ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

スマートフォン利用の方は最下部のリンクにて、モバイル/デスクトップ表示の切り替えが可能です。

てんき

提供: ポケモンWiki
移動先:案内検索

てんき(天気)とは、現実世界の天気を模した、バトルに影響を及ぼす場の状態のこと。天候とも呼ばれる。第二世代で導入された。

概要

場のてんきが変化すると、てんきの種類に応じて特定のの効果や威力が変化したり、場にいるポケモンのHPが毎ターン減少したりする。特定の特性の発動条件となっているてんきもある。

2種類のてんきが両立することはなく、多くの場合は他のてんきの発生によって上書きされるが例外もある。

第二世代では特定のへんかわざの効果でのみ、戦闘中のてんきが変化するようになった。

第三世代ではフィールド上でもてんきが変化するようになり、てんきを変化させるとくせいも登場した。

第五世代ではフィールド上でてんきが変化する場所が大幅に増え、きせつによっててんきの傾向が異なるフィールドも登場した。

第八世代ではフィールド上の天候に応じて戦闘中のてんき・出現するポケモンが変化するワイルドエリアが登場した。また、てんきを変化させる効果をもつ攻撃わざがダイマックスわざとして登場した。

てんきの発生

  1. わざによって起こる。にほんばれなど。
  2. とくせいによって起こる。グラードンひでりなど。
  3. フィールド上で元から発生。さばくでのすなあらしなど。
  4. 異常気象。ポケットモンスター ルビー・サファイアストーリー終盤のイベントなど。
  • 第五世代まで
    • 発生条件1.の場合は5ターン、てんきを延長させるもちもので8ターン続く。
    • 発生条件2.3.4.の場合は永続。
  • 第六世代以降
    • 発生条件1.2.の場合は5ターン、てんきを延長させるもちもので8ターン続く。
    • 発生条件2.のうち、ひざしがとてもつよい・つよいあめ・らんきりゅうの場合、天気を発生させるポケモンが場に出ている間は永続。場から引っこんだ時点で消滅。
    • 発生条件3.4.の場合は永続。

大抵の場合、他のてんきの発生によって上書きされる。おおひでり・おおあめ・らんきりゅうの三種のみ、他の天気操作を受け付けない。

現状と同じてんきにするわざやとくせいでターンが延びることはなく、わざが失敗する、あるいはとくせいが発動しない。[1]

てんき一覧

てんきに関係するもちもの一覧

てんきに関係するとくせい一覧

以下の特性は特定のてんきの時のみ発揮する効果がある。

にほんばれ
おおひでり
あめ
おおあめ
すなあらし あられ
てんきや てんきや すなかき てんきや
かんそうはだ かんそうはだ すながくれ アイスボディ
サンパワー あめうけざら すなのちから ゆきかき
フラワーギフト うるおいボディ ゆきがくれ
ようりょくそ すいすい
リーフガード

そのほか、以下の特性がてんきと関係している

てんきに関係するフォルム

ポワルンは特性てんきやの効果でフォルムが変わる。

チェリムにはにほんばれ状態の時の「ポジフォルム」とそれ以外の天気の時の「ネガフォルム」の2つのフォルムが存在する。

コオリッポは特性アイスフェイスの効果で天気があられ状態に変化するタイミングで「ナイスフェイス」から「アイスフェイス」にフォルムが変化する。

てんきに関係する進化

ヌメイルはフィールドがあめきりの時にレベル50以上にレベルアップするとヌメルゴンに進化する。詳しい条件はヌメイル#備考を参照。

対戦におけるてんき

天気の恩恵を受けるわざやポケモンを中心としたパーティが構成されることがある。実際のパーティについてはパーティを参照。

てんきを変える特性は素早さ順に発動するため、素早さの遅いてんきを変える特性を持ったポケモンがそれより素早さの早いポケモンの発動したてんきを変えることもある。第五世代では特性によって発動したてんきが永続することから、くろいてっきゅうで素早さを下げてでもてんきの書き換えに有利になるように構築することが一般的であった。第六世代以降の対戦では上記の弱体化の影響から、発動するポケモン自身のサポートとしての意味合いが強くなった。

