ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

スマートフォン利用の方は最下部のリンクにて、モバイル/デスクトップ表示の切り替えが可能です。

リメイク

提供: ポケモンWiki
移動先:案内検索
この項目「リメイク」はウィキペディアにも存在しています。

ゲーム作品におけるリメイクとは、古いプラットホームでの発売された作品が、時期を経て現行のゲーム機に移植されて改めて発売されたもの。ポケモンシリーズのみならず、他のRPG作品、ひいてはアクションゲームなどでもみられる。

ポケットモンスターシリーズの本編において、マイナーチェンジとの違いは、基本的なストーリーは同じだが、システムが大幅に異なる。

リメイク作品の一覧

本編

2020年現在、ポケモンシリーズ本編では四つのリメイク作品が発売されている。

ポケットモンスター ファイアレッド・リーフグリーンゲームボーイアドバンス、2004年発売)
1996年に発売されたポケットモンスター 赤・緑ゲームボーイ)のリメイク作品。旧作から8年後の発売。
ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバーニンテンドーDS、2009年発売)
1999年に発売されたポケットモンスター 金・銀ゲームボーイ)のリメイク作品。旧作から10年後の発売。
ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイアニンテンドー3DS、2014年発売)
2002年に発売されたポケットモンスター ルビー・サファイアゲームボーイアドバンス)のリメイク作品。旧作から12年後の発売。
ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ・Let's Go! イーブイNintendo Switch、2018年発売)
1998年に発売されたポケットモンスター ピカチュウゲームボーイ)のリメイク作品。旧作から20年後の発売。

その他

ミュウツーの逆襲 EVOLUTION(2019年公開)
1998年に公開された劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲のリメイク作品。
ポケモン不思議のダンジョン 救助隊DXNintendo Switch、2020年発売)
2005年に発売されたポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊・赤の救助隊のリメイク作品。旧作から15年後の発売。

主なリメイク点

グラフィック、BGMの改良
スペックの高い最新のプラットホームを用いる利点を生かす意味でも行われる。
イベントの拡充
旧作品を忠実に再現するのがリメイク作品での基本と言えるが、旧作品とリメイク作品が発売する間に取り入れられた新要素(メガシンカなど)が、リメイク作品に盛り込まれる場合が多い(特にシナリオに直接関係しないイベントにおいてみられる)。
追加ストーリー
ナナシマのように、スペックが上がったことで旧作品にはなかった新たなストーリーが、シナリオクリア後に追加される場合が多い。

リメイク作品の発売は、旧作の発表から年月が経ることでプレイヤーの世代がかわることで、「旧作品を遊んでみたいが、現行ゲーム機では不可能」という、若年層のプレイヤーや、「昔遊んだ作品を最新のゲーム機で久々にプレイしてみたい」というオールドファンの要望に応えるといった効果を狙ったものが多い。

ファイアレッド・リーフグリーンでは、「ホウエン地方に登場しなかったカントー地方ジョウト地方のポケモンが入手できる」といううたい文句がある。

ハートゴールド・ソウルシルバーでは、GBA版以降入手困難であったホウオウルギアライコウエンテイスイクンチコリータヒノアラシワニノコ及びその進化系などのジョウト地方のポケモンが入手しやすくなった。また新要素(ポケスロンバトルフロンティアなど)が大量に追加され、シリーズ屈指のやりこみ要素を搭載している。

オメガルビー・アルファサファイアでは、第六世代で入手するために2回の転送が必要であったホウエン地方のポケモンを多く捕まえられるようになった。また、第六世代から始めたプレイヤーの為に、オメガルビー・アルファサファイア単体で伝説のポケモンのほとんどを捕まえられるようになった。

Let's Go! ピカチュウ・Let'Go! イーブイは、Joy-ConやモンスターボールPlusを利用したテレビでのプレイや、野生ポケモンへボールを投げられる、という機能がついている。前者3作品と比較すると、こちらは新規ユーザーの獲得が目的になっている点で、他のリメイクと異なるといえる。

ポケットモンスター金・銀のリメイクについて

2009年5月8日、金・銀のリメイク作品にあたるポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバーの発売が正式に発表された。発表される前世間、「第二世代としてポケットモンスター 金・銀のリメイクがニンテンドーDSで発売されるのでは?」という憶測が、当時しばしば見られ、それを取り扱っているサイトまで存在した。また、ファイアレッド・リーフグリーン以上に憶測が飛び交っていた。こうした現象が見られたのは、以下の理由によるものと思われる。

海外版では、金・銀のリメイク作品をGBA版(ファイアレッド)をベースにして個人的に製作している者もおり(当然ながら非公式作品)、それを取り扱うサイトも存在する。「金銀のリメイク」を心待ちにしているプレイヤーが世界中にみられる象徴といえた。「ハートゴールド・ソウルシルバー」が発売された後、そういったサイトは閉鎖などで減少していった。

外部リンク

関連項目