ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事を投稿、編集、訂正してくださる方を必要としています。投稿、編集、訂正はユーザ登録後、ログインすることで可能です。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。ぜひご協力お願いいたします。

誤情報や根拠のない記述にご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWikiをブラウザの検索ボタンに追加できます。追加する場合はプラグイン追加をクリックしてください。

色違い

提供: ポケモンWiki
移動: 案内検索

色違い(いろちがい)とは、ポケモンの色が通常と違う色の事。または、そのポケモン。

概要

色違いであるポケモンはステータス画面で姿を確認したり戦闘に出したりした際に光るエフェクトが出るため、「光るポケモン」とも呼ばれる事がある。

ゲームでは第二世代から出現。アニメでは無印編第21話から出現。

よく勘違いされるが、データ上では全てのポケモンに色違いが設定されている。ただし配布ポケモンなど、野生で存在せず、卵を生まないポケモンの場合ステータスなどの値が固定されている場合があり、事実上色違いが入手不可能なポケモンもいる(例:セレビィアルセウス等)。また、第五世代には色違いブロックルーチン(後述)によって色違いの入手が意図的に不可能にされているものもある。

色違いは、野生ポケモン以外にも卵から生まれたポケモン、かせきから復活させたポケモンでも出現する。御三家の3匹や伝説のポケモンも例外ではない。色違いポケモンは進化しても色違いポケモンのままで、進化する事で色違いになったり、色違いで無くなったりする事は無い。

ゲーム中NPCが色違いポケモンを使用する事はほとんど無いが、トレーナータワーの一部トレーナーが使用する。また、バトルファクトリー等でレンタルするポケモンが色違いである事もある。

色違いである事自体は遺伝しないが、第二世代のみ親のどちらかが色違いの場合、色違いの判定に個体値を用いている関係から、1/64(1.5625%)という高確率でそのタマゴから孵るポケモンが色違いになる。

色違い判定

第二世代

  • 色違いポケモンは、攻撃個体値が2,3,6,7,10,11,14,15で、他の個体値が10のポケモンである。
  • 野生では上記から1/8192(0.01220703125%)の確率で出現する。(ちなみに出会う確率が90%を超えるのは18862匹目である)
  • アンノーンは個体値によって姿を決めていて、かつ色違いもこのように決められていたため、アンノーンの色違いはIVの2種類しかなかった。

第三世代

  • 判定式:(ID上位)xor(ID下位)xor(性格値上位)xor(性格値下位) ≦ 7
    • 判定式の結果が7以下なら色違いとなる。
    • 結果の上位13ビットが0という条件より、4つの1ビット値をxorして0になる確率は1/2なので、各値が完全にランダムなら出現率は1/8192(=2-13)となる。
    • xor(排他的論理和)は、値を2進数で表し、各位の値を比べ、数字が同じ(ともに0または1)ならば、その位の数字を0に、異なれば(一方が0でもう一方が1)ならば1で置き換える演算である。たとえば、ID12345 裏ID54321の場合、IDは0011000000111001 裏IDは1101010000110001となるので、xorをとると、1110010000001000、すなわち58376となる。この場合、色違いのポケモンを出すためには、性格値がxorして58376~58383の間のポケモンが必要である。(ID同士のxorも58376~58383の間でかまわない。)

xorの計算例

ID 0011000000111001
裏ID 1101010000110001
xorの結果 1110010000001000

色違いブロックルーチン

色違いの判定はタマゴから産まれる時の他、固定シンボルのポケモンを含めた全ての野生ポケモンの出現時に判定があるため、理論上はミュウツーだろうとライコウだろうと色違いが出現し得る。

ただし、ブラック・ホワイトビクティニリバティガーデンとう)、レシラムゼクロムNのしろリュウラセンのとう)の出現時には色違いブロックルーチンが組み込まれており、性格値の決定処理で色違いになる条件を満たした場合、このルーチンにより性格値が変更されて色違いでなくなるという処理がなされるため、色違いの個体が出現する事は絶対に無い。従って、現時点でこれらのポケモンの色違いに遭遇すれば、それらは改造ポケモンという事になる。

なお同じブラック・ホワイトの固定シンボルやイベント戦闘のポケモンでも、ゾロアークテラキオン等にはこのルーチンが無いので、野生の色違いは出現する。

また、このルーチンはブラック2・ホワイト2でも同様にレシラム・ゼクロムに、X・Yではすべての伝説のポケモンに存在する。

なお、ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイアではレシラム、ゼクロム共に色違いを出すことが可能になっている。

アニメでの色違い

ポケモンカードゲームでの色違い

関連項目