てんきを変えることを主軸としたパーティ、いわゆる「天候パ」の構築の基本として、6対6のフルで戦うルールでない限り、手持ちの6匹全てを天候パ用のポケモンで埋めてしまう事は望ましくない。なぜならばそうしてしまうと「天候パの戦法以外の事が出来ない」ようになってしまうからである。

天候パのアタッカーはてんきの影響で素早さが上がるポケモンをエースにすることが戦略の1つ。ただ、汎用性を重視する場合、基本性能の高いメガシンカポケモンなどを採用することが無難。

技で発生したてんきは5ターンで元に戻ってしまうが、特性で発生したものはバトル終了まで続く(第五世代まで)ので、非常に強力だった。特に第五世代では、伝説でないポケモンでもてんきを変える特性を持つポケモンが登場したことから、てんきを利用した戦術が盛んに用いられ、また、その対策が必要になった。

第六世代になって調整が入り、特性で発生したてんきも5ターンで元に戻るようになった。てんきを軸としたパーティは減ったものの、効果は依然強力で、軽視できないものである。

本編以外のゲームにおけるてんき

ポケモン不思議のダンジョンシリーズにおける天気

本編に登場しない独自のてんきとして、はれゆきくもりが登場する。

Pokémon GOにおけるてんき

2017/12/6のアップデート以降、プレイヤーの現在地の天気や風速と連動してゲーム内の天気も変化するようになった。

各地域の天気は1時間ごとに更新される(毎時0分~59分は同じ天気)。アメリカのAccuWeatherが気象情報をPokémon GOに供給している。

天気に応じて特定のタイプが以下のように強化される。

  • 該当するタイプの技のダメージが、ジムにおけるジムバトル・レイドバトルで1.2倍(小数点以下切り捨て)になる。
  • 該当するタイプのポケモンは、
    • 出現しやすくなる。
    • 捕獲した時のほしのすなが通常の1.25倍もらえる。
    • 出現時に各能力の個体値の下限が通常より高い4になる。
    • 出現時の強化レベルが通常より5高くなる。以下の3種類のポケモンに適用される。
    • マップビューで白い渦がポケモンの周囲に表示される

フィールドリサーチスペシャルリサーチでの遭遇率には影響しない。トレーナーバトルでのわざの威力は変化しない。リモートレイドパスで自分のいる地域外のレイドバトルに参加する場合、参加先のジムがある場所の天気の影響のみを受ける。

ポケモンGO内の天気 強化されるタイプ ポワルンのすがた チェリムのすがた
晴天[2] くさじめんほのお たいようのすがた ポジフォルム
みずでんきむし あまぐものすがた ネガフォルム
時々くもり ノーマルいわ ポワルンのすがた(通常) ネガフォルム
くもり フェアリーかくとうどく ポワルンのすがた(通常) ネガフォルム
強風 ひこうドラゴンエスパー ポワルンのすがた(通常) ネガフォルム
こおりはがね ゆきぐものすがた ネガフォルム
あくゴースト ゆきぐものすがた ネガフォルム

備考

  • ホウエン地方てんきけんきゅうじょは天気についての研究を行っている施設であり、天気に応じて姿が変わるポワルンを産み出したとされている。
  • ゲーム本編でフィールド上の天気に応じて出現するポケモンが変化するようになったのは第八世代以降だが、第七世代乱入バトルでも戦闘中のてんきに応じて乱入してくるポケモンの種類が変化する。
  • フィールドで永続している天気を技・特性で上書きすることはできるが、第八世代では上書きした天気のターンが切れると元の天気が復活する。なお、元に戻ったターンはすなあらしあられによるスリップダメージは発生しない。
  • 第八世代の公式ガイドブックではフィールド上の自然現象を天候、戦闘中の場の状態を天気と呼んで区別している(「9種類の天候と4種類の天気がある」などの表現が使われている)。

脚注

  1. 例外的に、第二世代にほんばれあまごいはにほんばれ状態・あまごい状態の時に使用することでそれぞれのターンを延長できる。
  2. 英語版では昼はSunny、夜はClearで異なる名称となっているが同じ効果

関連項目