる。
または、『劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ ビクティニと黒き英雄 ゼクロム』と『劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ ビクティニと白き英雄 レシラム』の前売り券に付属する引き換え券を全国の引き換え指定所に持って行くと配布された。
2014年12月1日~2015年4月30日まで、ポケモンスクラップ オメガルビー・アルファサファイアにてオメガルビー・アルファサファイアに配信。スクラップ16枚で入手できた。
2017年7月、ポケモンセンターで配布された。
ケルディオ
2012年公開の映画『劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ キュレムVS聖剣士 ケルディオ』の前売り券の引換券を引き換え指定所に持っていくと配布された。
2014年12月1日~2015年4月30日まで、ポケモンスクラップ オメガルビー・アルファサファイアにてオメガルビー・アルファサファイアに配信。スクラップ7枚で入手できた。
メロエッタ
劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ キュレムVS聖剣士 ケルディオ』を上映するスクリーンから配布された。
ゲノセクト
ブラック2・ホワイト2向けに2012年8月11日〜2012年9月14日に全国のWi-Fiコネクション及び対象店舗にあるDSステーションで配布された。
神速のゲノセクトを上映するスクリーンから色違いの個体が配布された。

第六世代

ディアンシー
ポケモン・ザ・ムービー XY 破壊の繭とディアンシー』を上映するスクリーンから配布された。その後、ポケモンセンターで色違いがオメガルビー・アルファサファイア向けに配信されている。
フーパ
ポケモン・ザ・ムービー XY 光輪の超魔神 フーパ』を上映するスクリーンから配布された。
ボルケニオン
ポケモン・ザ・ムービー XY&Z ボルケニオンと機巧のマギアナ』の前売り券特典として配布された。

第七世代

マギアナ
ポケットモンスター サン・ムーンポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーンにて殿堂入り後、マギアナのQRコードをQRスキャンで読み込み、ハウオリシティのショッピングモールのアンティークショップで配達員から受け取る。
QRコードは映画で入場者に配布されたガオーレディスクに記載されているほか、『公式ポケモンぜんこく図鑑 2018』のマギアナのページにも記載されている。
マーシャドー
劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』を上映するスクリーンから配布された。
ゼラオラ
劇場版ポケットモンスター みんなの物語』を上映するスクリーンから配布された。
メルタン
メルメタル

例外

通常入手が(一時的に)不可能なポケモンのうち、幻のポケモンとカウントされないものもいる。

また、通常入手が可能であるのに関わらず図鑑完成には不要なポケモンもいる。

  • ランドロス: ソフト単体の通常プレイでは出会えないためかブラック・ホワイトでは図鑑完成には不要。
    • ただし同様のパターンで出現するハートゴールド・ソウルシルバーにおけるレックウザは図鑑完成に必要だった[4]
    • ブラック2・ホワイト2では出現しないもののイッシュ図鑑・全国図鑑ともに完成するためには捕獲が必須となっている。主な入手手段は前作からの通信あるいはポケモンARサーチャー。また、イベントで姿だけは見せてもらえる。
  • キュレム: ソフト単体の通常プレイで入手可能だが、ブラック・ホワイトでは図鑑完成には不要。
    • ブラック2・ホワイト2ではイッシュ図鑑・全国図鑑ともに完成に必須。

備考

  • 幻のポケモンは原則としてバトルフロンティアバトルサブウェイバトルハウスバトルツリーなどのゲーム内バトル施設、あるいは不特定多数のプレイヤー間で順位を競うランダムマッチ(レーティングモード)やライブ大会(出場者が会場に集まって行われる大会)に一切出場できない。いわゆる「禁止級」の部分集合である。
    • ただし、第二世代のバトルタワーの高階層では無制限に使用可能であった。レーティングバトルにおいてもスペシャルレートでは使用可能な場合がある。
  • データ解析による公式発表よりも早い段階での存在の露見やデータ改造による非公式な方法でポケモンを入手する行為も後をたたない。
  • 第六世代からはこの類のポケモンは、クラシックリボンなどをつけられており、それによりGTSミラクル交換に出すことができなくなっている。
  • 第三世代のファイアレッド・リーフグリーン発売後から第四世代のハートゴールド・ソウルシルバー発売までの間は、ルギアホウオウも幻のポケモンと同様の扱いをされていた。(図鑑完成必須ポケモンではないなど)
  • マーシャドー[5]ゼラオラ[6]など、キャラクターの権利の横取りを防止するために、初出作品の発売前にポケモンの関係者筋が商標登録を出願するケースもある。

注釈

  1. 図鑑の完成度合いを各ポケモンそれぞれで個別に判定しているのではなく、単純に捕まえた数が一定以上であるかで判断しているソフトの場合、幻のポケモンを持っているとその分、いくつかの幻でないポケモンが抜けていても図鑑完成と判定されてしまう。(第二世代まで)
  2. 現在はサービス停止
  3. 米国版拡張ディスクに入っているポケモンはジラーチである。
  4. パルパーク経由での入手も可能なため。
  5. マーシャドー 独立行政法人 工場所有権情報・研修館(2018年4月15日閲覧)
  6. ゼラオラ 独立行政法人 工場所有権情報・研修館(2018年4月15日閲覧)

関連項目

伝説のポケモン
準伝説 禁止級伝説
第一世代 フリーザー - サンダー - ファイヤー ミュウツー ミュウ
第二世代 ライコウ - エンテイ - スイクン ルギア - ホウオウ セレビィ
第三世代 レジロック - レジアイス - レジスチル
ラティアス - ラティオス
カイオーガ - グラードン - レックウザ ジラーチ - デオキシス
第四世代 ユクシー - エムリット - アグノム
ヒードラン - レジギガス - クレセリア
ディアルガ - パルキア - ギラティナ フィオネ - マナフィ
ダークライ - シェイミ - アルセウス
第五世代 コバルオン - テラキオン - ビリジオン
トルネロス - ボルトロス - ランドロス
レシラム - ゼクロム - キュレム ビクティニ - ケルディオ - メロエッタ - ゲノセクト
第六世代 ゼルネアス - イベルタル - ジガルデ ディアンシー - フーパ - ボルケニオン
第七世代 カプ・コケコ - カプ・テテフ - カプ・ブルル - カプ・レヒレ
ウツロイド - マッシブーン - フェローチェ - デンジュモク
テッカグヤ - カミツルギ - アクジキング
ベベノム - アーゴヨン - ツンデツンデ - ズガドーン
ソルガレオ - ルナアーラ - ネクロズマ マギアナ - マーシャドー - ゼラオラ
第八世代 ザシアン - ザマゼンタ - ムゲンダイナ